Levius -レビウス-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Levius -レビウス-
ジャンル スチームパンク格闘漫画
漫画:Levius -レビウス-
作者 中田春彌
出版社 小学館(旧版)
集英社(新装版)
掲載誌 月刊IKKI
レーベル IKKI COMIX(旧版)
ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ(新装版)
発表期間 2013年2月号 - 2014年11月号
巻数 全3巻(旧版)
上下巻(新装版)
話数 全18話(旧版)
全20話(新装版、描き下ろし読み切り含む)
漫画:Levius/est
作者 中田春彌
出版社 集英社
掲載誌 ウルトラジャンプ
レーベル ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ
発表号 2015年5月号 - 連載中
巻数 既刊8巻(2020年7月現在)
アニメ
原作 中田春彌
総監督 瀬下寛之
監督 井手恵介
シリーズ構成 瀬古浩司
脚本 猪原健太、瀬古浩司
キャラクターデザイン 森山佑樹
音楽 菅野祐悟
アニメーション制作 ポリゴン・ピクチュアズ
製作 ポリゴン・ピクチュアズ
配信サイト Netflix
配信期間 2019年11月30日 -
話数 全12話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

Levius -レビウス-』は、中田春彌による日本漫画作品。『月刊IKKI』(小学館)にて、2013年2月号から連載を開始[1]。同誌が2014年11月号をもって休刊した後は、掲載誌を『ウルトラジャンプ』(集英社)に移し、「Levius/est」(レビウス エスト)と改題して続編を2015年5月号から連載中[2]

人体と機械を融合させて戦う『機関拳闘』という格闘技が存在する世界で、人間の尊厳と文明の未来が火花を散らすスチームパンク作品。本作は横書き左開きというBD風のスタイルをとっている。

ストーリー[編集]

強き者。美しき者。その名は――レビウス。 新生暦19世紀――戦後の帝都では、人体と機械を融合させて戦う「機関拳闘」という格闘技が行われていた。 戦争で父親を失い、母親も意識が戻らない状態となった孤独な少年、レビウス=クロムウェルは、彼を引きとった伯父ザックのもとで、機関拳闘の若き闘士として頭角を現し始める。 そんなある日、競技の最高峰であるGrade-1に挑戦する機会が、レビウスに訪れる。同級1位のヒューゴとの特別試合に勝つことが条件だったが、そのヒューゴが前哨戦の相手、A.J.という謎の選手との戦いで…!! 人間の尊厳と、文明の未来が火花を散らす、頂上バトル、ここに始まる。

世界観・用語解説[編集]

登場人物[編集]

主要人物[編集]

レビウス=クロムウェル
声 - 島﨑信長
究極の格闘技「機関拳闘」の若き闘士。右腕が機械になっているが拳闘用ではなく医療用の腕である。
ザックス=クロムウェル
声 - 諏訪部順一
レビウスの伯父であり、トレーナーを務める。昔、生身の拳闘で名を上げたことがある。
ビル=ウェインバーグ
声 - 櫻井孝宏
ナタリア・ガーネット
声 - 佐倉綾音
A.J.ラングドン
声 - 早見沙織
謎の美少女機関拳闘士。背後には軍事会社アメジストがある。身体全体が改造されており、手を模した圧縮蒸気を発生させる。

戦争請負企業・アメジスト[編集]

Dr.クラウン ジャック=プディング
声 - 宮野真守
軍事会社アメジストの上位会員でA.J.ラングトンの義父。貴族趣味で、巨大な豪邸に住むナルシストである。神や音楽などを好み、独特な言い回しをする。実は人前にみせている姿のほとんどが、機械人形である。

拳闘士[編集]

ヒューゴ=ストラタス
ナタリア=クロムウェル
オリバー=E=キングスレー

その他の登場人物[編集]

クリストファー=テッド=エルフィンストン
エドガー=ブラウン
ダグラス=ドレイク
ダニエル=クロムウェル

書誌情報[編集]

  • 中田春彌 『Levius -レビウス-』 小学館IKKI COMIX〉、全3巻
    1. 2014年2月4日第1刷発行(1月30日発売[3])、ISBN 978-4-09-188644-6
    2. 2014年5月4日第1刷発行(4月30日発売[4])、ISBN 978-4-09-188652-1
    3. 2014年12月31日第1刷発行(12月26日発売[5])、ISBN 978-4-09-188672-9
  • 中田春彌 『Levius 新装版』 集英社ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ〉、上下巻
    1. 2019年4月24日第1刷発行(4月19日発売[6])、ISBN 978-4-08-891276-9
    2. 2019年5月22日第1刷発行(5月17日発売[7])、ISBN 978-4-08-891277-6
  • 中田春彌 『Levius/est』 集英社ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ〉、既刊8巻(2020年7月17日現在)
    1. 2015年12月23日第1刷発行(12月18日発売[8])、ISBN 978-4-08-890278-4
    2. 2016年6月22日第1刷発行(6月17日発売[9])、ISBN 978-4-08-890463-4
    3. 2017年1月24日第1刷発行(1月19日発売[10])、ISBN 978-4-08-890581-5
    4. 2017年8月23日第1刷発行(8月18日発売[11])、ISBN 978-4-08-890731-4
    5. 2018年4月24日第1刷発行(4月19日発売[12])、ISBN 978-4-08-890899-1
    6. 2019年6月24日第1刷発行(6月19日発売[13])、ISBN 978-4-08-891302-5
    7. 2019年11月24日第1刷発行(11月19日発売[14])、ISBN 978-4-08-891406-0
    8. 2020年7月22日第1刷発行(7月17日発売[15])、ISBN 978-4-08-891586-9

Webアニメ[編集]

2019年11月28日よりNetflixオリジナルアニメシリーズとして全世界独占配信[16][17]

アニメ版は原作版から大幅に改変されており、キャラクター、設定、ストーリーなどが大きく異なっている。

スタッフ[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “IKKIで榎本俊二が新連載、創刊10周年フェス開催も予告”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年1月25日). https://natalie.mu/comic/news/83734 2019年3月22日閲覧。 
  2. ^ “中田春彌「Levius」ウルジャンに移籍、オール描き下ろしのイラスト集も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年4月18日). https://natalie.mu/comic/news/144597 2019年3月22日閲覧。 
  3. ^ Levius -レビウス-/1|中田 春彌|IKKI COMIX|”. 2015年4月18日閲覧。
  4. ^ Levius -レビウス-/2|中田 春彌|IKKI COMIX|”. 2015年4月18日閲覧。
  5. ^ Levius -レビウス-/3|中田 春彌|IKKI COMIX|”. 2015年4月18日閲覧。
  6. ^ Levius 新装版 上|中田 春彌|ヤングジャンプコミックスウルトラ|”. 2019年8月3日閲覧。
  7. ^ Levius 新装版 下|中田 春彌|ヤングジャンプコミックスウルトラ|”. 2019年8月3日閲覧。
  8. ^ Levius/est/1|中田 春彌|ヤングジャンプコミックスウルトラ|”. 2015年12月18日閲覧。
  9. ^ Levius/est/2|中田 春彌|ヤングジャンプコミックスウルトラ|”. 2016年6月17日閲覧。
  10. ^ Levius/est/3|中田 春彌|ヤングジャンプコミックスウルトラ|”. 2017年1月19日閲覧。
  11. ^ Levius/est/4|中田 春彌|ヤングジャンプコミックスウルトラ|”. 2017年8月18日閲覧。
  12. ^ Levius/est/5|中田 春彌|ヤングジャンプコミックスウルトラ|”. 2018年4月19日閲覧。
  13. ^ Levius/est/6|中田 春彌|ヤングジャンプコミックスウルトラ|”. 2019年8月3日閲覧。
  14. ^ Levius/est/7|中田 春彌|ヤングジャンプコミックスウルトラ|”. 2020年2月14日閲覧。
  15. ^ Levius/est/8|中田 春彌|ヤングジャンプコミックスウルトラ|”. 2020年2月14日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o “人気コミック『Levius(レビウス)』を、ポリゴン・ピクチュアズが3DCGアニメ化! Netflixオリジナルアニメとして2019年冬に全世界独占配信”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2019年3月22日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1553091838 2019年3月22日閲覧。 
  17. ^ Levius | Official Trailer | Netflix”. youtube. 2019年10月22日閲覧。

外部リンク[編集]