田中幸太朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たなか こうたろう
田中 幸太朗
生年月日 (1982-12-13) 1982年12月13日(37歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 178 cm[1]
血液型 B型[1]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 2000年 -
配偶者 既婚
著名な家族 田中景子
事務所 スターダストプロモーション
公式サイト KOUTARO TANAKA OFFICIAL SITE
主な作品
テレビドラマ
爆竜戦隊アバレンジャー
世界の中心で、愛をさけぶ
H2〜君といた日々
白夜行
風林火山
ラブレター
浅見光彦〜最終章〜
軍師官兵衛
とと姉ちゃん
江戸前の旬』シリーズ
映画
爆竜戦隊アバレンジャー DELUXE アバレサマーはキンキン中!
イマジネーションゲーム
舞台
世界の中心で、愛をさけぶ
大奥〜第一章〜
ラジオ番組
MAGICAL SNOWLAND
テンプレートを表示

田中 幸太朗(たなか こうたろう、1982年12月13日 - )は、日本の俳優である。

東京都出身。スターダストプロモーション所属[1]。妹は女子サッカー選手の田中景子

略歴[編集]

人物[編集]

エピソード[編集]

  • 『アバレンジャー』の仲代壬琴 / アバレキラー役は敵のまま最期を迎える予定だったため、自身は物語の終盤で仲間になったことについて「納得がいかない」と述悔している[4]
  • 頭頂部の脇に切り傷が残っている。小学生のときに浅瀬にある小さな島に行き、バク宙をしたら頭から地面に落ちて流血し、一人で泳いでライフセイバーの元へと行った。それ以来、トラウマになりバク宙が出来なくなった[2]
  • 『アバレンジャー』で共演した鈴木かすみは、「撮影中に鈴木の前で変な顔をするなどをして笑わせようとしていた」と述べている。その一方、鈴木に勉強を教えることもあり、鈴木から「分かりやすい説明だった」と褒められた[5]
  • 映画『ウォーターボーイズ』の撮影現場にて、当時は出演者に対して敬語を使わない(本人曰く「敬語が使えなかった」)、合宿で一人だけ食事の時間に遅れて来るなど本人は「軽い気持ちでふざけていたら、スタッフから「辞めていい」と言われたことが、撮影や出演者に対しての以後の教訓となっている」と語った[6]

受賞歴[編集]

  • 2004年 第42回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 新人俳優賞(『世界の中心で、愛をさけぶ』)

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティー[編集]

  • 日立 世界・ふしぎ発見!(2009年6月20日以降準レギュラー、TBS)
  • 祝女〜shukujo〜(2010年9月 - 2011年3月、NHK総合)
  • テレビでスペイン語(2014年4月 - 2016年9月、NHKEテレ)[12]
  • 痛快TV スカッとジャパン(フジテレビ)
    • 《こんなオンナは嫌われる①》「1注意すると10言い訳するオンナ」(2019年1月21日) - モトキ課長 役
    • 《悪女が大反省スカッと》「可愛い子にマウンティング女」(2019年6月24日) - 風見康仁 役
    • 《本当にいた!ケチ女》「洗濯機を借りる図々しい隣人」(2020年3月9日) - 大場卓郎 役
    • 《頭脳で解決スカッと》「割引券の併用トラブル頭脳で解決!」(2020年7月13日) - 加藤雅夫 役
    • 《神DAIGO》「もらった魚をさばいてくれたお寿司屋さん」(2020年11月9日)
  • SHOP CHANNEL presents BACK STORY(2020年1月21日 - 、LaLa TV) - 物語の案内人[13]

ドキュメンタリー[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

CM・広告[編集]

ビデオ・DVD[編集]

PV出演[編集]

インターネット動画[編集]

ラジオ[編集]

ラジオドラマ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 仲代壬琴は第48話で死亡したものの、最終話のエピローグにて「壬琴のそっくりさん」として出演。
  2. ^ 2003年オフに阪神タイガースに移籍し、2004年限りで引退している。
  3. ^ 2007年11月4日にWOWOWで放送されたものをDV上映。
  4. ^ 同年4月5日にイオンシネマ徳島で先行公開。
  5. ^ 滝川英治とダブルキャスト。
  6. ^ 同年3月11日にレンタル開始。

出典[編集]

  1. ^ a b c STARDUST - スターダストプロモーション - 田中幸太朗のプロフィール”. スターダストプロモーション. 2019年10月1日閲覧。
  2. ^ a b c 東映ヒーローネット 田中幸太朗インタビュー
  3. ^ ごきげんようOA情報 2010年12月13日〜12月17日”. ライオンのごきげんよう番組公式サイト. 2014年6月25日閲覧。
  4. ^ 『爆竜戦隊アバレンジャー・メモリアル座談会』より。
  5. ^ 『東映ヒーローMAX』VOL. 7、辰巳出版、2003年12月10日、 34頁、 ISBN 978-4-88641-971-2
  6. ^ 2010年12月16日放送 ライオンのごきげんよう”. TVでた蔵 (2010年12月16日). 2014年6月25日閲覧。
  7. ^ たんぽぽ・白鳥、イケメン患者から告白される”. ORICON STYLE. オリコン (2016年11月22日). 2016年11月22日閲覧。
  8. ^ “「江戸前の旬season2」渡部豪太が放浪癖のある次男・柳葉鮭児に、3名の続役も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年9月28日). https://natalie.mu/comic/news/349323 2019年9月28日閲覧。 
  9. ^ “田中幸太朗 土曜ナイトドラマ「べしゃり暮らし」出演決定!”. STARDUST - スターダスト オフィシャルサイト - ニュース (スターダストプロモーション). https://www.stardust.co.jp/sp/news/?id=8445 2020年9月13日閲覧。 
  10. ^ “田中幸太朗&東根作寿英、石原さとみ主演ドラマ『アンサング・シンデレラ』第8話にゲスト出演”. Real Sound|リアルサウンド 映画部 (株式会社blueprint). (2020年8月27日). https://realsound.jp/movie/2020/08/post-608644.html 2020年8月27日閲覧。 
  11. ^ “『ざんねんないきもの事典』波岡一喜、比嘉愛未、横山だいすけ、六角精児らの出演決定”. ORICON NEWS (オリコン). (2020年10月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2173270/ 2020年10月1日閲覧。 
  12. ^ “【芸能ウラ名言】「こんな顔ですが、語学はあまり得意ではないんです」”. iza(イザ!) (産経デジタル). (2014年2月22日). https://www.iza.ne.jp/smp/kiji/entertainments/news/140222/ent14022214110005-s.html 2020年9月13日閲覧。 
  13. ^ SHOP CHANNEL presents BACK STORY”. ジュピターエンタテインメント株式会社. 2020年1月21日閲覧。
  14. ^ 出張買取サービス「バイセル」の新TVCMを9月1日(日)より放映開始”. PR TIMES (2019年9月2日). 2019年9月2日閲覧。

外部リンク[編集]