真夏の出来事 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
真夏の出来事
平山三紀シングル
B面 ブン・ブン
リリース
規格 7インチシングル盤
ジャンル ポップス
時間
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 橋本淳(全作詞)
筒美京平(全作曲)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間5位(オリコン[要出典]
  • 1971年度年間37位(オリコン)[要出典]
  • 平山三紀 シングル 年表
    ビューティフル・ヨコハマ
    1970年
    真夏の出来事
    (1971年)
    ノアの箱舟
    (1971年)
    テンプレートを表示

    真夏の出来事」(まなつのできごと)は、平山三紀通算2枚目のシングル。1971年5月25日発売。発売元は日本コロムビア

    表題曲は、アルバム『エキゾチカ大魔境』、『恋の気分で』でセルフカヴァーされている。また、1999年には「真夏の出来事'99」のタイトルで、映画『アドレナリンドライブ』のエンディングテーマとなった。

    更に、1995年 ビートたけし第1回(北野 武第5回)監督作品『みんな〜 やってるか!』劇中曲として使用されている。しかし、同作品のサウンド・トラック盤ソフトは、リリースされてはいない。

    収録曲[編集]

    1. 真夏の出来事BUT WE'RE PART NOW! )(4分22秒)
      • 三浦市油壺を舞台とする曲。曲の最後には英語のセリフがあり、その一部がサブタイトルとして表記されることもある。
    2. ブン・ブンBUM BUM BUM )(2分33秒)

    演奏者[編集]

    平山自身によるセルフカヴァー版[編集]

    真夏の出来事〜ナウ・アンド・ゼン
    平山みきシングル
    A面 真夏の出来事〜ナウ・アンド・ゼン(#1)
    B面 ビューティフル・ヨコハマ2016(#2)
    太陽の下の18才(#3)
    真夏の出来事(#4)
    恋はあせらず(#5)
    リリース
    規格 12cmマキシCDシングル
    ジャンル ポップス
    レーベル 日本コロムビア
    平山みき シングル 年表
    ビヨンド
    2013年
    真夏の出来事〜ナウ・アンド・ゼン
    (2016年)
    テンプレートを表示

    真夏の出来事〜ナウ・アンド・ゼン」(まなつのできごと ナウ・アンド・ゼン)は、平山みき通算26枚目のシングル。2016年7月20日発売。発売元は日本コロムビア。

    収録曲[編集]

    ※全編曲・全演奏:サ・サーフコースターズ

    1. 真夏の出来事〜ナウ・アンド・ゼン
      • 作詞:橋本淳 作曲:筒美京平
    2. ビューティフル・ヨコハマ2016
      • 作詞:橋本淳 作曲:筒美京平
    3. 太陽の下の18才
    4. 真夏の出来事(ボーナス・トラック)
      • 作詞:橋本淳 作曲:筒美京平
    5. 恋はあせらず(ボーナス・トラック)

    カヴァー[編集]

    真夏の出来事
    • 優雅1974年) - アルバム『処女航海 はじめまして優雅です』収録。
    • シェリー1976年) - アルバム『シークレット』収録。
    • ヒマラヤ・ミキ&MODOKEES(1982年) - シングル『真夏の出来事』収録。
    • 清水ミチコ1989年) - アルバム『幸せのこだま』収録[2]
    • シュガー・ビート(1992年) - シングル『真夏の出来事』収録。TBS系ドラマ『キライじゃないぜ』エンディングテーマ。
    • ヌードルス1997年) - 筒美京平トリビュート・アルバム『K.T.ゴールデン・リスペクターズ〜筒美京平グレーテスト・カヴァーズ』収録。
    • dolls(2001年) - シングル『夢みるシャンソン人形』収録。
    • 紫艶2002年) - アルバム『渋谷のネコが呑も呑も!』収録。
    • BONO BONO(2002年) - アルバム『Flores』にポルトガル語で収録。
    • Temiyan2003年) - アルバム『湘南アンソロジー』収録。
    • 白石玉貴(2005年) - シングル『真夏の出来事』収録。
    • まきのめぐみ2006年) - 配信シングル。
    • 森下玲可(2006年) - アルバム『Romantic Woman Trance〜あゝ無情〜』収録。
    • melody.2007年) - 筒美京平トリビュート・アルバムthe popular music 〜筒美京平トリビュート〜』収録。
    • ARAHIS(2007年) - アルバム『メチター』収録。ロシア語でカヴァー。
    • LiZZ(2009年) - アルバム『Garden』収録。
    • Tatami feat.Kaolin(2009年) - 配信シングル。
    • ザ・ヒットパレーズ(2010年) - アルバム『きらめくリズム』収録。
    • 外城亜香里(2010年) - アルバム『boo-year!』収録。
    • うさ[3]2011年) - アルバム『夏ユーロ』収録。
    • Rama Amoeba(2011年) - アルバム『果てしなきグラムロック歌謡の世界』収録。
    • Chiaki & Marie(2012年) - アルバム『Blend×Friend 70's』収録。
    • 吉植未央(2012年) - アルバム『加瀬邦彦と湘南の女たち』収録。
    • 太田裕美2014年) - 筒美京平トリビュート・アルバム『tutumikko』収録。
    • SILVA(2014年) - アルバム『GO! GO! SILVA』収録。
    • Fried Pride2015年) - アルバム『Women's Liberation』収録。
    • 稲垣潤一Shimva(2015年) - 稲垣のデュエットカバーアルバム『男と女5』収録。

    収録アルバム[編集]

    関連項目[編集]

    脚注[編集]

    1. ^ 7インチシングル盤 P-126 歌詞カードより。
    2. ^ なつかしの月刊明星メドレーより
    3. ^ アーティスト情報 うさ”. 秋葉工房. 2015年3月6日閲覧。