岩浪美和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岩浪 美和(いわなみ よしかず、1962年5月19日[1][2] - )は、日本の男性音響監督神奈川県横浜市出身。

概要・経歴・人物[編集]

学生時代に自主映画の制作などを通じて映画や演劇に興味を持ち、専門学校の音響芸術科を出てミキシング・エンジニアを6年間勤めた後、映像演出を経て、音響監督としてのキャリアを開始。ウィーヴ(旧:イオン)企画作品やディオメディア(旧:スタジオバルセロナ)元請作品の多くに参加。

参加作品(特に子供向けアニメ少年向けアニメ)に声優のアドリブやパロディBGMが多用されることでも知られる。特にトランスフォーマーシリーズのアニメ作品には『ビーストウォーズ』から『プライム』、『サイバーバース』まで国内・海外作品を問わず多くの作品に関わっており、海外作品の吹き替えでは原語版にはないアドリブを挿入するなど、コミカルな脚色を数多く加えた演出となっている。

2006年の『ワンワンセレプー それゆけ!徹之進』には岩浪を基にしたモブキャラクターが登場した(声はあてていない)。同作以降はいわゆる子供向けアニメには長らく参加していなかったが、2010年の『トランスフォーマー アニメイテッド』と『ジュエルペット てぃんくる☆』で復帰した。

アダルトアニメの音響にも携わっている。

自身が担当した作品を上映する映画館での音響効果調整に自ら携わる事もある[3]

また、イマーシブサウンドでの制作に積極的であり、2017年公開の『BLAME!』で国内アニメとしては初めてドルビーアトモスを導入して以降、その後も劇場版アニメの一部でドルビーアトモスを採用している(『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話・第2話』、『ニンジャバットマン』、『スパイダーマン: スパイダーバース』(吹替版)、『HELLO WORLD』)。また、『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』では、実写を含めた邦画作品で初となるDTS:Xを採用した。

参加作品(音響監督)[編集]

※ 特記のない限り全て音響監督としての参加

テレビアニメ[編集]

1989年

1996年

1997年

1998年

  • YAT安心!宇宙旅行2

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年

2019年

2020年

OVA[編集]

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2017年

2018年

劇場アニメ[編集]

1998年

2000年

2007年

2009年

2011年

2012年

2013年

2015年

2016年

2017年

2018年

2019年

Webアニメ[編集]

2008年

2010年

2018年

2019年

映画[編集]

2001年

2005年

2010年

2011年

Vシネマ[編集]

1986年

1994年

  • バナナ白書 何でもありの僕と…彼女
  • バナナ白書2 ※第3話「夢であえたら」

吹き替え[編集]

※ 特記のない限り全てビデオ及びDVD版。特記のない限り全て演出としての参加。

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2008年

2009年

2012年

2013年

2014年

2015年

2019年

CDドラマ[編集]

2007年

ラジオドラマ[編集]

特記のない限り全て演出としての参加。

1993年

1995年

1997年

1998年

2008年

ゲーム[編集]

1999年

2010年

その他[編集]

2009年

2016年

参加作品(監督、脚本・脚色)[編集]

テレビアニメ(監督、脚本・脚色)[編集]

1993年

1994年

1996年

1997年

1999年

2004年

2010年

2012年

2019年

劇場アニメ(監督、脚本・脚色)[編集]

1998年

1999年

映画(監督、脚本・脚色)[編集]

1991年

2011年

Vシネマ(監督、脚本・脚色)[編集]

1988年

1991年

1994年

脚注[編集]

  1. ^ 『日本音声製作者名鑑2007』、288頁、小学館、2007年、ISBN 978-4095263021
  2. ^ ツイッター2012年5月20日
  3. ^ 岩浪美和音響監督に聞く、劇場だからできたSAOの「迫力ある音」の秘密 週刊アスキー 2017年7月14日、同20日閲覧。
  4. ^ TVアニメ「プラネット・ウィズ」公式サイト”. 2018年3月23日閲覧。

外部リンク[編集]