田中直哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

田中 直哉(たなか なおや、1963年 - )は、日本美術監督、CGアニメーションのプロダクションデザイナー、コンセプトアーティスト。武蔵野美術短期大学デザイン科卒業。その画風や考え方に多大な影響を与えた男鹿和雄を師と仰いでいる。東京都出身[1]

略歴[編集]

複数の背景スタジオにて、TVシリーズ中心の作品を担当した後フリーランスになり、1990年にスタジオジブリ作品『おもひでぽろぽろ』(美術監督:男鹿和雄)に参加以降、同社スタッフとなる。2010年10月より株式会社ポリゴン・ピクチュアズへ出向し、CGアニメーション制作に携わる。2012年3月末スタジオジブリを退社、ポリゴン・ピクチュアズへ移籍。同社のプロダクションデザイナーとして参加後、2018年に独立し合同会社鷹屋デザイン(TakayaDesign LLC)を設立。現在CGアニメを中心に活動中だが、鷹屋七織(たかやななお)名義でライトノベルも執筆し、電子書籍やサイトを中心に発表している。

参加作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ Amazon Prime Videoによる配信。

出典[編集]

  1. ^ “「記憶」とつながる男鹿和雄の絵 田中直哉さんに聞く”. 読売新聞. (2005年12月13日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/ghibli/cnt_interview_20051213.htm 2009年12月5日閲覧。 
  2. ^ 「ルパン三世」×「キャッツ・アイ」コラボアニメ決定!制作はトムスが担当”. コミックナタリー. ナターシャ (2022年9月22日). 2022年9月22日閲覧。
  3. ^ TVアニメ『AYAKA ‐あやか‐』”. 2022年10月26日閲覧。

外部リンク[編集]