片塰満則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

片塰 満則かたあま みつのり1964年6月15日[1] - )は、日本コンピュータグラフィック (CG) アニメーションディレクター。山口県岩国市出身[2]ポリゴン・ピクチュアズ所属。元スタジオジブリCG室長[3]

略歴[編集]

中学1年生の頃に観た『宇宙戦艦ヤマト』劇場版よりアニメの魅力を知る[2]岩国高等学校を卒業後、1984年東京芸術大学美術学部デザイン科に入学する[2]

1990年1月、大学を中退し、映像制作会社リンクス[注 1]に中途採用として入社。OVAマクロスプラス』や短編アニメ『On Your Mark』を手がけ、3DCGセルアニメのマッチングに挑戦する。アニメ監督瀬下寛之は新卒採用として1989年4月より同社に在籍していた[3]

1994年秋、『マクロスプラス』『マクロス7』の為に制作した”セルアニメに擬態した3DCG*をまとめたデモリールを携えスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサを訪ねた片塰は、その場で宮崎駿を紹介される。特にカメラプロジェクションマッピングによる、手描きの背景美術と立体的なカメラワークを融合させた表現に興味を持った宮崎は、後日『On Your Mark』の3DCGカットをリンクスに依頼し、それを担当した片塰は1995年にスタジオジブリへ移籍。新設されたCG制作室の主力スタッフとして『もののけ姫』以降の劇場作品や、三鷹の森ジブリ美術館で上映する短編作品を手がける。『ホーホケキョ となりの山田くん』では水彩画タッチの3DCGに挑戦する[5]

2007年、カシオエンターテイメントへ移籍し、映画『しんぼる』やバラエティ番組『リンカーン』のOPアニメなどを制作。同社の解散後、2010年に瀬下と共に日本の老舗CGスタジオポリゴン・ピクチュアズに入社[6]。『山賊の娘ローニャ』『シドニアの騎士』『亜人』といったテレビシリーズや、『BLAME!』『GODZILLA 怪獣惑星』などの劇場長編作品を手がけ、2Dのキャラクターデザインをセルルックの3DCGで表現している。

職名[編集]

ポリゴン・ピクチュアズの仕事では「造形監督」という職名を用いている。立場的にはデザイナーとCGモデラーの間に立ち、デザイナーの意図を明確にすることで全体の質を高める仕事と説明している[7]、映画制作における美術監督(アートディレクター)の役割に近く[6]、また、ファッションデザインにおけるパタンナーの仕事にも例えている[6]。劇場版『BLAME!』では「ディレクター・オブ・フォトグラフィー(光画監督[8])」と名乗っている。

作品歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1982年に「トーヨーリンクス」として設立、1989年に「リンクス」、2000年に「リンクス・デジワークス」へと社名変更し、2010年にIMAGICAに事業統合された[4]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]