夢と狂気の王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
夢と狂気の王国
監督 砂田麻美
脚本 砂田麻美
出演者 宮崎駿
鈴木敏夫
音楽 高木正勝
製作会社 ドワンゴ
配給 東宝
公開 日本の旗 2013年11月16日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

夢と狂気の王国』(ゆめときょうきのおうこく)は、2013年11月16日に公開された日本ドキュメンタリー映画日本アニメスタジオであるスタジオジブリを題材にした、ノンフィクションである。東京都小金井市のスタジオジブリ本社を主な舞台とし、アニメーション監督宮崎駿プロデューサー鈴木敏夫を中心に、スタジオジブリにおけるさまざまな人間模様を描いている。

製作ドワンゴ配給東宝が担当する。砂田麻美脚本監督を務め、ドワンゴ会長でありスタジオジブリにも所属する川上量生プロデューサーを務めている。

公開記念イベントとして、特別トークイベント「『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』以降の日本のアニメの未来」を開催。プロダクションI.G石井朋彦スタジオ地図齋藤優一郎、そして『夢と狂気の王国』のプロデューサー川上量生が参加した [1]

内容について[編集]

撮影は2012年秋から行われ、『風立ちぬ』制作の模様も描かれている。『かぐや姫の物語』の制作現場が出てこない理由について、プロデューサーの川上は「ドキュメンタリーを撮っている最中に高畑監督に怒られ」たからだと述べている[2]。このほか、過去にジブリ関係者を撮影したドキュメンタリー映像や写真も途中に挿入されている。

作中に登場する人物[編集]

  • 宮崎駿 - スタジオジブリの映画監督。本作は主に宮崎の『風立ちぬ』制作を描く。本作の終わりのほうで2013年9月6日の引退会見の前後の様子が描かれる。
  • 鈴木敏夫 - スタジオジブリのプロデューサー。
  • 西村義明 - スタジオジブリのプロデューサー。
  • 奥田誠治 - 日本テレビのプロデューサー。
  • 庵野秀明 - 本作では『風立ちぬ』の主演声優として登場。
  • 宮崎吾朗 - スタジオジブリの映画監督。宮崎駿の息子。
  • 高畑勲 - スタジオジブリの映画監督。高畑については周囲の人物の発言が主で、本人はラストシーンしか登場しない。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]