On Your Mark

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
On Your Mark
On Your Mark Logo.svg
監督 宮崎駿
脚本 宮崎駿
原作 宮崎駿
製作 Real Cast Inc.
(制作はスタジオジブリ
音楽 飛鳥涼
主題歌 CHAGE&ASKAOn Your Mark
撮影 奥井敦
編集 瀬山武司
配給 東宝
公開 日本の旗 1995年7月15日
上映時間 6分48秒
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

On Your Mark』(オン・ユア・マーク)は、CHAGE&ASKA(現:CHAGE and ASKA)が発表した楽曲「On Your Mark」のプロモーション・フィルムとして作成された、スタジオジブリ制作の短編アニメーション作品である。CHAGE and ASKAのコンサート会場で上演されたほか、1995年7月15日、映画『耳をすませば』と同時上映で公開された。

解説[編集]

CHAGE and ASKAが、デビュー15周年に当たる1994年に発表した楽曲「On Your Mark」のPVスタジオジブリが手掛けたことで、当時話題となった作品である。CHAGE and ASKAのコンサート会場での上演を目的に制作され、1995~96年のコンサートツアー「SUPER BEST3 MISSION IMPOSSIBLE」の会場で上映された。宮崎駿が原作、脚本、監督を務めているが、台詞はなく、映像と音楽と効果音のみで構成されている。わずか6分40秒の短編でありながら、映像作品としての完成度は高く未だに根強い人気がある。

アニメーションと楽曲のコラボレーションは、ASKAがコンサート演出のために思いついたという。ASKAの発案を受けて、CHAGE宮崎駿への依頼を提案したことから、スタジオジブリに企画が持ち掛けられることになるのだが[1]、その頃、宮崎は長編アニメ『もののけ姫』の制作に取りかかっていた。しかし、順調ではなかったようである。プロデューサーの鈴木敏夫は、この企画が良い気分転換になるのではないかと考えて引き受けたという[2][3]

楽曲「On Your Mark」では、幾度挫折しようとも諦めずに未来へ向かって走る2人が描かれているが[注 1]、宮崎はそれを、放射能で汚染される世紀末後の未来を舞台に、CHAGEとASKAをモデルにした2人の警官が翼の生えた少女を救うストーリーに仕上げている。地表が放射能で汚染され、病気が蔓延するような世界。そこで生きるとはどういうことなのかを考えながら制作したという[4]。宮崎監督作品としては、『天空の城ラピュタ』以来の本格SFアクション活劇であり、CG技術を初めて使用した作品でもある[3]

1995年7月15日、「ジブリ実験劇場」と銘打たれて劇場でも公開される。長編アニメ映画『耳をすませば』の同時上演作品として全国の劇場で上演され、あまりの人気ぶりに当時、長編化の打診もあった[3]ほどだが実現はしておらず今後もその予定はない。

あらすじ[編集]

地表が放射能で汚染され、病気が蔓延し、人類が地下に住むようになった世紀末後の未来[4]の都市が舞台。

あるカルト教団の施設「聖NOVA'S CHURCH」を襲撃、制圧した武装警官隊。その中の警官2人は、教団施設の奥で翼の生えた少女を発見する。2人は彼女を救助するも、研究資料として今度は政府機関の施設に連れ去られてしまった。2人は彼女を空へ帰そうと奮闘を始める。

登場人物[編集]

いずれも台詞がないので声優はいない。

  • サングラスをかけた警官(CHAGEがモデル)
  • 茶髪の警官(ASKAがモデル)
  • 翼の生えた少女[注 2]

制作[編集]

データ[編集]

制作期間 1995年1月5日5月27日
上映時間 6分48秒21コマ
作画枚数 8,053枚
使用色数 450色
公開日 1995年7月15日(土)
配給 東宝(209館)

スタッフ[編集]

製作 Real Cast Inc.[6]
原作・脚本・監督 宮崎駿
作画監督 安藤雅司
原画 大塚伸治、石井邦幸、遠藤正明、河口俊夫、篠原征子、百瀬義行、森友典子、小西賢一吉田健一、芳尾英明、稲村武志笹木信作、松瀬勝、野田武広、山田憲一
動画チェック 舘野仁美、中込利恵、斎藤昌哉、井上博之
動画 手島晶子、北島由美子、大村まゆみ、柴田和子、中村勝利、柴田絵理子、小野田和由、倉田美鈴、桑名郁朗、沢九里、鈴木麻紀子、鈴木まり子、山森英司、松尾真理子、菊地華、鶴岡耕次郎、横山和美、ALEXANDRA WEIHRAUCH、東誠子、山浦由加里、西戸スミエ、槇田喜代子、長嶋陽子、末田久子、コマサ、富沢恵子、板野方子、岩柳恵美子、近藤梨恵、常木志伸、山本まゆみ、渡辺恵子、テレコム・アニメーションフィルム
作画協力 アニメトロトロ、OH!プロダクション、スタジオコックピット、スタジオたくらんけ
美術監督 武重洋二
美術 男鹿和雄田中直哉、山川晃、長縄恭子、春日井直美、伊奈涼子、平原さやか、福留嘉一
特殊効果 谷藤薫児、橋爪朋二、村上正博
キャラクター色彩設計 保田道世
仕上検査 井関真代
仕上 森奈緒美、守屋加奈子、熱田尚美、田口知、片山由里子、京都アニメーション、スタジオロビン、宮崎アニメーション、スタジびえろ福岡分室、スタジオアド、トレーススタジオM、スタジオOZ
色指定 鈴木孝子
撮影監督 奥井敦
撮影 籔田順二、高橋わたる、古城環
CG制作 株式会社リンクス、中野英樹、片塰満則、阿部慶ー、斎藤紀生
音響監督 浅梨なおこ
整音 大野映彦
録音スタジオ アオイスタジオ
音響制作 スタジオムーン、稲城和美、今井康之
SR・Dリレコ 西尾昇、阿部耕二
タイトル 道川昭
編集 瀬山武司
編集助手 水田経子、内田恵
監督助手 有冨興二
制作担当 高橋望
制作チーフ 川端俊之
制作デスク 田中千義、西桐共昭
制作進行 大塚浩二、長澤美奈子
制作総務 山本珠実、山田尚美
現像 IMAGICA
制作 スタジオジブリ
プロデューサー 鈴木敏夫

音楽[編集]

On Your Mark

作詞:飛鳥涼 / 作曲:飛鳥涼 / 編曲:澤近泰輔 / 歌:CHAGE&ASKAポニーキャニオン
発売日:1994年8月3日
  • CHAGE and ASKA「YAH YAH YAH」の大ヒットから1年後、デビュー15周年を迎えた1994年に発売された、15周年記念シングル。
  • もともと「アメリカン・フェスティバル '94」のテーマソングとして制作されたもので、アメリカのかっこよさや、アメリカの大地の雄大さが表現されている[7]
  • 歌詞に登場する「君と僕」は、男女なのか男同士なのかは明らかにされていないが、作詞を行ったASKAは「なんとなくC&Aの15周年を意識してみようと思って」と制作当時のファンクラブ会報誌で語っている。やっていることを自然な言葉で表現しようと思いながら書いたという[7]

反響[編集]

評価[編集]

  • 1995年公開当時、反響が大きく長編化の打診も多かったという[3]
  • 本作が転機となって、行き詰っていた『もののけ姫』の制作も、ストーリーを全て変更して一気に進むことになる[2][3]
  • 評論家の岡田斗司夫は「宮崎駿の最高傑作」と評している。たった6分40秒であるにも関わらず、これまでの宮崎駿の作品では考えられないほどの複雑さがあると語っている[8]
  • スタジオジブリの鈴木敏夫も、「僕らにとっても特別な作品」と表現している[9]

解釈[編集]

  • 宮崎は「音楽映画だから、見た人の感じたように受け取ってもらってかまわない」と語っている。同時に、暗号のようなものはいっぱい入れているとも語り、見る度ごとに、様々な異なる解釈が出来る仕組みとなっている[4]
  • 作中では不自然な描写が見られ、冒頭で主人公らがドライブしている際の周囲の風景と、ラストの黄色い車での逃走時の風景が異なっていたり、逃走の際に一度墜落したはずの自動車が、別のシーンでは飛翔しているなどが挙げられるが、これは宮崎駿の後期作(「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」)の特徴を先取りしている。

備考[編集]

  • 絵コンテの脱稿は1995年1月[要出典]で、オウム真理教による地下鉄サリン事件の2か月前であった。
  • 2005年11月16日、ジブリ短編作品を収録したDVD『ジブリがいっぱいSpecial ショートショート』で初DVD化されるが、同DVDではクレジットタイトルの後に「吉田 健氏 (1955-1999)に捧ぐ。」と表示される。吉田健は当時CHAGE and ASKAが所属していたポニーキャニオンのプロデューサーで、CHAGE and ASKAの意向を受けてジブリに本作品の制作を依頼した人物。1999年9月に悪性リンパ腫でこの世を去っている[3]
  • 2008年11月11日、『開運!なんでも鑑定団』のエンディングを担当している縁からCHAGEが同作品のセル画を鑑定してもらったところ50万円の値がついた。なお、鑑定士曰く「こういうセル画自体なかなか出回っていないのでこれからも価値が上がって行くだろう」とのこと。
  • 2020年3月13日、この日からタワーレコードにて開催された「Breath Of Bless ASKA MUSEUM」で、ASKA私物のセル画が展示された[10]

上演・放送[編集]

  • 1995年7月5日、CHAGE and ASKAのコンサートツアー「CONCERT TOUR '95~'96 SUPER BEST 3 MISSION IMPOSSIBLE」(1995年7月5日 - 1996年1月30日)で初披露される。
  • 1995年7月15日、長編アニメ映画『耳をすませば』との同時上演で劇場初公開。『耳をすませば』上演前に6分48秒(本編は6分40秒)の短さで上映された。
  • 2004年、CHAGE and ASKAのコンサートツアー「CHAGE and ASKA CONCERT TOUR 2004 two-five」のアリーナ公演で、「On Your Mark」が歌われる中、ステージバックで映像が流された。
  • 2005年8月26日、『天空の城ラピュタ』以来のファンタジー物と銘打たれて、『金曜ロードショー』で地上波初放送[注 3]
  • 2017年1月5日1月9日、アメリカで初上演。「もののけ姫」の公開20周年を記念した上映イベントで並演される[11]

収録作品[編集]

音楽[編集]

CD[編集]

CHAGE and ASKAの35thシングル。3曲目に楽曲のみ収録。
CHAGE and ASKAの18thアルバム。12曲目に楽曲のみ収録。
海外アーティストによるCHAGE and ASKAのトリビュート・アルバム。12曲目に「On Your Mark」の英語詞版(「Castles In The Air」- Chage & Aska)を楽曲のみ収録。
1996年6月19日に、CHAGE and ASKAがロンドンでの『MTV Unplugged』に出演した時の音源を収録したライブ・アルバム。9曲目に「CASTLES IN THE AIR」として楽曲のみ収録。
スタジオジブリ制作作品の楽曲を収録したオムニバス盤。15曲目に楽曲のみ収録。
CHAGE and ASKAのデビュー20周年、2枚組ベスト・アルバム。2枚目10曲目に楽曲のみ収録。
  • STUDIO GHIBLI SONGS + ONE ~オルゴール・メロディーズ2000~(1999年12月22日発売)
スタジオジブリ制作作品の楽曲のオルゴールメロディを収録した企画盤。15曲目にオルゴールヴァージョンの楽曲のみ収録。

映像[編集]

VHS・LD[編集]

  • スタジオジブリ作品LD全集ジブリがいっぱい(TKLO-50180) On Your Mark収録(TKLO-50180-11)(1996年8月1日発売)
音声がドルビーサラウンドAC-3デジタルで収録されている。
PV、ライカリール(宮崎駿の直筆絵コンテで構成された本編のテスト版映像)収録。
CHAGE and ASKAのPVとして、当時彼らが所属していたポニーキャニオンからリリース(CHAGE and ASKA「Something There」PVも同時収録)。

DVD[編集]

日本語2.0ch、日本語5.1ch、英語2.0ch(「CASTLES IN THE AIR」)のそれぞれ歌詞あり/なしの計6パターン収録。映像特典としてライカリール収録。2014年5月20日、販売停止[12]
  • ジブリがいっぱいSPECIALショートショート 1992-2016(2019年7月17日発売)
日本語2.0ch、日本語5.1ch、英語2.0ch(「CASTLES IN THE AIR」)収録。映像特典としてライカリール収録。

Blu-ray[編集]

『宮崎駿監督作品集』購入者を対象に、期間限定で無償配布された[注 4]
日本語2.0ch、日本語5.1ch、英語2.0ch(「CASTLES IN THE AIR」)収録。
  • ジブリがいっぱいSPECIALショートショート 1992-2016(2019年7月17日発売)
日本語2.0ch、日本語5.1ch、英語2.0ch(「CASTLES IN THE AIR」)収録。映像特典としてライカリール収録。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 歌詞については#音楽参照
  2. ^ 絵コンテには「天使」と記載されているが[5]、作品完成後のインタビューでは「天使だとは言っていないし、鳥の人かもしれない。それはどうでもいいんです」と答えている[4]
  3. ^ メイン放送は『猫の恩返し』。『ジブリがいっぱいSpecial』の発売告知を兼ねていたことから『そらいろのたね』もこの時一緒に放送された
  4. ^ もともと、『宮崎駿監督作品集』(2014年6月18日発売予定)に収録予定だったもの。ASKAの覚醒剤取締法違反(所持)容疑での逮捕を受けて急遽中止となっていたが(この影響で、同作品集の発売日は7月2日に延期)[13]、同作品集の購入者を対象に、本作品のみを収録した特別ディスクを無償配布するという措置が期間限定で取られる[14][9]

出典[編集]

  1. ^ ASKA. “「宮崎駿」さん”. 2017年6月26日閲覧。
  2. ^ a b 鈴木敏夫『天才の思考 高畑勲と宮崎駿』文藝春秋。2019年5月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 『『ジブリがいっぱいSPECIALショートショート 1992-2016』同梱ブックレット』、6-7頁。2019年5月20日閲覧。
  4. ^ a b c d アニメージュ」第206号、徳間書店、1995年8月。
  5. ^ 『耳をすませば (スタジオジブリ絵コンテ全集 10)』徳間書店。2001年12月31日閲覧。
  6. ^ CHAGE and ASKAの制作当時の所属事務所
  7. ^ a b CHAGE and ASKAファンクラブ会報「TUG OF C&A」1994年8月号
  8. ^ 岡田斗司夫. “宮崎駿の最高傑作『On Your Mark』解説[前編]”. 2019年12月22日閲覧。
  9. ^ a b 「宮崎駿作品集」購入者にチャゲアス「On Your Mark」特別ディスク配布 ジブリ独自の措置 ITmedia 2014年10月27日
  10. ^ ASKA、初の大型POP UP SHOP「Breath Of Bless ASKA MUSEUM」開催 - BARKS 2020年2月28日配信, 2020年5月20日閲覧
  11. ^ 「もののけ姫」20周年上映会がアメリカで開催、チャゲアス「On Your Mark」も”. ナタリー. 2017年1月5日閲覧。
  12. ^ BD・DVD「宮崎駿監督作品集」発売延期ならびにDVD「ジブリがいっぱいSPECIALショートショート」出荷停止のお知らせ”. ウォルト・ディズニー・ジャパン (2014年5月20日). 2014年5月20日閲覧。
  13. ^ ナタリー - チャゲアス映像収録「宮崎駿監督作品集」が発売延期に”. 2014年5月21日閲覧。
  14. ^ 「On Your Mark」特別ディスクを配布します。 スタジオジブリ 2014年10月27日

外部リンク[編集]