H2〜君といた日々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

H2〜君といた日々』(エイチツーきみといたひび)は、2005年1月13日から3月24日まで毎週木曜日22:00 - 22:54にTBS系の「木曜10時枠」で放送された日本のテレビドラマ。主演は山田孝之。全11話。

原作あだち充の漫画作品『H2』。

あらすじ[編集]

中学時代に野球部のエースピッチャーで関東大会で優勝した国見比呂(山田孝之)は、医者から「ガラスの肘」と診断され野球を断念。高校ではサッカー部に入部した。 そのサッカー部が、古賀春華(石原さとみ)がマネージャーを務める野球同好会とグラウンドの使用をかけて試合を行うことになり、比呂はピッチャーを務めることになった。この試合をきっかけに比呂は野球同好会に所属することになった。

キャスト[編集]

主要人物[編集]

恰幅のいい原作とは体型が異なる。3年の主将就任後、亜沙子から告白を受ける。原作では男女交際と無縁の高校生活だった。
原作とは異なり、ドラマオリジナルキャラクターである慶子に一目惚れされて交際、結婚に至るまで端々描かれた。
原作には登場しないオリジナルキャラクター。千川高校英語教師。富士夫への一目惚れをきっかけに野球部顧問となる。比呂達が3年時には富士夫とは相思相愛の仲になり妊娠も発覚。
カラオケで「狼なんか怖くない」、「ワンダー・ブギ」を歌う。(第6話)

その他[編集]

里美と共に、春華の友人として登場。野球部の甲子園初出場をきっかけに、二人もマネージャーになった。比呂と春華の進展を気にかけていたが、原作では扱いの大きくなかった木根と小山内の交際のきっかけを作った。春華にデートのアドバイスをするなど異性関係は派手なようだが、3年時、野球部主将となった野田を見直し、告白した。

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
第1話[2] 2005年1月13日 2人のヒーロー 関えり香 堤幸彦 13.0%
第2話 2005年1月20日 鬼校長と2人だけの応援団 山崎淳也 今井夏木 13.2%
第3話 2005年1月27日 幼なじみって大切ですか 関えり香 11.4%
第4話 2005年2月03日 二度目の春…胸騒ぎの初デート 山崎淳也 鬼頭理三 11.4%
第5話 2005年2月10日 初勝利…キスしていいですか? 関えり香 12.2%
第6話 2005年2月17日 いざ甲子園!? 入れ替わりWデート 山崎淳也 丸毛典子 11.4%
第7話 2005年2月24日 …夢じゃねぇんだな 今井夏木 10.8%
第8話 2005年3月03日 二年生・秋…それぞれの選択 関えり香 鬼頭理三 10.6%
第9話 2005年3月10日 約束の夏へ 山崎淳也 丸毛典子 09.9%
第10話 2005年3月17日 もう一度選べ最後の甲子園準決勝 関えり香 鬼頭理三 10.8%
最終話 2005年3月24日 かわらない想い…運命の対決 山崎淳也 今井夏木 12.8%
平均視聴率 11.6%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

備考[編集]

  • 阪神甲子園球場でのロケーションも実施され、当時春・夏の高校野球全国大会において設置されていた外野の広告フェンスをシートで隠すことは行わず広告を露出した状態で撮影された(2010年から甲子園歴史館の協賛金捻出のため、高校野球期間中も内外野フェンスの広告露出は実施されている。またネット裏は回転看板を設置するための工事をしたため、通常より高めのフェンスが採用されていた)。
  • 最終回では、ドラフト会議で指名を受けた橘英雄を受け入れるプロ野球チーム関係者の役で、牛島和彦(当時・横浜ベイスターズ監督)、山中正竹(当時・横浜ベイスターズ専務取締役)が出演した。
  • 高野連公式ボールにSSKの印字がされているが、これは現実とは異なる。高校野球は特定のメーカーの宣伝になってはならないため、ボールはもとより、ユニフォーム、帽子、ヘルメットに至るまで全てメーカー名は除去されている。
  • 原作者のあだち充と編集者の設定のエキストラのあだちペア(現場呼称)が登場している。ドラマでは左投げの広田勝利(栄京学園)が右投げに、右投げの月形耕平(伊羽商業)が左投げになっている。

脚注[編集]

  1. ^ このドラマで俳優デビュー
  2. ^ 69分

外部リンク[編集]

TBS 木曜22時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
ホットマン2
(2004.10.7 - 2004.12.23)
H2〜君といた日々
(2005.1.13 - 2005.3.24)
汚れた舌
(2005.4.14 - 2005.6.23)