本広克行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
もとひろ かつゆき
本広 克行
生年月日 1965年7月13日(50歳)
出生地 日本の旗 日本 香川県丸亀市
職業 映画監督
主な作品
踊る大捜査線』シリーズ

本広 克行(もとひろ かつゆき、1965年7月13日 - )は、日本映画監督テレビドラマ舞台演出家香川県丸亀市出身[1]。2013年から、株式会社Production I.G企画部所属。

経歴[編集]

丸亀市立城西小学校、香川県立丸亀西中学校を経て香川県立琴平高等学校卒業。横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)卒業後[1]、電通映画社(現、電通テック)、共同テレビでのアルバイトを経て、共同テレビの子会社であるベイシスに入社[1]。バラエティ番組のアシスタントディレクターからディレクター、ドラマ番組のディレクター、映画作品の監督を経て、1998年、株式会社ROBOT映画部に着任[1]。2013年からは、株式会社Production I.G企画部所属。

1992年にフジテレビ共同テレビ制作の深夜ドラマ『悪いこと』にて監督デビュー[1]。その後、同じ系列のオムニバスドラマ『世にも奇妙な物語』にて「見たら最期」を監督。1996年、『7月7日、晴れ」』で映画監督デビューを果たした[1]。『お金がない!』のサード演出として織田裕二と知り合い、織田の推薦により『踊る大捜査線』のチーフ演出に抜擢された。このドラマの映画版シリーズを監督し、第22回および第27回日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞。シリーズ映画2作目において実写邦画興行成績の歴代1位を保持している。

2011年4月、四国学院大学「身体表現と舞台芸術マネジメント・メジャー」(略称・「演劇コース」)客員教授に就任。2012年10月、アニメ作品『PSYCHO-PASS』の総監督デビューを果たす。故郷香川県の映画祭『さぬき映画祭』のディレクターを2013年より務めている。

演劇との関わり[編集]

踊る大捜査線シリーズの公開から10年近くの時が過ぎたころ、映画監督を辞めようかと思い悩むようになる[2]。そんな折に、劇作家・平田オリザの「現代口語演劇理論」を知り、新たな活路を見い出すこととなった[3]。平田の主宰する劇団「青年団」の世界に没頭し、2010年には舞台『演劇入門』の演出を担当するまでになる[3]。そして平田の小説『幕が上がる』に感銘を受け、「自分の作った青春ドラマや映画で一番見たくなる作品にしなくては、という異常な使命感を持ち」、映画化にこぎつけた(2015年2月28日公開)[3]

映像外部リンク
『幕が上がる』映画予告編 - YouTube

本広が主役に選抜したのは、百田夏菜子玉井詩織佐々木彩夏有安杏果高城れにの「ももいろクローバーZ」の5人。原作の登場人物とキャラクターが重なり、「本当の喜び、悲しみ、大切なことに気づききらめいていくというストーリーに、今、もっとも輝いている少女たちに演じてもらいたい」との想いで起用した[3]。これら5人に加えて、2014年日経トレンディにおいて「今年のヒット人」[4]に選ばれた俳優・ムロツヨシや、同年のベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した黒木華らがキャスティングされた。脚本は、映画『桐島、部活やめるってよ』(2012年)で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した喜安浩平が担当。

人物[編集]

  • うどんに関する造詣が深く、常にうどんを食べていると言われている。2006年に公開された、うどんを題材とした映画『UDON』を制作するにあたり、本広は実弟を脱サラさせ讃岐うどんの修行をさせており、劇中に登場した「松井製麺所」のうどんは実弟が打っている。また実際に実弟がオーナーの「松井うどん」が香川県三豊市で営業している。
  • 本人は典型的なアニメオタクで、アニメを語ることが多い。ファンである富野由悠季押井守庵野秀明渡辺信一郎などのアニメ監督と対談している。
  • 『踊る大捜査線』のドラマ本放送では『エヴァンゲリオン』のBGMを使用したり、映画『サマータイムマシン・ブルース』ではガンダムBGMを使用するなどしている。また『踊る大捜査線』内では『エヴァンゲリオン』や『セーラームーン』を元ネタとした設定やセリフが数多くみられる。
  • 多くの作品において押井守作品を摸倣している。本広はこれについてエッセイで「僕がやっていることは押井さんがやったことを追っかけているだけ」などと述べている[5]。本広の『踊る大捜査線』では、押井が警察内部のドラマを描いた『機動警察パトレイバー』からの影響が随所に認められ、本広自身も本作の文庫版第一巻巻末に寄せたコメントにおいて「踊る大捜査線は機動警察パトレイバーに影響を受けた」と告白している。(『キネマ旬報』)。その影響で、2013年に始動したパトレイバー実写化プロジェクトで監督の依頼があり、特撮担当に樋口真嗣、音楽担当に川井憲次というスタッフでミーティングまで行ったものの、メガホンをとるまでには至らなかったという。[6]
  • さぬき映画祭で若手自主映画サミットを開くなど、後進の育成に非常に熱心な事で知られ、踊る大捜査線の助監督だけでも、海猿羽住英一郎をはじめ、河合勇人七高剛波多野貴文、長瀬国博、真壁幸紀などの監督を輩出している。

作品[編集]

バラエティ[編集]

  • アメリカの夜
  • 深夜は踊る(1991年10月、フジテレビ) - 3日間にわたって放映された番組。第1夜は1987年まで、第2夜は1988年から1989年、第3夜は1990年から1991年のフジテレビの深夜番組についてまとめた番組。
  • MAESTRO(1993年 - 1994年、フジテレビ)

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 舞台も踊る大捜査線 ザッツ!! スリーアミーゴス(2003年8月15日 - 17日)
  • Fabrica[10.0.1]「LIFE FILM」(2007年1月20日 - 28日、赤坂RED THEATER)
  • FABRICA[12.0.1]「BABY BLUE」(2007年10月4日 - 14日、新宿THEATER TOPS)
  • FABRICA[11.0.1]「LOST GARDEN」(2008年9月13日 - 23日、赤坂RED THEATER)
  • 演劇入門(2010年11月27日 - 12月13日、こまばアゴラ劇場)
  • 国民の映画(2011年・映像監督)
  • 幕が上がる(2015年5月)
  • みつあみの神様(2015年10月)

プロデュース[編集]

テレビゲーム[編集]

書籍[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

CM[編集]

ネットムービー[編集]

  • ネスカフェ ネスレシアター「Regret」「踊る大宣伝会議、(略)」(2014年)

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]