田中幸太朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たなか こうたろう
田中 幸太朗
生年月日 (1982-12-13) 1982年12月13日(36歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 178 cm
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 2000年 -
配偶者 既婚
事務所 スターダストプロモーション
公式サイト KOUTARO TANAKA OFFICIAL SITE
主な作品
テレビドラマ
爆竜戦隊アバレンジャー
世界の中心で、愛をさけぶ
H2〜君といた日々
白夜行
風林火山
ラブレター
浅見光彦〜最終章〜
インディゴの夜
軍師官兵衛
法医学教室の事件ファイル』シリーズ
とと姉ちゃん
江戸前の旬
映画
爆竜戦隊アバレンジャー DELUXE アバレサマーはキンキン中!
イマジネーションゲーム
舞台
世界の中心で、愛をさけぶ
MIKOSHI〜美しい故郷へ〜
第17捕虜収容所
大奥〜第一章〜
ラジオ番組
MAGICAL SNOWLAND
テンプレートを表示

田中 幸太朗(たなか こうたろう、1982年12月13日 - )は、日本の俳優である。

東京都出身。スターダストプロモーション所属。

略歴[編集]

人物[編集]

エピソード[編集]

  • 『アバレンジャー』のアバレキラー/仲代壬琴役は敵のまま最期を迎える予定だったため、終盤で仲間になったことについて納得がいかないと述悔している[4]
  • 頭頂部の脇に切り傷が残っている。小学生のときに浅瀬にある小さな島に行き、バク宙をしたら頭から地面に落ちて流血し、一人で泳いでライフセイバーの元へと行った。その後、トラウマになりバク宙が出来なくなった[2]
  • 『アバレンジャー』で共演した鈴木かすみは、撮影中に鈴木の前で変な顔をするなどをして笑わせようとしていたと述べている。その一方、鈴木に勉強を教えることもあり、「わかりやすい説明だった」と述べている[5]
  • 映画『ウォーターボーイズ』の現場にて、当時は出演者に対して敬語を使わない(本人曰く「敬語が使えなかった」)、合宿で一人だけ食事の時間に遅れて来るなど本人は軽い気持ちでふざけていたら、スタッフから「辞めていい」と言われたことが、撮影や出演者に対しての以後の教訓となっていると語った[6]

受賞歴[編集]

  • 2004年 第42回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 新人俳優賞(『世界の中心で、愛をさけぶ』)

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティー[編集]

ドキュメンタリー[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • ミュージカル「リボンの騎士」(2002年) - フランツ 役
  • ニューヨーク青春物語〜アランとバディ〜 (2004年) - バディ 役
  • 世界の中心で、愛をさけぶ(2005年) - 初主演・松本朔太郎 役
  • MIKOSHI〜美しい故郷へ〜(2007年) - 主演・大和田祥太 役
  • 朗読劇「苦情の手紙」(2007年) - 田所正 役
  • 第17捕虜収容所(2008年) - シュルツ伍長 役
  • 大奥〜第一章〜(2011年 - 2013年) - 徳川家光

CM・広告[編集]

ビデオ・DVD[編集]

PV出演[編集]

インターネット動画[編集]

ラジオ[編集]

ラジオドラマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2003年オフに阪神タイガースに移籍し、2004年限りで引退している。
  2. ^ a b c 東映ヒーローネット 田中幸太朗インタビュー
  3. ^ ごきげんようOA情報 2010年12月13日〜12月17日”. ライオンのごきげんよう番組公式サイト. 2014年6月25日閲覧。
  4. ^ 爆竜戦隊アバレンジャー・メモリアル座談会
  5. ^ 『東映ヒーローMAX』VOL. 7、辰巳出版、2003年12月10日、 34頁、 ISBN 978-4-88641-971-2
  6. ^ 2010年12月16日放送 ライオンのごきげんよう”. TVでた蔵 (2010年12月16日). 2014年6月25日閲覧。
  7. ^ たんぽぽ・白鳥、イケメン患者から告白される”. ORICON STYLE. オリコン (2016年11月22日). 2016年11月22日閲覧。

外部リンク[編集]