river (CHAGE and ASKAの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
CHAGE and ASKA > river
river
CHAGE&ASKAシングル
初出アルバム『CODE NAME.2 SISTER MOON
B面 NとLの野球帽
リリース
規格 8cmCD
カセットテープ
デジタル・ダウンロード
ジャンル POP
時間
レーベル ポニーキャニオン
AARD-VARK
作詞・作曲 飛鳥涼 (#1)
CHAGE (#2)
プロデュース CHAGE&ASKA
GO YAMAZATO
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1996年3月度月間6位(オリコン)
  • 1996年度年間76位(オリコン)
  • CHAGE&ASKA シングル 年表
    Something There
    1995年
    river
    (1996年)
    この愛のために/VISION
    1999年
    ミュージックビデオ
    「river」 - YouTube
    テンプレートを表示

    river」(リバー)は、CHAGE&ASKA(現:CHAGE and ASKA)の38枚目のシングル1996年2月19日に発売された。発売元はポニーキャニオン

    解説[編集]

    前作「Something There」から、およそ9ヶ月ぶりとなるシングル発売となった。

    ポニーキャニオンAARD-VARKレーベル)から発売された最後のシングルであり、カセットテープでの発売もシングルでは今のところ最後である。

    収録曲[編集]

    1. river
      (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:重実徹
      TBS木曜ドラマリスキーゲーム』主題歌。
      最初はテンポ感のある曲だったが、急遽ピアノを中心としたバラード曲にアレンジが変更され、レコーディングがやり直された[2]
      トリビュート・アルバムone voice THE SONGS OF CHAGE&ASKA』には英語詞バージョンの「The River」が収録されており、こちらはミディアム・テンポの曲調である。
      セルフカバー・アルバム『STAMP』にも収録されており、こちらもミディアム・テンポの曲調である。
    2. NとLの野球帽
      (作詞・作曲:CHAGE 編曲:重実徹)
      「エヌとエルのベースボール・キャップ」と読む。"N" と "L" は、CHAGEの地元福岡を本拠地にしていた埼玉西武ライオンズの前身 "西鉄ライオンズ" のことである。
      歌詞はCHAGEの少年時代の情景が歌われている。MULTI MAXで発表した楽曲「MILKY WAY BLUES」の続編的なところがあり、「MILKY WAY BLUES」ではガキの頃の工場地帯の街を描き、今回は「ガキの頃の自分自身を描いた」と語っている[3]
    3. river (オリジナル・カラオケ)
    4. NとLの野球帽 (オリジナル・カラオケ)

    収録アルバム[編集]

    国内盤
    海外盤

    カバー作品[編集]

    NとLの野球帽
    ワンチェ(デイブ・ウォン)(王傑)が、「別帶著傷心離開」というタイトルでカバーしている。

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ 2003年6月度までの旧基準。最低累計正味出荷枚数40万枚以上の作品に適用。

    出典[編集]

    1. ^ 日本レコード協会 認定作品 1996年2月度認定作品の閲覧。 2018年1月2日閲覧
    2. ^ 「river」 CHAGE and ASKA Official Web Site を参照
    3. ^ 別冊カドカワ 完全保存版総力特集 CHAGE&ASKA』 角川書店2000年1月

    外部リンク[編集]

    • river - CHAGE and ASKA Official Web Site