本広克行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
もとひろ かつゆき
本広 克行
生年月日 (1965-07-13) 1965年7月13日(57歳)
出生地 日本の旗 日本香川県丸亀市
職業 映画監督
主な作品
ドラマ
踊る大捜査線』シリーズ
SP 警視庁警備部警護課第四係
ナンバMG5
映画
『踊る大捜査線』シリーズ
サマータイムマシン・ブルース
幕が上がる
亜人
アニメ
PSYCHO-PASS』シリーズ
 
受賞
日本アカデミー賞
優秀監督賞
第22回『踊る大捜査線 THE MOVIE
第27回『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!
その他の賞
報知映画賞
特別賞
第40回『幕が上がる
テンプレートを表示

本広 克行(もとひろ かつゆき、1965年7月13日 - )は、日本映画監督テレビドラマ舞台演出家香川県丸亀市出身[1]。2013年から、株式会社Production I.G企画部所属。

経歴[編集]

丸亀市立城西小学校、香川県立丸亀西中学校を経て香川県立琴平高等学校卒業。高校卒業後は、九州の工業大学に進学しようと考えていたが、工事現場のバイトをしていた時に事故に遭った際に、「どうせいつか死ぬなら好きなことやりたいな」と考え、入院中に差し入れてもらった本や雑誌の中にあった『キネマ旬報』に載っていた横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)の広告を見て、「ここに行こう」と決断[2]。専門学院卒業後[1]、電通映画社(現・電通テック)、共同テレビでのアルバイトを経て、共同テレビの子会社であるベイシスに入社[1]。バラエティ番組のアシスタントディレクターからディレクター、ドラマ番組のディレクター、映画作品の監督を経て、1998年、株式会社ROBOT映画部に着任[1]。2013年からは、株式会社Production I.G企画部所属。

1992年にフジテレビ共同テレビ制作の深夜ドラマ『悪いこと』にて監督デビュー[1]。その後、同じ系列のオムニバスドラマ『世にも奇妙な物語』にて「見たら最期」を監督。1996年、『7月7日、晴れ』で映画監督デビューを果たした[1]。『お金がない!』の演出陣の一人として織田裕二と知り合い、織田の推薦により『踊る大捜査線』のチーフ演出に抜擢された。このドラマの映画版シリーズを監督し、第22回および第27回日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞。シリーズ映画2作目において実写邦画興行成績の歴代1位を保持している。

サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS』はスタジオジブリスタジオカジノ名義)が製作に参加した。

2011年4月、四国学院大学「身体表現と舞台芸術マネジメント・メジャー」(略称・「演劇コース」)客員教授に就任。2012年10月、アニメ作品『PSYCHO-PASS』の総監督デビューを果たす。故郷香川県の映画祭『さぬき映画祭』のディレクターを2013年より19年まで務めた。

演劇との関わり[編集]

仕事はあるものの、昔ほど映像制作に熱中できなくなってきたことから映画監督を辞めようかと思い悩むようになる[3]。そんな折に、劇作家・平田オリザの「現代口語演劇理論」を知り、興味を持つ[4]。平田の主宰する劇団「青年団」に刺激を受け、2010年には舞台『演劇入門』の演出を担当するまでになる[4]。そして平田の小説『幕が上がる』に感銘を受け、「自分の作った青春ドラマや映画で一番見たくなる作品にしなくては、という異常な使命感を持ち」、映画化にこぎつけた(2015年2月28日公開)[4]

映像外部リンク
『幕が上がる』映画予告編 - YouTube

本広が主役に選抜したのは、百田夏菜子玉井詩織佐々木彩夏有安杏果高城れにの「ももいろクローバーZ」の5人。原作の登場人物とキャラクターが重なり、「本当の喜び、悲しみ、大切なことに気づききらめいていくというストーリーに、今、もっとも輝いている少女たちに演じてもらいたい」との想いで起用した[4]。これら5人に加えて、2014年日経トレンディにおいて「今年のヒット人」[5]に選ばれた俳優・ムロツヨシや、同年のベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した黒木華らがキャスティングされた。脚本は、映画『桐島、部活やめるってよ』(2012年)で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した喜安浩平が担当。

人物[編集]

作品[編集]

バラエティ[編集]

  • アメリカの夜
  • 深夜は踊る(1991年10月、フジテレビ) - 3日間にわたって放映された番組。第1夜は1987年まで、第2夜は1988年から1989年、第3夜は1990年から1991年のフジテレビの深夜番組についてまとめた番組。
  • MAESTRO(1993年 - 1994年、フジテレビ)

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

舞台[編集]

配信[編集]

プロデュース[編集]

監修[編集]

テレビゲーム[編集]

書籍[編集]

  • 本広本(キネマ旬報社、2006年9月29日)ISBN 4-87376-638-9
  • 踊る監督日誌(講談社、2010年8月27日)ISBN 978-4-06-216443-6

ミュージック・ビデオ[編集]

CM[編集]

ネットムービー[編集]

  • ネスカフェ ネスレシアター「Regret」「踊る大宣伝会議、(略)」(2014年)

受賞歴[編集]

1997年

1999年

2004年

2014年

  • 第54回四国新聞文化賞[17]

2015年

2017年

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f さぬき野 2005 冬”. 2013年5月22日閲覧。
  2. ^ 角田陽一郎×本広克行(映画監督)「高3で交通事故に遭い、東京の映画学校進学を決断」”. 週プレNEWS. 2022年3月7日閲覧。
  3. ^ 映画『幕が上がる』公式サイト
  4. ^ a b c d “本広克行監督コメント”. BARKS. http://www.barks.jp/news/?id=1000109359 2015年1月5日閲覧。 
  5. ^ “「アナ雪」が席巻した2014年、“増税時はキャラものがヒット”の定説が健在”. 日経トレンディネット. http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20141031/1061103/?n_cid=nbptrn_top_bunya 2015年1月16日閲覧。 
  6. ^ 【報知映画賞】ももクロ、歴史変えた!40回で初のグループ受賞”. スポーツ報知 (2015年11月26日). 2015年11月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年11月26日閲覧。
  7. ^ 【報知映画賞】本広監督「あいつら本当にがんばった」”. スポーツ報知 (2015年11月26日). 2015年11月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年11月26日閲覧。
  8. ^ 世界が注目する映像クリエイター 押井守の世界
  9. ^ 『7月7日、晴れ』は『ビューティフル・ドリーマー』のインスピレーションを受けてる
  10. ^ THE NEXT GENERATION パトレイバー スペシャルトークイベント マモルの部屋第3回より
  11. ^ 本広克行と藤村忠寿①―監督と監督「踊る大捜査線」本広克行監督編 ドラマ「チャンネルはそのまま!」” (日本語). SODANE. 2020年12月23日閲覧。
  12. ^ スポニチ 本広克行監督 ナイトスクープ特別顧問で初出演「自分で傑作選を編集するくらい大好き」 2018年5月25日閲覧
  13. ^ アトム ザ・ビギニング : 作品情報 : 作品情報”. アニメハック. 2020年9月29日閲覧。
  14. ^ 田中圭「心強さと楽しみしかありません!」『田中圭24時間テレビ』で本広克行監督と初タッグ!”. AbemaTIMES. 2018年11月20日閲覧。
  15. ^ ガンダム:本広克行監督で実写化 「ガンダムビルドリアル」 高校生の青春群像劇&ガンプラバトル”. まんたんウェブ (2021年3月18日). 2021年3月18日閲覧。
  16. ^ 映画「恋とオンチの方程式」公式サイト”. 2018年1月16日閲覧。
  17. ^ 四国新聞文化賞・本広さん、県内の映画界に新風四国新聞2014年3月7日
  18. ^ 【報知映画賞】ももクロ、歴史変えた!40回で初のグループ受賞”. スポーツ報知 (2015年11月26日). 2015年11月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年11月26日閲覧。
  19. ^ 【報知映画賞】本広監督「あいつら本当にがんばった」”. スポーツ報知 (2015年11月26日). 2015年11月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年11月26日閲覧。

外部リンク[編集]