白川由美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しらかわ ゆみ
白川 由美
本名 二谷 安基子(にたに あきこ)
(旧姓、山崎)
生年月日 (1936-10-21) 1936年10月21日
没年月日 (2016-06-14) 2016年6月14日(79歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京都品川区[1]
死没地 日本の旗 日本 東京都
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1956年 - 2016年
配偶者 二谷英明(1964年 - 2012年[注 1][1]
著名な家族 二谷友里恵(長女)
事務所 セブンス・アヴェニュー
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
夜の流れ
大学の山賊たち
小早川家の秋[1]
乱れる
テレビドラマ
家族ゲーム』〈TBS版〉
親子ジグザグ
GTO
魔女の条件
ハケンの品格
家政婦のミタ[1]

白川 由美(しらかわ ゆみ、1936年10月21日 - 2016年6月14日[1])は、日本の女優。本名は二谷 安基子にたに あきこ。旧姓は山崎やまさき。学生時代の愛称は安基子嬢あきこじょう

東京都品川区出身。セブンス・アヴェニュー所属。頌栄女子学院中学校・高等学校卒業。夫は俳優の二谷英明、長女は元女優で、トライグループ代表取締役社長の二谷友里恵。

来歴・人物[編集]

頌栄女子学院高等学校の卒業間際に森永製菓のキャンペーンガール「森永スイート・ガール」に応募して採用され、1956年スカウトにより東宝に入社[1]。清楚で整った顔立ちから「日本のグレース・ケリー」のキャッチフレーズで、同年の三船敏郎主演の映画『ならず者』で映画デビュー[1][2][3]

その後も『サザエさん』シリーズ、『サラリーマン出世太閤記』シリーズや特撮ものなど幅広い作品に出演。家庭的な女性役がはまり役となった[1]

清楚さ・知的な美貌を生かした役柄を多く演じ、人気を博した。

1961年には小津安二郎監督が東宝で撮った映画『小早川家の秋』にも出演している。1956年『空の大怪獣ラドン』のヒロインをはじめとして特撮映画にも多数出演。一方で、1957年には『大番』で初舞台を踏んだ[2]

1964年、ラジオのディスクジョッキーを務めた際に日活のスターだった二谷英明と意気投合し、結婚[1]。映画会社の垣根を越えての結婚は話題を呼んだ。同年に長女・友里恵を出産[3][注 2][1]

家庭を持ったのを機に活動の場をテレビドラマへ移行し、1965年の日本テレビ系『奥様はトップレディ』でテレビドラマ初出演[2]。1980年代後半から『家族ゲーム』を筆頭に母親役を演じ、若年層からも広く支持され、「母親にしたい女性タレント」の上位ランクインの常連となった[注 3]

プライベート面や撮影所での様子に関しては、特に母親役を演じる機会が増えた1980年代以降、テレビ・雑誌で本人の口から語られることはほとんどなくベールに包まれている部分も多いが、出演したドラマの関係者からはよく「アドリブが多い」と言われる。[要出典]1983年の『家族ゲーム』などでの共演により長渕剛とは深い親交があり、1985年には長渕が作曲のシングル「おあいそして」で歌手デビューも果たしている[2]。また、1988年から1989年にかけて放送された『純ちゃんの応援歌』で親子役として共演した笑福亭鶴瓶とも親しく、2009年3月30日・4月6日に放送された『鶴瓶の家族に乾杯』では、21年ぶりに鶴瓶と共にドラマのロケ地であった和歌山県日高川町を訪れている。同事務所に所属した松嶋菜々子とは互いに「親友」と呼び合う間柄で、共演作品も多かった[1][3][4]

2004年、就寝中にベッドから転倒して軽傷を負った際には、高齢であったこともあり関係者から復帰が危惧されたが、短期間で無事に復帰した。

夫の二谷とは仲むつまじい夫婦生活から「おしどり夫婦」として知られ、1988年から1993年にかけてJRフルムーン夫婦グリーンパス」のCMに2人で出演した[2][5]。2012年に夫・英明が死去した後は仕事量を徐々に抑えて、主だった作品では2014年のフジテレビ系『ブラック・プレジデント』が最後の出演となった[3]

東京都目黒区の自宅から東京都港区の友里恵宅に転居し生活していたが2016年6月14日に浴室内で倒れて心肺停止の状態で病院に搬送され、心不全のため急逝した[3][5]。79歳没。葬儀は友里恵が喪主を務め、同年6月18日に東京都渋谷区にある祥雲寺にて営まれた[6]

葬儀には通夜に秋元康伊藤歩井上真央音無美紀子菅野美穂見城徹志穂美悦子津川雅彦藤澤恵麻、松嶋菜々子、村井国夫薬丸裕英が、告別式に王貞治司葉子石田純一、長渕剛、東尾修山本浩二らが参列した。

エピソード[編集]

  • 1941年に井上ひさし山形県東置賜郡小松国民学校に入学するが、4年生の時に山崎安基子という子が本家にあたる呉服屋に縁故疎開する。隣家がひさしの家で「隣との境に立つ赤松に登りっきりで、彼女を眺めおろしながら暮した」(ひさし「自筆年譜」『ナイン』所収)。
  • 1958年1月13日、第2回日本映画見本市に出席するため、城戸四郎松竹社長)、同じ女優の長谷川裕見子船越英一郎の母)、宇治みさ子らと共にアメリカ合衆国ニューヨークへ出発。同2月9日、日本に帰国。当時はまだ海外渡航自由化の前で、貴重なニューヨーク訪問となった。
  • 1961年、10月27日から11月2日までインドニューデリーで開催されたインド国際映画祭に出席するため、インドを訪れている。この時もまだ海外渡航自由化の前で、貴重なインド訪問となった。
  • 1963年にはヴェネツィア国際映画祭に出席するためヴェネツィアを訪れている。この時もまだ海外渡航自由化の前で、貴重なイタリア訪問となった。

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

WOWOW[編集]

司会[編集]

作品[編集]

シングル[編集]

  • おあいそして(1985年9月21日、東芝EMI、TP-17767)
    作詞:秋元康、作曲:長渕剛、編曲:瀬尾一三

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 二谷の死による死別。
  2. ^ 歌手の郷ひろみは白川の元娘婿。
  3. ^ 一時期は野際陽子と並んでTBSホームドラマの母親役として多く起用されていた。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『日本の女優 100人』 宝島社別冊宝島2551〉、2017年、52頁。ISBN 978-4800268891
  2. ^ a b c d e “白川由美さん死去 79歳、家族と団らん中に倒れる”. 日刊スポーツ. (2016年6月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1663837.html 2016年6月16日閲覧。 
  3. ^ a b c d e “白川由美さん、79歳で死去…二谷英明さんと「おしどり夫婦」で知られた名女優”. スポーツ報知. (2016年6月16日). オリジナル2017年3月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170320025315/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160616-OHT1T50055.html 2016年6月16日閲覧。 
  4. ^ “松嶋菜々子、「親友」と呼び合う白川由美さん死去に「まだ受け止められない」”. スポーツ報知. (2016年6月16日). オリジナル2017年3月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170320025319/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160616-OHT1T50061.html 2016年6月16日閲覧。 
  5. ^ a b “白川由美さん急死 自宅の風呂場で倒れ…二谷英明さんとおしどり夫婦”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2016年6月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/16/kiji/K20160616012790430.html 2016年6月16日閲覧。 
  6. ^ “女優白川由美さんが死去 79歳ドクターXなど出演”. 日刊スポーツ. (2016年6月15日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1663643.html 2016年6月15日閲覧。 

外部リンク[編集]