もうひとつの春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
もうひとつの春
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜22:00 - 22:55(55分)
放送期間 1975年4月3日 - 1975年6月26日(13回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
企画 木下惠介
演出 井下靖央
鈴木利正
脚本 山田太一
プロデューサー 飯島敏宏
出演者 小林桂樹
小倉一郎
白川由美
テンプレートを表示

もうひとつの春』(もうひとつのはる)は、1975年4月3日から同年6月26日までTBS系列の「木下恵介・人間の歌シリーズ」枠で放送されていた日本テレビドラマである。同シリーズの18作目。山田太一のオリジナル脚本作品。

概要・あらすじ[編集]

1973年に放送された『それぞれの秋』の姉妹作品で、脚本の山田太一と制作スタッフは同作とほぼ同じである。
オイルショック後の現代社会を題材とし、昼は金属加工工場に勤め、夜は夜間大学に通う一人の青年と彼が理想の父親と尊敬する中年の男が、社会・時代・家庭とは何なのかを問いかける。
なお、人間の歌シリーズでは本作から近畿地方でのネット局が毎日放送に変更された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

TBS 木下恵介・人間の歌シリーズ
前番組 番組名 次番組
もうひとつの春