義務と演技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

義務と演技』(ぎむとえんぎ)は、内館牧子小説、およびそれを原作としたテレビドラマ映画である。

小説[編集]

1995年幻冬舎初刊。2組の夫婦のセックス問題を描いた。

テレビドラマ[編集]

TBS系列[1]1996年10月10日12月19日に放送された。

キャスト[編集]

テーマ曲[編集]

  • 主題歌「ロンリー・ウーマン」 
  • 挿入歌「Tell me, tell me」

どちらも竹内まりやが歌っている。

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

  1. セックスレス夫婦の昼と夜
  2. 起死回生のアンクレット
  3. 突然の来訪者
  4. 嘘で固めたホームパーティー
  5. セックスを新鮮に感じる時
  6. セックスレスの特効薬
  7. カラダが嘘をつく
  8. 世界一悲しいセックス
  9. セックスに復讐されるとき 
  10. セックスレス夫婦の決断 
  11. 本当の意味のセックスレス

映画[編集]

1997年2月、東映系劇場にて全国公開された。TBSの製作であったが、テレビドラマ版とは関連がない。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「TBS」の略称は、2009年3月までは東京放送、2009年4月以降はTBSテレビを指す。
TBS 木曜10時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
義務と演技