井下靖央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

井下 靖央(いのした やすお、1939年3月11日 - 2005年5月13日)は、TBSテレビ(旧TBSエンタテインメント)制作1部所属のテレビドラマの演出家。香川県出身。夫人は元東宝女優の若原啓子。早稲田大学卒業。

来歴・人物[編集]

主な作品[編集]

木下恵介プロ時代[編集]

TBSテレビ時代[編集]

  • 金曜ドラマ『さらばかぐわしき日々』(1976年
  • 金曜ドラマ『あにき』(1977年
  • 『たとえば、愛』(1979年
  • 東芝日曜劇場『愛という字』(1979年)
  • 『大いなる朝』(1979年)
  • 金曜ドラマ『突然の明日』(1980年
  • 金曜ドラマ『想い出づくり。』(1981年
  • 東芝日曜劇場『春の希い』(1982年
  • 東芝日曜劇場『しゃぼん玉の愛』(1982年)
  • アイコ16歳』(1982年)
  • 『鳥人伝』(1982年)
  • 東芝日曜劇場『冬の置き土産』(1983年
  • 『離婚・ぼくんちの場合』(1983年)
  • 金曜ドラマ『ふぞろいの林檎たち』(1983年)
  • 人間が好きドラマシリーズ『夏の信じあい』(1983年)
  • 東芝日曜劇場『縁の切れ目』(1983年)
  • 金曜ドラマ『無邪気な関係』(1984年
  • 東芝日曜劇場『嫁の心得 姑の心得』(1984年)
  • 金曜ドラマ『大家族』(1984年)
  • 風にむかってマイウェイ』(1984年)
  • 金曜ドラマ『ふぞろいの林檎たちII』(1985年
  • 東芝日曜劇場『ときめきの午後』(1985年)
  • 東芝日曜劇場『東京の秋』(1985年)
  • 金曜ドラマ『華やかな誤算』(1985年)
  • 金曜ドラマ『となりの女』(1986年
  • 東芝日曜劇場『妻の二泊三日』(1986年)
  • 金曜ドラマ『女ともだち』(1986年)
  • 東芝日曜劇場『奥さま代理します』(1986年)
  • 東芝日曜劇場『愛・七つの質問』(1987年
  • 東芝日曜劇場『恋の相手』(1987年)
  • 東芝日曜劇場『蛍の舞い』(1987年)
  • 東芝日曜劇場『再会』(1987年)
  • 東芝日曜劇場『お望みどおり』(1987年)
  • おんなは一生懸命』(1987年)
  • 東芝日曜劇場『愛をこめて娘より(1988年
  • 東芝日曜劇場『男たちのフツーの週末』(1988年)
  • 東芝日曜劇場『身許不明の女』(1988年)
  • 東芝日曜劇場『愛のいろ』(1988年)
  • 『カラダ記念日』(1989年
  • 東芝日曜劇場『胡桃の部屋』(1989年)
  • 東芝日曜劇場『忘れもの』(1989年)
  • 東芝日曜劇場『日曜日には麻雀を』(1989年)
  • 愛し方がわからない』(1989年)
  • 東芝日曜劇場『春が来た』(1989年)
  • 東芝日曜劇場『交差点』(1990年
  • 東芝日曜劇場『愛すべき酔っぱらいに捧ぐ』(1990年)
  • 東芝日曜劇場『ピンクエンジェルのさくらちゃん』(1990年)
  • 東芝日曜劇場『弓代と規子』(1990年)
  • 東芝日曜劇場『見張られてる女』(1990年)
  • 渡る世間は鬼ばかり』第1シリーズ(1990-1991年
  • 東芝日曜劇場『それからの冬』(1991年)
  • 東芝日曜劇場『愛ふたたび』(1992年
  • ティファニーで朝食を』(1992年)
  • 東芝日曜劇場『残り香』(1992年)
  • 東芝日曜劇場『愛きらきら』(1992年)
  • 『渡る世間は鬼ばかり』第2シリーズ(1993-1994年
  • 『真昼の月 続・病院で死ぬということ』(1994年) 
  • 女の言い分』(1994年)
  • 魔の季節』(1995年
  • 長男の嫁2・実家天国』(1995年)
  • 『ボクの町医者修業』(1996年) 
  • 『渡る世間は鬼ばかり』第3シリーズ(1996-1997年)プロデューサーを兼任
  • 金曜ドラマ『ふぞろいの林檎たちIV』(1997年)
  • 番茶も出花』(1997−1998年
  • 『渡る世間は鬼ばかり』第4シリーズ(1998-1999年
  • 春の惑星』(1999年)
  • 百年の物語』第1夜「大正編・愛と憎しみの嵐」(2000年
  • 『渡る世間は鬼ばかり』第5シリーズ(2000-2001年
  • 『渡る世間は鬼ばかり』第6シリーズ(2002-2003年
  • 『娘よ』(2003年)
  • 『渡る世間は鬼ばかり』第7シリーズ(2004-2005年

脚注[編集]

  1. ^ 『ふぞろいの林檎たちIV』(マガジンハウス)あとがき

関連項目[編集]