私立恵比寿中学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
私立恵比寿中学
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POPロック
活動期間 2009年[1] -
レーベル STARDUST DIGITAL(2010年 - 2011年)
DefSTAR Records(2012年 - 2015年)
SME Records(2015年 - )
事務所 スターダストプロモーション
公式サイト 私立恵比寿中学オフィシャルサイト
メンバー 真山りか
安本彩花
星名美怜
柏木ひなた
小林歌穂
中山莉子
旧メンバー 奏音
宇野愛海
矢野妃菜喜
小池梨緒
宮崎れいな
瑞季
杏野なつ
鈴木裕乃
松野莉奈
廣田あいか

私立恵比寿中学(しりつえびすちゅうがく)は、スターダストプロモーションに所属する女性タレントらで2009年に結成された日本女性アイドルグループである。愛称はエビ中で、現役中学生が1人もいない「永遠に中学生」を掲げた6人組グループ。秋田県大使・あきた美の国ガールズ2020年東京オリンピックスペシャル応援団員に任命されている[2]

ももいろクローバーZTEAM SHACHIたこやきレインボーなどのグループと共にSTARDUST PLANET(通称スタプラ)を構成する。

概要[編集]

グループ名の「恵比寿」はスターダストプロモーションの所在地である東京都渋谷区恵比寿に由来する。

架空の学校「私立恵比寿中学 1年B組」として『永遠に中学生』というコンセプトを掲げているため、実際に中学校を卒業して高校生となったメンバーは『中学4年生』、『中学5年生』となり、中学生として進級すると解している[注 1]。なお、自分の年齢から12を引いたものが自分の学年である。しかしその設定は曖昧で、常に忠実に設定を守っているグループではなく、またその設定のゆるさも特徴となっている。

私立恵比寿中学のファンはファミリー(エビ中ファミリー)、私立恵比寿中学のライブは学芸会と呼ばれ、「King of 学芸会」を自称する。

沿革[編集]

インディーズ[編集]

  • 2009年8月4日結成。
  • 結成当初は「キレのないダンスと不安定な歌唱力」をキャッチフレーズに家電量販店ショッピングセンターなどでの無料公演を中心に活動を行う。
  • ももいろクローバー(現在のももいろクローバーZ)にも楽曲を提供している前山田健一が音楽主任教員に就任し[3] グループの主要な楽曲を手掛けるようになって以降、アッパーでクセのある楽曲やステージからのティッシュばら撒き、キョンシーレディー・ガガ等をモチーフにしたメイクで踊るなどの一風変わったパフォーマンスがアイドルファンのみならずサブカルチャーを好む一部の人達からの支持を受け、「今、会えるサブドル(サブカルアイドルの略)」を名乗るようになる。
  • 2011年4月10日、姉貴分であるももいろクローバーのコンサート『4.10中野サンプラザ大会 ももクロ春の一大事〜眩しさの中に君がいた〜』に出演。
  • 2011年10月8日にShibuya O-EASTにて初のワンマンライブを開催[4]。追加公演として同会場で開催された10月10日の後夜祭ライブ[5] を含めて3公演全てのチケットが完売となる[6]
  • 12月4日、宮﨑れいなが12月26日のライブをもって転校することが発表され、転校後は9人体制での活動となる。
  • 2012年2月22日、デフスターレコーズから2012年5月5日にメジャーデビューすることが発表され[7]、2012年3月4日にラゾーナ川崎にてメジャー仮契約調印式を行い[8]、その席上で『私立恵比寿中学スプリングデフスターツアー2012 〜こりゃあ春からエビがいい!〜』の開催を発表。
  • 3月11日から5月20日までの間、4月1日に赤坂BLITZで開催されたワンマンライブ2公演[9] を挟んで11箇所21公演のライブツアーを行った[10]
  • 以後、シングル曲発表に合わせてリリースイベントツアーを開催。

メジャーデビュー[編集]

メジャーデビュー時のメンバーは、瑞季、真山りか杏野なつ安本彩花廣田あいか星名美怜鈴木裕乃松野莉奈柏木ひなたの9人。

2012年
2013年
2014年

8人体制[編集]

メンバーは、真山りか安本彩花廣田あいか星名美怜松野莉奈柏木ひなた小林歌穂中山莉子の8人。

2014年
2015年
2016年
2017年
  • 2017年2月8日、松野莉奈が急逝。体調不良のため前日のコンサートを欠席し自宅療養していたが、8日早朝に容態が急変、救急搬送されたものの死亡が確認されたという[50]。調査の結果、死因は致死性不整脈だったことを2月10日に公表[51]。これに伴い、3月4日に開催予定だった越生梅林梅まつり応援大使就任記念トークショーの中止が決定した[52]
  • 4月1日、新学期に伴い急逝した松野莉奈がメンバー一覧から外れる(ただし存命のメンバーによる離脱ではないため「転校」ではなく「卒業」とした)。以降は7人組として再スタートを切ることとなった[53]
  • 4月22日 - 7月16日、ツアー「私立恵比寿中学 IDOL march HALLTOUR 2017~今、君とここにいる~」を開催[54][55]
  • 5月31日、4thアルバム「エビクラシー」を発売。オリコンとBillboardの週間アルバムランキングで初登場1位を獲得する。週間1位はデビュー以来シングル・アルバムを通じて初となる。
  • 8月26日、「エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん in モリコロパーク 2017」を開催[56]
  • 9月23日、エビ中 秋風と鈴虫と音楽のしらべ 題して「ちゅうおん」2017を開催[57]
  • 10月7日 - 11月24日、ツアー「私立恵比寿中学オータムナインツアー2017~エビ中ってなんか説明しづらいけど見とかなきゃ損なグループなんだって!~」を開催[58][59]
  • 11月8日、11thシングル「シンガロン・シンガソン」を発売。

6人体制[編集]

2018年
2019年
2020年
  • 1月、2020年東京オリンピック スペシャル応援団員として「がんばれ!ニッポン!全員団結プロジェクト」応援メッセージ動画を公開[91]
  • 3月23日、昨年10月から体調不良により休養に入っていた安本彩花が復帰することを発表[92]
  • 4月、4年ぶりの主演舞台となる「ボクコネ~ぼくはテクノカットよりコネチカット」を配信[93]
  • 9月19-20日、エビ中 秋麗と轡虫と音楽のこだま 題して「ちゅうおん」2020を開催。
  • 12月18・26・27日、大学芸会を開催予定。
2021年

メンバー変遷[編集]

グループへの加入を「転入」、グループからの脱退を「転校」と称す(一部例外あり)。

  • 2009年8月4日に結成する[1]。結成時のメンバーは、奏音・瑞季・宇野愛海・宮﨑れいな・真山りかの5名。(5名)
  • 2009年10月[94] に、杏野なつ安本彩花が転入。(5+2=7名)
  • 2010年2月14日の『スタ☆フェス vol.8』にて、奏音の転校と矢野妃菜喜の転入が発表。(7-1+1=7名)
  • 4月10日に廣田あいかが転入。(7+1=8名)
  • 5月22日の『スタ☆フェス vol.10』にて、星名美怜・小池梨緒・鈴木裕乃松野莉奈の転入が発表された。(8+4=12名)
  • 2010年11月23日の『エビ☆フェス』にて、宇野愛海が2011年1月10日に行われる『3B juniorのZEROからスタート 待ってろサンプラザ!!』を最後に転校すること、および柏木ひなたが転入することが発表された。(12+1-1=12名)
  • 2011年2月21日付けのオフィシャルブログ『エビ中交換日記』にて、矢野妃菜喜が3月20日の『エビ☆フェス』を最後に転校することが発表されたが、3月11日発生の東日本大震災及び東京電力福島第一原発での事故の影響でライブが中止になり、4月17日の『スタフェス Vol.20』をもっての転校となった。(12-1=11名)
  • 2011年6月7日付けのオフィシャルブログ『エビ中交換日記』にて、小池梨緒が学業優先のため転校していたことが発表された。(11-1=10名)
  • 2011年6月19日の都内イベント『タワレコ先生!2限目自習ですか?』にて、宮﨑れいなが初代リーダーに就任した。
  • 2011年12月4日の都内イベント『エビ中、東京凱旋紅白落選!!』にて、宮﨑れいなが2011年12月26日に行われるイベントを最後に転校し、芸能界から引退することが発表された。(10-1=9名)

宮崎はリーダー就任により色々と重責を負わされて耐えられなかったことによる転校、引退なので、以降同じことになるメンバーがでないように、正式に「リーダー」の肩書きを持つメンバーはいなくなった[要出典]

  • 2013年12月26日に配信された私立恵比寿中学公式Ustreamにて、瑞季、杏野なつ、鈴木裕乃が2014年4月15日に日本武道館にて行われるコンサートをもって転校することが発表された[95]

瑞季の転校に伴い、メンバーカラーの「赤」を永久欠色とし、完全にリーダーを匂わすシンボルが無くなった。そのため、有力リーダー候補として「最年長・真山説」、「年長者ライブ挨拶担当・星名説」、「古参メンバーMC担当・安本説」など様々な憶測が広がっている。

  • 2014年1月4日グリーンドーム前橋で行われたイベント『3Bjunior Live Final“俺の藤井”2014』にて、チーム大王イカ小林歌穂中山莉子(かほりこ)の転入が発表された[96](9+2=11名-3=8名)
  • 2016年には、メンバー全員が高1(中学4年)以上となり、そのまま、2016年のコンサートのイベント名(私立恵比寿中学 -秋ツアー2016~エビ中って現役中学生一人も居ないグループなんだって!~)になっている[97]。そして、真山が2016年12月16日に20歳の誕生日を迎えたため、初の20代の中学生が誕生した[98]。自称「お酒の飲める中学生」(「Rの法則」2017年5月31日放送分より)。
  • 2017年2月8日に松野莉奈が致死性不整脈で急逝。以降、3月末まで連載の継続や追悼記事の掲載等があったが、新学期の始まりとともに公式HP上からメンバーとしての表記が無くなる(卒業/脱退)。(8-1=7名)
  • 2017年8月31日に廣田あいかが翌年1月3日日本武道館公演をもって、グループから転校することが発表された。(7-1=6名)[99]
  • 2019年には、メンバー全員が高校卒業者(中学7年)以上となり、2020年には、メンバー全員が20歳以上となる見込み。

タイムライン[編集]

2020年4月1日現在
  • 表中の略記は、実生活での学校種と学年(学生の場合)
S:小学校、C:中学校、K:高等学校、D:大学(例:C2=中学2年)

メンバー[編集]

メンバーには加入順を基本にして設定された「出席番号」があり、自己紹介などでは「出席番号○番、××(名前)」と名乗る。この出席番号はグループ結成以降何度か変更が行われているが、宮﨑れいなの転校以降、転校したメンバーの出席番号は欠番扱いになっている。また、各メンバーには学年カラーとメンバーカラーが割り当てられている。学校の設定を強調するため学年カラーの方が用いられることが多い。一方でメンバーカラーはグッズで使われる以外は使用が控えられていたが、9thシングル「スーパーヒーロー」からは衣装のマントの色に採用されるなど、正式に使用されるようになった。

出席番号 名前 よみ 生年月日(年齢) 学年カラー イメージカラー 出身 備考
1番 (欠番) 瑞季の転校以降、欠番
2番 (欠番) 宮崎れいなの転校以降、欠番
3番 真山りか まやま りか (1996-12-16) 1996年12月16日(23歳) 東京都 結成時からのメンバー グループ最年長
4番 (欠番) 杏野なつの転校以降、欠番
5番 安本彩花 やすもと あやか (1998-06-27) 1998年6月27日(22歳) 東京都 2代目MC担当
6番 (欠番) 廣田あいかの転校以降、欠番
7番 星名美怜 ほしな みれい (1997-11-02) 1997年11月2日(22歳) ピンク ピンク 神奈川県
8番 (欠番) 鈴木裕乃の転校以降、欠番
9番 (欠番) 松野莉奈の卒業以降、欠番
10番 柏木ひなた かしわぎ ひなた (1999-03-29) 1999年3月29日(21歳) オレンジ 千葉県 2代目ダンス部長
11番 小林歌穂 こばやし かほ (2000-06-12) 2000年6月12日(20歳) ピンク 黄色 埼玉県 秋田分校の生徒会長
12番 中山莉子 なかやま りこ (2000-10-28) 2000年10月28日(19歳) ピンク 水色 東京都
平均年齢 21歳 + 280日(2020年9月24日 現在)

元メンバー[編集]

出席番号
(転校・卒業・脱退時)
名前 生年月日 出身地 学年カラー メンバーカラー 備考
1番 奏音 (1997-02-07) 1997年2月7日(23歳) 東京都 2010年2月14日転校
2番 宇野愛海 (1998-03-19) 1998年3月19日(22歳) 栃木県 ピンク 2011年1月10日転校
7番 矢野妃菜喜 (1997-03-05) 1997年3月5日(23歳) 兵庫県 2011年4月17日転校
10番 小池梨緒 (1998-01-18) 1998年1月18日(22歳) 東京都 ピンク 2011年6月7日転校
2番 宮崎れいな (1997-08-24) 1997年8月24日(23歳) 埼玉県 ピンク 薄桃(非公式) 初代リーダー

2011年12月26日転校

ミス慶應コンテスト2019 ファイナリスト

1番 瑞季 (1997-02-27) 1997年2月27日(23歳) 神奈川県 初代ダンス部長

2014年4月15日転校

4番 杏野なつ (1997-07-12) 1997年7月12日(23歳) 千葉県 ピンク 黄色 初代MC担当

2014年4月15日転校

8番 鈴木裕乃 (1998-03-24) 1998年3月24日(22歳) 東京都 ピンク 水色 2014年4月15日転校
9番 松野莉奈 (1998-07-16) 1998年7月16日2017年2月8日(2017-02-08)(18歳) 東京都 2017年2月8日逝去(卒業)
6番 廣田あいか (1999-01-31) 1999年1月31日(21歳) 埼玉県 黄緑 2018年1月3日転校

松野に関しては前述の通り、スターダストプロモーションから急逝に伴うメンバー格についての取扱は明言されていないが、2017年度より松野のプロフィールが公式ホームページから削除され、2017年新学期時点でのグループ人数換算が松野を除いた物となっている。

作品[編集]

シングル[編集]

# タイトル 発売日 最高位 収録曲 規格品番
インディーズ (STARDUST DIGITAL)
- 朝のチャイムがなりました![注 3][注 4] 2010年2月14日 - なにがなんでも(エビ中ver.) SDMC-0012
大爆発 No.1
1 えびぞりダイアモンド!![注 4] 2010年8月7日 - えびぞりダイアモンド!! SDMC-0016
えびぞりダイアモンド!! (okadada remix)
2 チャイム!/どしゃぶりリグレット[注 4] 2011年1月10日 - チャイム! SDMC-0018
どしゃぶりリグレット
3 ザ・ティッシュ〜とまらない青春〜 2011年4月27日 73位 ザ・ティッシュ〜とまらない青春〜 SDMC-0021
エビ中一週間
4 オーマイゴースト?
       〜わたしが悪霊になっても〜
2011年7月27日 59位 オーマイゴースト?〜わたしが悪霊になっても〜 SDMC-0022
ご存知!エビ中音頭
5 もっと走れっ!! 2011年10月5日 46位 もっと走れっ!! SDMC-0024
売れたいエモーション!
永遠に中学生
メジャー (DefSTAR Records)
1 仮契約のシンデレラ 2012年5月5日 7位 仮契約のシンデレラ
放課後ゲタ箱ロッケンロールMX
揚げろ!エビフライ DFCL-1885(初回生産限定エー盤 )
歌え!踊れ!エビーダダ! DFCL-1886(初回生産限定ビー盤)
結果オーライ DFCL-1887(サブカル盤)
2 Go! Go! Here We Go! ロック・リー
 /大人はわかってくれない
2012年8月29日 7位 Go!Go!Here We Go!ロック・リー
大人はわかってくれない
ほぼブラジル DFCL-1920(初回生産限定ブラジル盤)
スターダストライト DFCL-1921(初回生産限定ロック・リー盤)
新・青春そのもの DFCL-1922(サブカル盤)
3 2013年1月16日 3位
頑張ってる途中
パクチー DFCL-1968(初回限定盤A)
大好きだよ DFCL-1969(初回限定盤B)
踊るガリ勉中学生 DFCL-1970(サブカル盤)
4 手をつなごう/禁断のカルマ 2013年6月5日 5位 手をつなごう
禁断のカルマ
サクラ・ゴーラウンド DFCL-2003(初回限定盤A)
Lon de Don DFCL-2004(初回限定盤B)
Another Day DFCL-2005(サブカル盤)
5 未確認中学生X 2013年11月20日 4位 未確認中学生X
U.B.U.
I'm your MANAGER!! DFCL-2037(初回生産限定α盤)
使ってポートフォリオ DFCL-2038(初回生産限定β盤)
Thanks! Merry Christmas K DFCL-2039(サブカル盤)
6 バタフライエフェクト 2014年6月4日 3位 バタフライエフェクト
アンコールの恋
バタフライエフェクト(アニメサイズver.) DFCL-2064〜5(初回生産限定アニメ盤)
幸せの貼り紙はいつも背中に DFCL-2066(初回生産限定ヨーデル盤)
ラブリースマイリーベイビー DFCL-2067(通常盤)
7 ハイタテキ! 2014年11月5日 3位 ハイタテキ! DFCL-2091〜2(初回生産限定エー盤)
涙は似合わない
I can't stop the loneliness DFCL-2093(初回生産限定ビー盤)
チュパカブラ DFCL-2094(チュー常盤(通常盤))
8 夏だぜジョニー 2015年6月17日 2位 夏だぜジョニー
脳漿炸裂ガール DFCL-2144(通常盤)
吟遊詩人 DFC7-2(ツアー会場限定盤)
キャンディロッガー DFC7-3(オンライン(forTUNE music)限定盤)
DFCL-2140〜3(完全生産限定BOX)[100]
メジャー移籍 (SME Records)
9 スーパーヒーロー 2015年10月21日 3位 スーパーヒーロー
ポンパラ ペコルナ パピヨッタ SECL-1788(初回生産限定盤A)
キラキラネスキラネス SECL-1789(初回生産限定盤B)
こりゃめでてぇな SECL-1790(通常盤)
10 まっすぐ 2016年9月21日 7位 まっすぐ
summer dejavu SECL-1988(完全生産限定盤A)
イイトモ SECL-1989(完全生産限定盤B)
CHAN-CHARA-CHAN SECL-1990(完全生産限定盤C)
11 シンガロン・シンガソン 2017年11月8日 2位 シンガロン・シンガソン
EBINOMICS SECL-2230(完全生産限定盤A)、通常盤
靴紐とファンファーレ SECL-2232(完全生産限定盤B)、通常盤
HOT UP!! SECL-2234(通常盤)
12 でかどんでん 2018年6月6日 3位 でかどんでん
熟女になっても feat. SUSHIBOYS SECL2291-2292(初回生産限定盤A)
スウィーテスト・多忙。 SECL2293-2294(初回生産限定盤B)
SECL2295(通常盤)
13 トレンディガール 2019年6月5日 5位 トレンディガール
結ばれた想い SECL2438(初回生産限定盤A)
青い青い星の名前 SECL2239(初回生産限定盤B)
あなたのダンスで騒がしい SECL2440(通常盤)

デジタルシングル・配信限定曲[編集]

  1. 永遠に中学生(エビ中 真冬の北半キュリスマス2014 ver.) (2015年4月1日)
  2. FAMIEN'15 e.p.(2015年8月5日)
    1. ナチュメロらんでぶー(作詞・作曲・編曲:田村歩美) - 2015年ファミえんテーマソング
    2. 夏だぜジョニー
    3. ご存知!エビ中音頭 (DE DE MOUSE 平成27年版 Remix)
    4. いい湯かな? (DJ YOGURT Chill Out Jazz Remix)
  3. きっとインフィニティー! / インフィニティーズ(私立恵比寿中学)(2016年3月6日、作詞:土屋亮一、作曲・編曲:mampuku)- テレビ東京系のシチュエーションコメディドラマ「ウレロ☆無限大少女」から
  4. FAMIEN'16 e.p.(2016年8月10日)
    1. summer dejavu - 2016年ファミえんテーマソング
    2. 参枚目のタフガキ (私立恵比寿中学JapanホールKeikiiiiツアー2016 ver.)
    3. 春休みモラトリアム中学生 with HERE (私立恵比寿中学JapanホールKeikiiiiツアー2016 ver.)
    4. MISSION SURVIVOR (私立恵比寿中学JapanホールKeikiiiiツアー2016 ver.)
  5. FAMIEN'17 e.p.(2017年8月26日、「YELL」収録)
    1. HOT UP!!! - 2017年ファミえんテーマソング
    2. YELL(作詞・作曲:IMAKISASA/編曲:ツカダタカシゲ、IMAKISASA) - 立命館大学衣笠キャンパスでMVを撮影 MV - YouTube
    3. なないろ(716 LIVE VERSION)
    4. サドンデス(716 LIVE VERSION)
  6. 日記 (2018年1月11日) - 小林歌穂単独主演ドラマ「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」主題歌(作詞・作曲:吉澤嘉代子/編曲:柏崎三十郎
  7. FAMIEN'18 e.p.(2018年8月18日、「朝顔」収録)
    1. イート・ザ・大目玉 - 2018年ファミえんテーマソング
    2. 朝顔(作詞:高橋久美子/作曲:IMAKISASA/編曲:野村陽一郎) - 2018年ファミえんテーマソング
    3. 熟女になっても feat. SUSHIBOYS & YASUSHI BOY(Live Version)
    4. 揚げろ!エビフライ (HyperJuice Remix - Nor Rework)
  8. EBICHU After 6 Session mixed by CMJK(live at AFTER 6 JUNCTION)(2020年1月27日)[101]
  9. FAMIEN'20 e.p.(2020年8月21日、「23回目のサマーナイト」「Sweet of Sweet 〜君に届くまで〜」収録)
    1. 23回目のサマーナイト(作詞:児玉雨子/作曲:猟平,めんま/編曲:ヒロイズム,U-KIRIN) - 2020年ファミえんテーマソング
    2. 誘惑したいや(2020ver.)(作詞・作曲・編曲:田村歩美
    3. Sweet of Sweet〜君に届くまで〜(作詞:ラブ・ウォ太郎/作曲:ヒャダイン/編曲:藤原燈太)
    4. COLOR(作詞・作曲・編曲:田村歩美

アルバム[編集]

# タイトル 発売日 最高位 新録曲 規格品番
- エビ中の絶盤ベスト〜おわらない青春〜 2012年11月21日 19位 ebiture
エビ中出席番号の歌その1
イッショウトモダチ
また明日
約束
DFCL-1956
1 中人 2013年7月24日 7位 あたしきっと無限ルーパー
R-O-B-O-C-K
体操
誘惑したいや
いい湯かな?
中人DANCE MUSIC
あるあるフラダンス
DFCL-2023〜4(初回限定エー盤)
DFCL-2025〜6(初回限定ビー盤)
DFCL-2027(サブカル盤[通常盤])
2 金八 2015年1月28日 2位 金八DANCE MUSIC
テブラデスキー 〜青春リバティ〜
キングオブ学芸会のテーマ 〜Nu Skool Teenage Riot〜
ちちんぷい
フユコイ
PLAYBACK
大漁恵比寿節
買い物しようと町田へ
蛍の光(Demo)
DFCL-2115〜6(初回仕様限定盤)
DFCL-2117(初回仕様通常盤)
3 穴空 2016年4月20日[102] 2位 エビ中出席番号の歌 その2
春休みモラトリアム中学生
MISSION SURVIVOR
参枚目のタフガキ
ゼッテーアナーキー
面皰
ポップコーントーン
お願いジーザス
全力☆ランナー
SECL-1844〜45(初回仕様限定盤A)
SECL-1846〜47(初回仕様限定盤B)
SECL-1848(通常盤)
- 「中卒」〜エビ中のイケイケベスト〜 2016年11月16日
(2タイトル同時発売)
11位 SECL-2074
「中辛」〜エビ中のワクワクベスト〜 12位 サドンデス SECL-2075
「中卒」「中辛」〜エビ中のコンプリートベスト〜 SECL-2076〜8(完全生産限定盤)
4 エビクラシー 2017年5月31日 1位 ゑびすとてたまわんせむ
感情電車
君のままで
制服"報連相"ファンク
紅の詩
コミックガール
春の嵐
なないろ
フォーエバー中坊
さよならばいばいまたあした
藍色のMonday
SECL-2164〜5(期間生産限定盤)
SECL-2166(通常盤)
5 MUSiC 2019年3月13日 2位 Family Complex
イート・ザ・大目玉
明日もきっと70点 feat.東雲めぐ
踊るロクデナシ
曇天
BUZZER BEATER
日進月歩
星の数え方
COLOR feat.ももいろクローバーZ
元気しかない!
中目黒の冬風…NAMIDA
b.l.a.c.k_h.O.l.e
リフレインが、ずっと
SECL-2393〜4(初回生産限定盤A)
SECL-2395〜6(初回生産限定盤B)
SECL-2397(通常版)
6 playlist 2019年12月18日 1位 ちがうの
SHAKE! SHAKE!
愛のレンタル
ジャンプ
I'll be here
PANDORA
シングルTONEでお願い
オメカシ・フィーバー
HISTORY
トレンディガール
SECL-2520〜1(初回生産限定盤A)
SECL-2522〜3(初回生産限定盤B)
SECL-2524(通常版)
ライブアルバム
タイトル 発売日 規格品番 備考
エビ中 秋風と鈴虫と音楽のしらべ 題して「ちゅうおん」2017 2017年12月23日 SEC8-18 【FC限定、完全生産限定】日進月歩を収録
FAMIEN'18 IN YAMANAKAKO 2018年10月20日 【配信限定】
エビ中 秋風と鈴虫と音楽のつどい 題して「ちゅうおん」2018 2018年11月14日 SEC8-22 【FC限定、完全生産限定】
バンドのみんなと大学芸会2019 エビ中のフルバッテリー・サラウンド 2020年4月18日 SEC7-8 【完全生産限定盤】
ユニットアルバム
タイトル 発売日 規格品番 備考
『エビ中のユニットアルバム 青年館盤』 2013年3月31日[103] DQCL-1919 【会場限定、完全生産限定】

収録ユニット曲

  • ナツリカ「これでいいのだ!」
  • スナックのママと流し「アンタ」(作詞・作曲・編曲:前山田健一
  • フリンデルガール「神さまの言うとおり」
  • トリオ・ザ・インフルエンザ「一生 一緒 いいっしょ?」
  • 安本彩花 ※ソロ「またあえるかな」(作詞・作曲・編曲:菊池真太郎)

(詳細は下記派生ユニットの項を参照)

『エビ中のユニットアルバム サンプラザ盤』 DQCL-1920 【会場限定、完全生産限定】

収録ユニット曲

  • トリオ・ザ・インフルエンザ「そろそろくるぞ」
  • crossover「Kindness」
  • スターナッツ「for you」
  • 鈴木さん安本さん「たそがれシアター」
  • 真山りか ※ソロ「ジャズ喫茶りか feat. ダンディ井上、老醜ブレイカー」(作詞・作曲・編曲:塩野海)

(詳細は下記派生ユニットの項を参照)

『エビ中のユニットアルバム さいたまスーパーアリーナ盤』 2013年12月8日[104] DFC8-1 【会場限定、完全生産限定】

新録曲「フレ!フレ!サイリウム」[105](作詞・作曲・編曲:ヤナガワタカオ)

収録ユニット曲

  • くっつきブンブン「いつかのメイドインジャピャ~ン」
  • ホシナミレイ ※ソロ「キミに39」(作詞・作曲・編曲:浅利進吾
  • おりじねぇたぁ「アタリメ」
  • Postgirls「友情ラブレター」

(詳細は下記派生ユニットの項を参照)

『エビ中のユニットアルバム さいたまスーパーアリーナ2015盤』 2015年12月12日 SEC7-1 【会場限定、完全生産限定】

収録ユニット曲

  • Micro Mix Mountain「宇宙戦争宣戦布告」
  • 元祖トータルスロットル「sky is the limit」
  • おひたし「光年の愛」
  • 狂騒と緊迫「アパレルダーV」
  • 廣田あいか ※ソロ「ぁぃぁぃといく日本全国鉄道の旅」(作詞・作曲・編曲:前山田健一
  • 松野莉奈 ※ソロ「できるかな?」(作詞・作曲・編曲:大内正徳)
  • 柏木ひなた ※ソロ「Fantastic Baby Love」(作詞・作曲・編曲:山口朗彦
  • 小林歌穂 ※ソロ「ぐらりぐら想い」(作詞:鈴木まなか/作曲:鈴木まなか・Hiroki Sagawa/編曲:Hiroki Sagawa)
  • 中山莉子 ※ソロ「ペコペコリーヌ」(作詞:YUI(バクバクドキン) 作曲・編曲:U-re:x

(詳細は下記派生ユニットの項を参照)

参加作品[編集]

  • 松田聖子トリビュート・アルバムMemorieS〜Bitter Sweet Pineapple〜』(2011年8月24日)
    • 夏の扉」 / 宮崎れいな・真山りか・星名美怜・柏木ひなた from 私立恵比寿中学
  • 吉澤嘉代子ミニアルバム『吉澤嘉代子とうつくしい人たち』(2016年8月3日)
    • ねえ中学生 feat.私立恵比寿中学
  • 港カヲルグループ魂)ソロアルバム『俺でいいのかい 〜港カヲル、歌いすぎる〜』(2016年12月11日)
    • 「女子力発電おじさん 〜私立恵比寿中学に迷いこんだ港カヲル〜」
  • 椎名林檎トリビュート・アルバム『アダムとイヴの林檎』(2018年5月23日)
  • Negiccoとのコラボ楽曲
    • 「エビネギ・オーライ!」(2017年1月3日「私立恵比寿中学×Negicco〜当日までには仲良くなろうね〜」、2019年1月28日「エビネギ the FINAL ~二次会と打ち上げの間~」で披露)
    • 「ベイビィ・エビネギ・ポップ!」(2019年1月24日「エビネギ2 ~バンドで一緒に仲良く演ろうね~」、1月26日「エビネギ3 ~エビネギ1の、ようなもの。」、1月28日「エビネギ the FINAL ~二次会と打ち上げの間~」で披露)
  • あの日、恋をしました。 presented by 胸キュンスカッと(2019年4月24日、楽曲「感情電車」が収録。フジテレビ系「痛快TVスカッとジャパン」内のコーナー「胸キュンスカッと」で使用された楽曲を集めたアルバム)[106]

タイアップ[編集]

起用年 曲名 タイアップ
2012年 放課後下駄箱ロッケンロールMX TOKYO MXエビ中の永遠に中学生(仮)」エンディングテーマ
Go!Go!Here We Go!ロック・リー テレビ東京系 「ナルトSD ロック・リーの青春フルパワー忍伝」エンディングテーマ
2013年 手をつなごう テレビ東京系「ポケットモンスター ベストウイッシュ」エンディングテーマ
劇場版 ポケットモンスター ベストウイッシュ ピカチュウとイーブイ☆フレンズ」主題歌
禁断のカルマ テレビ東京系ドラマヴァンパイア・ヘヴン」オープニングテーマ
サクラ・ゴーラウンド テレビ東京系アニメ「ポケットモンスター ベストウイッシュシーズン2 エピソードN」エンディングテーマ
Lon de Don TOKYO MX「エビ中の永遠に中学生(仮)2」エンディングテーマ
誘惑したいや サークルKサンクス「エビバディ☆エビ中フェア」CMソング
Thanks! Merry Christmas K サークルKサンクス クリスマスキャンペーンCMソング
2014年 バタフライエフェクト フジテレビ系ノイタミナ”「龍ヶ嬢七々々の埋蔵金」オープニング・テーマ
アンコールの恋 サークルKサンクス「焼きとり100円セール」CMソング
ラブリースマイリーベイビー TOKYO MX「エビ中★グローバル化計画」テーマソング
幸せの貼り紙はいつも背中に 映画「小川町セレナーデ」主題歌
ハイタテキ! テレビ東京 ドラマ「甲殻不動戦記 ロボサン」オープニングテーマ
ちちんぷい サークルKサンクス「フライドチキンセール」CMソング
2015年 テブラデスキー〜青春リバティ〜 映画「たまこちゃんとコックボー」主題歌
半世紀優等生(五五七二三二〇名義) 日清シスコ「ココナッツサブレ」キャンペーンソング
キングオブ学芸会のテーマ~Nu Skool Teenage Riot~ BSフジエビ中++」オープニングテーマ
夏だぜジョニー サークルKサンクス「おにぎり100円セール」CMソング
脳漿炸裂ガール 映画「脳漿炸裂ガール」主題歌
ポンパラ ペコルナ パピヨッタ(五五七二三二〇名義) 日清シスコ「ココナッツサブレ」キャンペーンソング
2016年 春休みモラトリアム中学生 BSフジ「エビ中++」オープニングテーマ
MISSION SURVIVOR サークルKサンクス「焼き鳥100円セール」CMソング
面皰 クレアラシルCMソング
全力☆ランナー 第4回 全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール規定曲
シケラナイ。(五五七二三二〇名義) 日清シスコ「ココナッツサブレ」キャンペーンソング
ガラパゴス・ビスケット(五五七二三二〇名義)
The Colorful World ~一つあたりたった30円くらいのお菓子でこんなに仲良くなれるならもっと早くあげればよかった~(五五七二三二〇名義)
小腹にデンデケ。(五五七二三二〇名義)
2017年 感情電車 リンガーハット CMソング
YELL TOKYO FM立命館大学 presents リアル頑張ってる途中」テーマソング
2018年 日記 テレビ神奈川系ドラマ「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」主題歌
帝京平成大学 CMソング
BUZZER BEATER Softbank ウィンターカップ2018」公式テーマソング
2019年 トレンディガール ABCテレビテレビ朝日 ドラマL神ちゅーんず 〜鳴らせ!DTM女子〜」主題歌
あなたのダンスで騒がしい ABCテレビ・テレビ朝日 ドラマL「神ちゅーんず 〜鳴らせ!DTM女子〜」挿入歌
結ばれた思い アサヒ飲料カルピス」ブランド100周年企画「タナバタノオト」タイアップソング
2020年 Sweet of Sweet 〜君に届くまで〜 クボタ「クボタ LOVE水プロジェクト」テーマソング

映像作品[編集]

ライブ & ドキュメント
# タイトル 発売日 規格品番 備考
インディーズ (STARDUST DIGITAL)
1 私立恵比寿中学1stワンマンLIVE 2012年2月15日 XQJL-2001 (DVD)
メジャー (DefSTAR Records)
1 デフスターウォーズ EBISODE1 〜学芸会の逆襲〜 2012年6月27日 DFBL-7148 (DVD)
DFXL-12 (Blu-ray)
2 私立恵比寿中学 ファーストコンサート「じゃあ・ベストテン」 2012年11月21日 DFBL-715〜1 (DVD)
DFXL-13 (Blu-ray)
3 私立恵比寿中学年忘れ大学芸会「エビ中のジャングル大冒険」 2013年3月13日 DFBL-7160〜1(DVD初回生産限定盤)
DFBL-7162〜3(DVD通常盤)
DFXL-20(Blu-ray初回生産限定盤)
DFXL-21(Blu-ray通常盤)
4 私立恵比寿中学「狂い咲きエビィーロード 〜終わりなき進級〜」 2013年7月24日 DFBL-7170〜1 (DVD)
DFXL-28 (Blu-ray)
5 私立恵比寿中学 スプリングデフスターとんでんツアー2013 ドキュメントムービー「EVERYTHING POINT」 2013年9月27日 DFBL-7172 (DVD)
DFXL-29 (Blu-ray)
6 私立恵比寿中学「エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん in 河口湖2013」 2013年12月4日 DFBL-7173〜4 (DVD)
DFXL-30 (Blu-ray)
7 私立恵比寿中学 年忘れ大学芸会2013「エビ中のスター・コンダクター」 2014年3月5日 DFBL-7181〜2 (DVD)
DFXL-37 (Blu-ray)
8 私立恵比寿中学合同出発式〜今、君がここにいる〜 2014年8月27日 DFBL-7188〜7189(DVD、通常盤)
DFXL-41(Blu-ray、通常盤)
DFBL-7183〜7187(DVD、初回生産限定盤)
DFXL-38〜40(Blu-ray、初回生産限定盤)
初回生産限定盤には、小林歌穂中山莉子の初公演となる
2014年3月21日に行われたグランキューブ大阪公演のLIVE映像、
11人全員での貴重なインタビューを含むLIVEメイキング、
転校するメンバーへサプライズで贈られたこの日限りの
メモリアルソング「Dear Dear Dear」のCDを収録(作詞・作曲・編曲:田村歩美
9 私立恵比寿中学 スプリングソニー・ミュージックレーベルズルーキーツアー2014 ドキュメントムービー「EVERYTHING POINT2」 2014年9月24日 DFBL-7190 (DVD)
DFXL-42 (Blu-ray)
10 私立恵比寿中学「エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん in 山中湖 2014」 2014年12月17日 DFBL-7191~2 (DVD)
DFXL-43 (Blu-ray)
11 私立恵比寿中学 東西大学芸会2014「エビ中のおもちゃビッグガレージ」 2015年4月8日 DFBL-7193 (DVD)
DFXL-44〜46 (Blu-ray、初回生産限定盤)
初回生産限定盤には2014年12月19日、21日と
二日間にわたって有明コロシアムで行われた
『エビ中 真冬の北半キュリスマス』
『エビ中 真夏の南半キュリスマス』
のライブ音源CDを収録
メジャー (SME Records)
12 私立恵比寿中学 「エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん in 長岡2015」 2015年12月9日 SEXL-64 (Blu-ray)
13 私立恵比寿中学 飛び出せ全十ホールツアー2015 ドキュメントムービー「EVERYTHING POINT3」 2015年12月9日 SEXL-65 (Blu-ray)
14 私立恵比寿中学 年忘れ大学芸会2015「エビ中のオールアトラクスター」 2016年4月20日 SEXL-76 (Blu-ray)
15 私立恵比寿中学 エビ中夏のファミリー遠足略してファミえんin 富士急2016 2016年12月21日 SEXL-81 (Blu-ray)
16 私立恵比寿中学 「EVERYTHING POINT4」 2016年12月21日 SEXL-82 (Blu-ray)
17 私立恵比寿中学 クリスマス大学芸会2016「エビ中のオーシャンズガイド」 2017年4月19日 SEXL-97~98 (Blu-ray、初回生産限定盤)

SEXL-99 (Blu-ray、通常盤)

初回生産限定盤にはメンバー内ユニット
  • 「ぷくぷく」
  • 「サンカクカニタさん」
  • 「平成いそきんトリオ」

のユニットCDを収録
(詳細は下記派生ユニットの項を参照)

18 私立恵比寿中学 「EVERYTHING POINT 5」 2017年12月6日 SEXL-107~108 (Blu-ray) DISC2は2017年7月16日に開催されたツアーファイナルのライブ映像を収録
19 私立恵比寿中学 エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん in モリコロパーク 2017 2018年1月3日 SEXL-112~113 (Blu-ray、初回生産限定盤)

SEXL-114 (Blu-ray、通常盤)

初回生産限定盤には2017年9月23日、
秩父ミューズパーク野外ステージで開催された
初の完全生バンドによるワンマンコンサート
「エビ中 秋風と鈴虫と音楽のしらべ 題して『ちゅうおん』2017」より、
60分を超えるボリュームのライヴ映像作品を同時収録
20 私立恵比寿中学 大学芸会2018 in 日本武道館 2018年4月18日 SEXL-116~117 (Blu-ray) DISC1:迎春大学芸会~forever aiai~1月3日
DISC2:新春大学芸会~ebichu pride~1月4日
21 ここから 2018年12月19日 SEXL-128 (Blu-ray) ドキュメンタリー「EVERYTHING POINT」シリーズの続編。
春ツアー2018から夏の野外ワンマン「ファミえん」、秋の「ちゅうおん」までを密着。
ナレーションを岡崎体育が担当。
22 私立恵比寿中学 エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん 令和元年 in 山中湖 2020年8月5日 SEXL-146〜147 (Blu-ray、完全受注生産限定盤)

SEXL-148〜149 (Blu-ray、完全受注生産限定盤)

SEXL-150 (Blu-ray、通常盤)

ベスト/コンピレーション
# タイトル 発売日 規格品番
1 ベストヒットEBC[107] 2015年6月17日 DFXL-47 (Blu-ray)
バラエティ
  • 「小中高一貫 ももえび学園 私立恵比寿中学の部 其の壱」(ライブ会場限定販売)
  • 「小中高一貫 ももえび学園 私立恵比寿中学の部 其の弐」(ライブ会場限定販売)
  • 「小中高一貫 ももえび学園 私立恵比寿中学の部 其の参」(ライブ会場限定販売)
  • エビ中の永遠に中学生(仮)(DVD/Blu-ray BOXセット、2012年12月12日)
  • エビ中の永遠に中学生(仮)2(DVD/Blu-ray BOXセット、2014年2月12日)
  • エビ中らんどっ! Vol.1(DVD/Blu-ray、2013年9月27日)
  • エビ中らんどっ! Vol.2(DVD/Blu-ray、2013年11月29日)
  • エビ中らんどっ! Vol.3(DVD/Blu-ray、2014年1月31日)
  • エビ中らんどっ! Vol.4(DVD/Blu-ray、2014年3月28日)
  • エビ中☆グローバル化計画 VOL.1(DVD/Blu-ray、2014年6月25日)
  • エビ中☆グローバル化計画 VOL.2(DVD/Blu-ray、2014年7月30日)
  • エビ中☆グローバル化計画 VOL.3(DVD/Blu-ray、2014年8月27日)
  • エビ中☆グローバル化計画 VOL.4(DVD/Blu-ray、2014年9月24日)
  • エビ中☆グローバル化計画 VOL.5(DVD/Blu-ray、2014年10月22日)
  • エビ中☆グローバル化計画 VOL.6(DVD/Blu-ray、2014年11月19日)
  • エビ中☆グローバル化計画 VOL.7(DVD/Blu-ray、2014年12月17日)
  • エビ中Hiらんどっ! 無限の自由! ディレクターズカット版 Vol.1(DVD/Blu-ray、2014年9月12日)
  • エビ中Hiらんどっ! 無限の自由! ディレクターズカット版 Vol.2(DVD/Blu-ray、2014年11月21日)
  • エビ中Hiらんどっ! 無限の自由! ディレクターズカット版 Vol.3(DVD/Blu-ray、2015年1月23日)
  • エビ中Hiらんどっ! 無限の自由! ディレクターズカット版 Vol.4(DVD/Blu-ray、2015年3月20日)
  • エビ中Hiらんどっ! 無限の自由! ディレクターズカット版 Vol.5(DVD/Blu-ray、2015年4月17日)
  • エビ中の天才盆栽中学生(仮)(DVD/Blu-ray BOXセット、2014年9月26日)
  • エビ中島!!!~モラトリアムは永遠に…ディレクターズカット版 Vol.1(DVD/Blu-ray、2015年11月27日)
  • エビ中島!!!~モラトリアムは永遠に…ディレクターズカット版 Vol.2(DVD/Blu-ray、2015年11月27日)
  • エビ中島!!!~モラトリアムは永遠に…ディレクターズカット版 Vol.3(DVD/Blu-ray、2015年11月27日)
  • エビ宙!!!!~覚醒の刻…ディレクターズカット版 Vol.1(DVD/Blu-ray、2016年7月22日)
  • エビ宙!!!!~覚醒の刻…ディレクターズカット版 Vol.2(DVD/Blu-ray、2016年9月23日)
  • エビ宙!!!!~覚醒の刻…ディレクターズカット版 Vol.3(DVD/Blu-ray、2016年11月25日)
ドラマ
舞台
  • エクストラショットノンホイップキャラメルプディングマキアート(Blu-ray:BSDP-1062、2015年7月31日)
  • シアターシュリンプ第2回公演「ガールズビジネスサテライト」(Blu-ray:BSDP-1082、2016年8月31日)
  • 舞台「ボクコネ~ぼくはテクノカットよりコネチカット」Blu-ray(Blu-ray:SDP2006B、2020年6月12日)

劇場版ドキュメンタリー[編集]

近藤キネオ監督による私立恵比寿中学のドキュメンタリーシリーズ「EVERYTHING POINT」(エブリシングポイント)の劇場版。2020年春からYouTubeにて期間限定で公開されている。

  • EVERYTHING POINT -Limited Edition-(2015年11月28日初公開)公式動画 - YouTube
    • 2015年の春ツアーまでの密着素材と、DVD・Blu-rayの未公開シーンなどが加えられた劇場版オリジナル作品[108]
  • EVERYTHING POINT -Other Edition-(2018年2月11日初公開)公式動画 - YouTube
    • 2017年の春ツアーから2018年の新春大学芸会までを「EVERYTHING POINT 5」未収録シーンも含めて映像化した作品[109]
  • EVERYTHING POINT -a new beginning-(2019年3月22日初公開)公式動画 - YouTube
    • 2018年の春ツアーから夏の「ファミえん」、秋の「秋田分校」、冬の「クリスマス大学芸会2018」、ファンクラブイベントまでを密着した作品[110]

配信[編集]

2018年7月に配信された「STARDUST PLANET」の楽曲。

We Are “STAR”
No. 曲名 作詞 作曲 編曲 備考
1 We Are “STAR” 水野良樹 水野良樹 nishi-ken STARDUST PLANET としてメンバー全員参加
2 CatWalk 浅利進吾 浅利進吾 CMJK KAMOSHIKA として星名が参加
3 フクキタルン 浅野尚志 浅野尚志 浅野尚志 七福みゅ~ず として真山が参加

「五五七二三二〇」名義でリリースしたデジタルシングル[編集]

2015年3月からスタートした日清シスコ「ココナッツサブレ」のキャンペーンユニットによるデジタルシングル。「五五七二三二〇」の読みは「ゴー・ゴー・ナナ・ニー・サン・ニー・レー」。

  1. 半世紀優等生(2015年3月25日、Defstar Records、KenKenプロデュース) MV
  2. ポンパラ ペコルナ パピヨッタ(2015年10月5日、SME Records) MV
  3. 四味一体(2016年11月7日、SME Records) - メンバー2人ずつ4組の小ユニットに分かれて制作した楽曲を、4曲同時に再生した楽曲 MV
    1. シケラナイ。 / 五五七二三二〇 with RYO the SKYWALKER(星名・安本、作詞:R.Yamaguchi / 作曲:R.Yamaguchi、ZET_MAN / 編曲:R.Yamaguchi)
    2. ガラパゴス・ビスケット / 五五七二三二〇 with U-zhaan(廣田・小林、作詞:U-zhaan、田中直基 / 作曲:U-zhaan / 編曲:U-zhaan、ハヤシベトモノリ(Plus-Tech Squeeze Box))
    3. The Colorful World ~一つあたりたった30円くらいのお菓子でこんなに仲良くなれるならもっと早くあげればよかった~/五五七二三二〇 with banvox(真山・柏木、作詞:田中直基 / 作・編曲:banvox)
    4. 小腹にデンデケ。/五五七二三二〇 with HIFANA & The Ventures(松野・中山、作詞:田中直基 / 作曲:HIFANA、松司馬拓 / 編曲:HIFANA / ギター、ベース演奏:The Ventures)

その他作品[編集]

  • LINEスタンプ「私立恵比寿中学スタンプ 一時間目っ!」(2019年6月5日)[111]

派生ユニット[編集]

(※初披露または、現時点でそれが最後のお披露目となった会場ごとに分類)

日本青年館(2012)[編集]

2012年7月1日に日本青年館で開催した初のホールコンサート「私立恵比寿中学 ファーストコンサート「じゃあ・ベストテン」」で披露。

「ナツリカ」
メンバーは杏野なつ・真山りか。主な楽曲は『これでいいのだ』(作詞・作曲:Orito/編曲:立山秋航)。
「フリンデルガール」
メンバーは瑞季・星名美怜・鈴木裕乃。ユニット名の詳しい由来は不明だが、「フリンデル」はオランダ語で「蝶」を意味する。主な楽曲は『神様の言うとおり』(作詞:辻純更/作曲:上田晃司/編曲:草野よしひろ)。
「トリオ・ザ・インフルエンザ」
メンバーは松野莉奈・柏木ひなた、そしてDJタミフル。DJタミフルがインフルエンザに罹患し、近々で松野・柏木に伝染した、というエピソードがユニット名の由来。主な楽曲は『一生一緒いいっしょ?』(作詞・作曲・編曲:前山田健一)、『そろそろくるぞ』(作詞・作曲・編曲:前山田健一)。

中野サンプラザ(2012)[編集]

2012年12月15日に中野サンプラザで開催した私立恵比寿中学年忘れ大学芸会「エビ中のジャングル大冒険」で披露。

「crossover」
メンバーは瑞季・廣田あいか。ユニット名の詳しい由来は不明だが、「crossover」は英語で「交差点」を意味し、そこから発展して「音楽性の融合」を表す。主な楽曲は『Kindness』(作詞・作曲・編曲:川口進)。瑞季の転校後、曲自体は廣田が単独で披露していたが、双方ともに転校となり、活動していない。
「鈴木さん安本さん」
メンバーは鈴木裕乃・安本彩花。主な楽曲は『たそがれシアター』(作詞:キタムラタケシ/作曲:キタムラタケシ・田上陽一/編曲:田上陽一)。鈴木の転校後、曲自体は新たに小林歌穂と中山莉子を加え披露された。
「スターナッツ」
メンバーは星名美怜・杏野なつ。ユニット名は「名(スター)」と「なつ(ナッツ)」が由来。主な楽曲は『for you』(作詞・作曲・編曲:大内正徳)。杏野の転校により、動向は不明。

さいたまスーパーアリーナ(2013)[編集]

2013年12月8日にさいたまスーパーアリーナで開催した私立恵比寿中学年忘れ大学芸会2013「エビ中のスター・コンダクター」で披露。

「くっつきブンブン」
メンバーは安本彩花・廣田あいか・松野莉奈・柏木ひなた。ユニット名は4人とも学年が「くっついている(同じ)」ことや、楽屋でいつも「くっついている」ことなどに由来。主な楽曲は『いつかのメイドインジャピャ~ン』(作詞・作曲・編曲:久保田真悟Jazzin' park)・栗原暁(Jazzin'park))。松野の逝去に伴い、その後に注目が集まったが、「私立恵比寿中学 迎春大学芸会~forever aiai~」にて復活。松野パートは過去の映像と音声を組み込んだ。さらに廣田の転校後となる、2019年2月17日に行われたFCイベントにて、残るメンバー6人で歌詞を振り分け約1年振りに歌われた。
「おりじねぇたぁ」
メンバーは瑞季・真山りか。2人ともグループの初期メン(オリジナル)であることがユニット名の由来。主な楽曲は『アタリメ』(作詞:NA.ZU.NA/作曲:NA.ZU.NA・Jam9/編曲:NA.ZU.NA)。瑞季の転校により、動向は不明。
「Postgirls」
メンバーは杏野なつ・鈴木裕乃。ユニット名は2人の楽曲『友情ラブレター』(作詞・作曲・編曲:KOH)から、お手紙を運ぶ郵便局員=「Postman」に由来。双方ともに転校となり、活動していない。

番組限定[編集]

番組「エビ中の天才盆栽中学生(仮)」で誕生した。

「ひなたでまつの」
メンバーは柏木ひなたまつの(松野)莉奈。池田貴史と共演した「エビ中の天才盆栽中学生(仮)」で誕生したユニット。主な楽曲は『盆栽ガール』(作詞:池田貴史・マネキン先生、作曲:池田貴史)。松野の逝去に伴い、動向は不明。

さいたまスーパーアリーナ(2015)[編集]

2015年12月12-13日にさいたまスーパーアリーナで開催した私立恵比寿中学 年忘れ大学芸会2015「エビ中のオールアトラクスター」で披露。

「Micro Mix Mountain」
メンバーは小林歌穂・真山りか。ユニット名は「林(=Micro)」と「真(=Mountain)」が由来。主な楽曲は『宇宙(スペース)戦争宣戦布告』(作詞・作曲:クボナオキ/編曲:鈴木Daichi秀行)。
「元祖トータルスロットル」
メンバーは安本彩花・星名美怜。詳しいユニット名の由来は不明だが、グループの中で、より歌やダンスに対して全力(フルスロットル)で取り組んでいることが由来のひとつ。主な楽曲は『sky is the limit』(作詞:藤本和則・Akira&/作曲:藤本和則・羽山匠/編曲:ALKA-LINE for D.O.C.)。
「おひたし」
メンバーは廣田あいか・柏木ひなた。ユニット名は「ろた(廣田)」と「なた」で「ひ」を足していっていることに由来。主な楽曲は『光年の愛』(作詞・作曲:小倉しんこう/編曲:梅原新)。廣田の転校により、動向は不明。廣田転校前の、2017年12月17日の大阪・放送芸術学院専門学校にて行われたトークショーでサプライズ披露。
「狂騒と緊迫」
メンバーは松野莉奈・中山莉子。2人の性格がユニット名の由来(「狂騒」=騒がしい=松野。「緊迫」=緊張しい=中山)。主な楽曲は『アパレルダーV』(作詞・作曲・編曲:大内正徳)。松野の逝去に伴い、動向は不明。

国立代々木競技場第一体育館(2016)[編集]

2016年12月22-23日に国立代々木競技場第一体育館で開催した私立恵比寿中学 クリスマス大学芸会2016「エビ中のオーシャンズガイド」で披露。

「ぷくぷく」
メンバーは真山りか・安本彩花・松野莉奈。ユニット名は作曲者:さつきがてんこもりが命名。イメージはクマノミ。主な楽曲は『新大陸』(作詞・作曲・編曲:さつきがてんこもり)。松野の逝去に伴い、動向は不明。
「サンカクカニタさん」
メンバーは廣田あいか・星名美怜。ユニット名は作曲者:角田晃広東京03)が命名。イメージはカニ。主な楽曲は『んでなークリスマス』(作詞:オークラ、作曲:角田晃広・カンケ、編曲:柏崎三十郎)。廣田の転校により、動向は不明。
「平成いそきんトリオ」
メンバーは柏木ひなた・小林歌穂・中山莉子。ユニット名は作曲者:尾形回帰が命名。イメージはいそぎんちゃく。主な楽曲は『たまげた恋のエルニーニョ』(作詞・作曲:尾形回帰、編曲:西井慶太・武田将幸・ハジメタル)。ちなみに、2017年10月26日に行われた「中山莉子の生誕祭。」では、この曲を中山一人で歌い上げた。

幕張メッセイベントホール(2018)[編集]

2018年12月23-25日に幕張イベントホールで開催した「クリスマス大学芸会2018」で披露。3ユニットが3曲を日替わりで披露した。楽曲は5thアルバム「MUSiC」(初回生産限定盤B)のCD2に収録。

安本彩花・柏木ひなたユニット

1日目「中目黒の冬風・・・NAMIDA」
2日目「b.l.a.c.k_h.O.l.e」
3日目「リフレインが、ずっと」

真山りか・星名美怜ユニット

1日目「b.l.a.c.k_h.O.l.e」
2日目「リフレインが、ずっと」[112]
3日目「中目黒の冬風・・・NAMIDA」[113]

小林歌穂・中山莉子ユニット

1日目「リフレインが、ずっと」
2日目「中目黒の冬風・・・NAMIDA」
3日目「b.l.a.c.k_h.O.l.e」

パシフィコ横浜(2020)[編集]

2020年2月16日にパシフィコ横浜で開催した「じゃあ・ベストテン2020」で披露。日本青年館にて8年前に行われたコンサートのリバイバル公演。今回はファンクラブ会員限定のイベント。

「リコリカ」
前述の「ナツリカ」のメンバーだった杏野なつに代わり、新たに中山莉子を加え再結成。主な楽曲は「ナツリカ」に準ずる。
「ニューフリンデルガール」
前述の「フリンデルガール」のメンバーだった瑞季と鈴木裕乃に代わり、新たに小林歌穂と中山莉子を加え再結成。主な楽曲は「フリンデルガール」に準ずる。
「トリオ・ザ・インフルエンザ2(セカンド)」
前述の「トリオ・ザ・インフルエンザ」のメンバーだった松野莉奈に代わり、新たに小林歌穂を加え再結成。主な楽曲は「トリオ・ザ・インフルエンザ」に準ずる。

主要なライブ[編集]

大学芸会[編集]

年末には大きなライブ「学芸会」を開催することが多い。

ファミえん[編集]

2013年から毎年夏に野外ライブ「夏のファミリー遠足 略してファミえん」を開催している。公式キャラクターは「えびごろう」「ころまる」。

秋田分校[編集]

2015年から毎年秋に秋田県でライブ「私立恵比寿中学秋田分校」を開催している。生徒会長は小林歌穂。主催:秋田放送、後援:秋田県秋田市。地元たけや製パンから小林がデザインした「平凡人パン」が発売される。

  • (2014年9月27日、「私立恵比寿中学オータムソニー・ミュージックレーベルズハヌケツアー2014~どうかせんぱちぱちhahahaん~」の一環として秋田・イオンモール秋田特設会場で開催された「ABSまつり2014」に出演。)[32]
  • (2015年7月、ABSラジオの番組「タマリバ」で小林歌穂が担当するコーナー「小林歌穂の秋田エビ中 ぽー送部」が開始)
  • 私立恵比寿中学秋田分校 はじめての学芸会!(2015年9月22日、秋田・秋田市文化会館 大ホール)[42]
  • 私立恵比寿中学秋田分校 ~地域と変革の学芸会~(2016年10月15日、秋田・秋田県民会館[123]
  • 私立恵比寿中学秋田分校~学芸会は3杯目が一番美味い(2017年11月11日、秋田・秋田県民会館 大ホール)[124]
  • 私立恵比寿中学秋田分校~この町と人と学芸会が好きだから~(2018年10月20日、秋田・秋田県立体育館[125]
  • 私立恵比寿中学秋田分校~5th Anniversary of our gakugeeeekai~(2019年10月19日、秋田・秋田県立体育館)[88][126][127]
    • サプライズゲストの佐竹敬久秋田県知事が「あきた美の国ガールズ」に私立恵比寿中学を任命した。
    • 秋田市のふるさと納税返礼品に秋田分校のチケットが採用された。
    • ゲスト:いぎなり東北産桜エビ~ず、絶対的エース"みゆきちゃん"こと藤原美幸(秋田民謡)、NAMAHAGE郷神楽(和太鼓)、超神ネイガー(ヒーロー)、明桜高校吹奏楽部、ご当地キャラオールスターズ、秋田県高校合同合唱団、ジャミセリオン(スコップ三味線)、キャミソウルブラザーズ(ソウルダンス)、ブラボー中谷(マジック)、関向良子(ABSアナウンサー)。
  • (2020年4月、ABSラジオの番組「タマリバ」でコーナー「あきた美の国ガールズ エビ中のいと恋しあきた」が開始)

ツアー[編集]

春と秋にツアーを開催することが多い。

その他のライブ[編集]

出演[編集]

全ての出演・掲載の一覧は 公式サイト>時間割 を参照
テレビ番組に関してはメンバー複数名が出演したもののみ記載。個人出演の作品は各メンバーを参照

テレビ[編集]

レギュラー番組/冠番組
バラエティ
ドラマ

ネット配信[編集]

ラジオ[編集]

レギュラー番組/冠番組

映画[編集]

CM[編集]

  • サイクルモードインターナショナル2011 ※瑞季、宮崎、星名、鈴木、松野のみ出演
  • JSBC スノーボード超アウトレットバーゲン
  • ジオプリント ジオプリ島とインクの妖精たち
  • ポッカサッポロ がぶ飲み
  • サークルKサンクス (現・ファミリーマート)[165][166]
  • クレアラシル(2016年)[167]
  • 日本生命セ・パ交流戦2016」(2016年)
    • 始球式 プロ野球『日本生命セ・パ交流開幕戦』埼玉西武ライオンズ対横浜DeNAベイスターズ(2016年5月31日、埼玉・西武プリンスドーム)[168]
  • 紀文食品「魚河岸あげ」(2016年)
  • リンガーハット「冷やしちゃんぽん」(2016年)「長崎ちゃんぽん」(2017年)[169]
  • 帝京平成大学 (2018年)
    BGMに「響」が使用されている
  • マネーフォワード (2018年)
    柏木がナレーションを担当
  • スポナビ プロ野球速報アプリ (2018-2020年)
    全編で柏木がナレーションを担当。
    2018年ヤクルトバージョンのみメンバーが出演

舞台[編集]

  • 恵比寿リトル歌劇団 オールスタンディングミュージカル「イースタン・サブカル物語」(2012年6月)[170]
  • エビ中文化祭 ~恵比寿リトル歌劇団、ふたたび~(2013年6月、ミュージカル)[171]
  • シベリア少女鉄道 vol.25「この流れバスター」(2015年4月11日-19日) - フレッシュver.(安本彩花)
  • シアターシュリンプ 第一回公演「エクストラショットノンホイップキャラメルプディングマキアート」(2015年、脚本・演出:土屋亮一[172]
  • シアターシュリンプ 第二回公演 「ガールズビジネスサテライト」(2016年、脚本・演出:土屋亮一)[173]
  • 朗読劇「陰陽師」 陽公演(2017年7月19日-23日) - 蜜虫 役(柏木ひなた)
  • シベリア少女鉄道 vol.29「残雪の轍/キャンディーポップベリージャム」(2017年12月7日 - 11日)- かえで/さくら 役(安本彩花)
  • 私立恵比寿中学 主演舞台「ボクコネ~ぼくはテクノカットよりコネチカット」(2020年4月配信、作・演出:高羽彩[93]

イベント[編集]

2010年
2011年
  • 次世代アイドルお台場サミット in MEGA WEB エビフェスvol.4 supported by HMV(2011年6月26日、MEGA WEB トヨタシティショウケース)
  • GIRLS♥GIRLS♥GIRLS 第2回ライブイベント Second Kiss!!(2011年7月30日、Shibuya duo MUSIC EXCHANGE)
  • TOKYO IDOL FESTIVAL 2011 Eco & Smile(2011年8月27日 - 28日、お台場特設会場(フジテレビ湾岸スタジオ))
  • @JAM2011(2011年11月3日、新木場 STUDIO COAST
2012年
2013年
  • めざましライブ2013(2013年8月6日、お台場合衆国)
  • 氣志團万博2013 房総爆音梁山泊(2013年9月15日、袖ヶ浦海浜公園特設ステージ)
  • イナズマロックフェス2013(2013年9月21日、滋賀県烏丸半島芝生広場)
2014年
  • 3B junior Live Final “俺の藤井” 2014(2014年1月4日、群馬・グリーンドーム前橋)[174]
  • ニコニコ超会議3(2014年4月26日、千葉・幕張メッセ)[175]
  • 極東ロックンロール・ハイスクール 第弐章(2014年6月26日、Zepp tokyo)[176][177]
  • めざましライブ2014(2014年7月22日、東京・お台場)[178]
  • GIRLS' FACTORY 14(2014年8月19日、東京・国立代々木競技場第一体育館)[179]
  • 氣志團万博2014(2014年9月13日、千葉・袖ケ浦海浜公園)[180]
  • イナズマロック フェス 2014(2014年9月14日、滋賀・烏丸半島芝生広場)[181]
  • サークルKサンクス ハロウィン新商品発表 ハロウィンだよ!全員着用~!!“ハロウィンパーティミニライブ”(2014年10月13日、東京・インターシティホール)[182]
2015年
  • KAWAII POP FES by@JAM×J-GIRL POP WAVE vol.4(2015年1月25日、台湾)[183]
  • ニコニコ超会議2015(2015年4月26日、幕張メッセ)[184][185]
  • YATSUI FESTIVAL! 2015(2015年6月20日、21日)[186][187]
  • JOIN ALIVE 2015(2015年7月19日、北海道・いわみざわ公園)
  • めざましライブ(2015年7月28日、東京・お台場)[188]
  • GIRLS' FACTORY 15(2015年8月3日、東京・国立代々木競技場第一体育館)
  • 坂崎幸之助のももいろフォーク村デラックス 第50夜(2015年8月5日、東京・国立代々木競技場第一体育館)[189]
  • @JAM EXPO 2015(2015年8月29日、神奈川・横浜アリーナ)[190]
  • ゴッドタン マジ歌ライブ in 東京国際フォーラム~9年目の本気がここにある~(2015年9月17日、東京・東京国際フォーラム ホールA)[191]
  • 氣志團万博2015 ~房総!抗争!天下無双!妄想!狂騒!大暴走!~ Presented by シミズオクト(2015年9月20日、千葉・袖ケ浦海浜公園)[192]
  • TOWER RECORDS presents Bowline 2015 curated by クリープハイプ & TOWER RECORDS(2015年9月27日、千葉・幕張メッセ)
  • ユニコーン EBI50祭 海老乃大漁祭(2015年10月2-3日、神奈川・パシフィコ横浜国立大ホール)[193][194]
  • めざましテレビ presents T-SPOOK(2015年10月25日、東京・ODAIBA HALLOWEEN PARK)
2016年
  • 俺の藤井 2016 in さいたまスーパーアリーナ ~Tynamite!!~「第1回 ワンデイワールドリーグ戦(2016年1月8日、さいたまスーパーアリーナ)[195]
  • 俺の藤井 2016 in さいたまスーパーアリーナ ~Tynamite!!~「やっぱりライブ!スタフェス~2016~」(2016年1月9日、さいたまスーパーアリーナ)[196]
    • Blu-ray「俺の藤井 2016 in さいたまスーパーアリーナ~Tynamite!!~」(2016年5月25日発売、ZXRB-3010 / ZXRB-3012 / ZXRB-3014)に収録。
  • uP!!! presents MUSIC SHOWER チュートリアルの徳ダネ福キタル♪ SPECIAL LIVE Vol.2(2016年2月20日、東京・豊洲PIT)[197]
  • ニコニコ超会議2016(2016年4月29日、幕張メッセ)[198]
  • a-nation island「GIRLS' FACTORY16」(2016年7月31日、東京・国立代々木競技場第一体育館)
  • めざましライブ(2016年8月9日、東京・みんなの夢大陸 GOLD SUMMER スタジアム)[199]
  • NO FEAR FESTIVAL 2016(2016年8月28日、台湾・台中市)
  • 氣志團万博2016 ~房総ロックンロール・チャンピオン・カーニバル~ Presented by シミズオクト(2016年9月18日、千葉・袖ヶ浦海浜公園)[200]
  • @JAM×ナタリー EXPO 2016(2016年9月24日、千葉・幕張メッセ)[201]
  • めざましテレビ presents T-SPOOK ~TOKYO HALLOWEEN PARTY~ 2016(2016年10月29日、東京・お台場)[202]
2017年
  • めざましライブ(2017年7月25日、東京・みんなの夢大陸 スマイルランド HOT SUMMERスタジアム)[203]
  • TOKYO IDOL FESTIVAL 2017(2017年8月4日、東京・お台場 青海周辺エリア)[204]
  • ももクロ 夏のバカ騒ぎ 2017 SIF(しがこうげんアイドルフェスティバル)(2017年8月5日、東京・味の素スタジアム 隣接エリア「ヤジスタ」)
  • TOKYO FM「リアル頑張ってる途中」番組一周年記念公開収録&新曲「YELL」初披露しちゃいますミニライブ(2017年8月6日、大阪・立命館大学大阪いばらきキャンパス) 公式動画 - YouTube
  • @JAM EXPO 2017(2017年8月27日、神奈川・横浜アリーナ)[205]
  • HMV presents BULLET TRAIN 5th Anniversary Special「超フェス」(2017年8月30日、東京・チームスマイル・豊洲PIT、超特急との対バン)[206][207]
  • PIA 45th ANNIVERSARY MUSIC COMPLEX 2017(2017年9月9日、東京・若洲公園)
  • シミズオクト Presents 氣志團万博2017 ~房総与太郎爆音マシマシ、ロックンロールチョモランマ~(2017年9月16日、千葉・袖ケ浦海浜公園)[208]
  • TOKUFUKU LIVE Connect! Vol.2(2017年10月13日、東京・新木場STUDIO COAST、BiSHとの対バン)[209]
  • rockin'on presents COUNTDOWN JAPAN 17/18(2017年12月28日、千葉・幕張メッセ)
2018年
  • ハイテンションフェス2018(2018年5月15日、東京・TSUTAYA O-EAST、HERE結成10周年)[210]
  • ホノルル駅伝&音楽フェス2018「EXPO&音楽フェス」(2018年5月19日、ハワイ・ホノルル市)
  • マジ歌ライブ2018 in 横浜アリーナ~今夜一発いくかい?~(2018年5月31日、神奈川・横浜アリーナ)
  • LOVE in Action Meeting(LIVE)(2018年6月12日、東京・東京国際フォーラム ホールC)[211][212]
  • 夏S 2018 ももクロトリビュート~みんなで10周年をお祝いしちゃうぞ!~(2018年7月28日、埼玉・メットライフドーム)[213]
  • TOKYO IDOL FESTIVAL 2018(2018年8月3日、東京・お台場 青海周辺エリア)[214]
  • ホットフィールド2018(2018年8月4日、富山・黒部市宮野運動公園)
  • ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018(2018年8月12日、茨城・国営ひたち海浜公園)[215]
  • @JAM EXPO 2018(2018年8月26日、神奈川・横浜アリーナ)[216]
  • SUNNY TRAIN REVUE~テレビがフェス作っちゃいました~(2018年9月29日、愛知・蒲郡ラグーナビーチ)[217]
  • rockin'on presents COUNTDOWN JAPAN 18/19(2018年12月30日、千葉・幕張メッセ)[218]
2019年
  • エビ展 ~永遠に中学生の彼女たち~ presented by ナタリー(2019年4月)[219]
  • HMV presents『DISH// やる気マンマン2マンLIVE』~富士山、 富士急から見るか?山中湖から見るか?今日はマウントポジションとりいくよ!~(2019年7月5日、東京・チームスマイル・豊洲PIT)[220][221]
  • ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019(2019年8月4日、茨城・国営ひたち海浜公園、結成10周年記念日)[81]
  • シミズオクト Presents 氣志團万博2019 ~房総ロックンロール最高びんびん物語~(2019年9月15日、千葉・袖ケ浦海浜公園)[222][223]
  • EXPERIENCE VOL.1(2019年11月21日、千葉・幕張イベントホール)[224]
  • タワーレコード40周年 Pop'n アイドル04(2019年11月27日、東京・TSUTAYA O-EAST)[225]
  • rockin'on presents COUNTDOWN JAPAN 19/20(2019年12月29日、千葉・幕張メッセ)[226]
2020年

その他出演[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

3B junior名義(旧3B junior
私立恵比寿中学単独
  • 私立恵比寿中学 思い出アルバム 林間学校編 (東京ニュース通信社、2013年10月) ISBN 978-4-86336-346-5
  • 私立恵比寿中学 思い出アルバム 2014 in 沖縄 海浜学校編 (東京ニュース通信社、2014年10月) ISBN 978-4-86336-429-5
  • 私立恵比寿中学 EbiTour 2015 in 香港 エビ中の世界制服ツアー (東京ニュース通信社、2015年11月) ISBN 978-4-86336-512-4
  • 私立恵比寿中学 EbiTour 2016 in guam エビ中探検隊の秘境ツアー (東京ニュース通信社、2016年11月) ISBN 978-4-86336-610-7
  • 私立恵比寿中学修学旅行 (小学館、2017年1月) ISBN 978-4-09-682226-5
  • 私立恵比寿中学 EbiTour 2017 in ベトナム なないろのアオザイで世界遺産ツアー (東京ニュース通信社、2017年9月) ISBN 978-4-86336-679-4
  • 渋谷区写真集「SHIBUYA-KU」(SHIBUYA TSUTAYA、2019年9月18日、制作協力:一般財団法人 渋谷区観光協会/AOI Pro)

その他書籍[編集]

  • 私立恵比寿中学 HISTORY 幸せの貼り紙はいつもどこかに(東京ニュース通信社、2019年9月19日)[233]
  • 連載 月間エンタメ「私立恵比寿中学 サブカルの奥のほそ道」(2017年 - )

用語[編集]

  • エビ中(えびちゅう) - 私立恵比寿中学の愛称。なお、「私立恵比寿中学」は誤表記で、そのような中学校は実在しない。
  • 永遠に中学生 - 私立恵比寿中学のコンセプト。楽曲「永遠に中学生」は2012年のアルバム「エビ中の絶盤ベスト〜おわらない青春〜」等に収録。
  • 中学〇年生 - 「永遠に中学生」というコンセプトのため、「中学4年生」「中学5年生」「中学6年生」「中学7年生」…と中学生のまま進級していく。
  • エビ中ファミリー(ファミリー) - 私立恵比寿中学のファン。
  • 学芸会 - 「King of 学芸会」を自称する私立恵比寿中学のライブ。特に大きなライブは「学芸会」となる。
  • ebiture - ライブのオープニングで流れる出囃子。「♪私立恵比寿中学 父兄の皆様 お待たせしました ご起立ください ただいまより 私立恵比寿中学 学芸会を 上映致します!」から始まる。
  • 自己紹介 - 「朝のチャイムがなりました! 私たち、私立恵比寿中学です!」
  • 転校・転入 - メンバーの脱退は「転校」、メンバーの加入は「転入」と称す。
  • 秘密結社★ブラックタイガー - 私立恵比寿中学公式ファンクラブ(2014年1月5日発足)。
  • 校長 - チーフマネージャー藤井ユーイチの愛称(藤井校長)。
  • かりそめ先生 - A&Rを担当する石崎裕士の愛称。
  • 国語の先生 - 近藤キネオの愛称。ドキュメンタリー「EVERYTHING POINT」シリーズの監督やライブ演出を担当する。
  • 出席番号 - 加入順を基本にして設定された番号。自己紹介などでは「出席番号3番、真山りか」のように名乗る。3:真山、5:安本、7:星名、10:柏木、11小林、12:中山となっている。
  • メンバーカラー - メンバーのイメージカラー。 真山■紫安本■緑星名■ピンク柏木■オレンジ小林■黄色中山■水色となっている。なお公式のペンライトには青色、赤色が搭載されているものがあるが、それぞれグループ全体を応援する場合(いわゆる"箱推し")に使われている。
  • 各メンバーの愛称
  • 各メンバーの自己紹介
    • 真山「上から〜読んでも〜(まやまー!)下から〜読んでも〜(まやまー!)エビ中のハイテンションガール↑、出席番号3番、真山りかです。」
    • 安本「お待たせしました(待ってました)盛り上げますよ。いきますよ。それそれそれそれ(それそれそれそれ)アゲアゲアゲアゲ(アゲアゲアゲアゲ)よっし!(よっし!)トマト大好きリコピン少女、出席番号5番、安本彩花です。」
    • 星名「あなたのハートが(ほっしーな!)みんなの声援(ほっしーな!)盛り上がって~(ほっしーな!)エビ中の今どき革命ガール!出席番号ラッキー7星名美怜です。」
    • 柏木「♪お〜もち も〜ちもち 柏木ひなた♪(「雪見だいふく」にのせて)降っても晴れてもひなた日和。エビ中のいつも笑顔なおもちゃ箱 出席番号10番おもちこと柏木ひなたです。」
    • 小林「じゃんけん(ぽー!)あっちむいて(ぽー!) じゃんけん(ぽー!)こっちむいて (ぽーちゃん!)歌う稲穂、ダンシングライス、出席番号11番小林歌穂です。」
    • 中山「莉子三三七拍子いくぞー!タンタンタン!タンタンタン!タンタンタンタンタン(りったん!)タンタンタン!タンタンタン!みんなで一緒に(エイエイオー!)さそり座の中学生、出席番号12番中山莉子です!」

ボイストレーナーは「西山恵美子」、振り付け・ダンスの指導は「續いくえ」らが担当。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし(中学から数えて)4・5・6年生の呼称そのものは一部の中等教育学校(=中高一貫校)で実際に使用している事例もある(高校1・2・3年生に相当する呼称)。
  2. ^ 同日のライブは欠席、年末(2017年度のみ翌年の年始)のライブで欠席者が出るのは初である。さらに、翌25日の「クリスマス大学芸会2018~スペシャルロイヤルケーキ~」も大事をとり欠席した。24日の楽曲における星名パートはメンバー全員で、25日は各メンバーで振り分けられた。30日、星名のケガはステージから落ちた際に頭を打ったもので、顔の腫れも出ていることから一時活動を休止することが発表された。
  3. ^ カバーシングル。当初は瑞季・宇野・宮崎・真山・杏野・安本の6人が写ったジャケット。2010年6月27日『スタ☆フェス vol.12』販売分より、矢野・廣田・星名・小池・鈴木・松野も加わった12人によるジャケットに変更。
  4. ^ a b c これらのシングルは元々、ライブイベントなどでの手売りだったが、2010年11月9日より全国のHMVでも販売されるようになった。

出典[編集]

  1. ^ a b ★8/4 1周年★(瑞季)”. 私立恵比寿中学オフィシャルブログ (2010年8月5日). 2011年4月19日閲覧。
  2. ^ 【がんばれ!ニッポン!全員団結プロジェクト】スペシャル応援団員 私立恵比寿中学の皆さんからのメッセージ - JapanOlympicTeam 公式YouTube 2020年1月12日
  3. ^ えびぞりダイアモンド!! 発売によせて〜その1〜”. 私立恵比寿中学オフィシャルブログ (2010年8月6日). 2012年3月7日閲覧。
  4. ^ 私立恵比寿中学、初ワンマンは10月8日(土)渋谷O-EASTにて”. BARKSニュース (2011年6月27日). 2012年4月21日閲覧。
  5. ^ 学芸会が止まらない!エビ中新作「もっと走れっ!!」10月発売”. ナタリー (2011年9月5日). 2012年4月21日閲覧。
  6. ^ Shibuya-O Group. “O-EAST EVENT SCHEDULE 2011年10月”. 2012年4月21日閲覧。
  7. ^ 「ももクロ」妹分・私立恵比寿中学がメジャーデビュー”. オリコン (2012年2月22日). 2012年4月21日閲覧。
  8. ^ 「ケン・ヒライの妹分に」エビ中デビュー“仮”契約調印式”. ナタリー (2012年3月4日). 2012年4月21日閲覧。
  9. ^ a b “サプライズ続出!エビ中のうっかり&ちゃっかり学芸会”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2012年4月2日). https://natalie.mu/music/news/67165 2020年2月8日閲覧。 
  10. ^ a b “エビ中ツアーで新曲披露、ほうきギターで超絶メタル”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2012年3月13日). https://natalie.mu/music/news/66019 2020年2月8日閲覧。 
  11. ^ a b “新曲ユニットなんでもあり!エビ中、初めてのホール学芸会”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2012年7月2日). https://natalie.mu/music/news/72194 2020年2月6日閲覧。 
  12. ^ a b “エビ中、夏の最新シングル引っさげ「はじける汗の塩天国」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2012年6月26日). https://natalie.mu/music/news/71850 2020年2月8日閲覧。 
  13. ^ a b “私立恵比寿中学、ツアー初日に3rdシングル初公開”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2012年11月5日). https://natalie.mu/music/news/79460 2020年2月8日閲覧。 
  14. ^ a b “エビ中ツアー最終公演でぁぃぁぃ生誕&歓喜のチャート発表”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年1月22日). https://natalie.mu/music/news/83538 2020年2月8日閲覧。 
  15. ^ a b “エビ中「アイドル原始時代」でKing of 学芸会の本領発揮”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2012年12月16日). https://natalie.mu/music/news/81675 2020年2月8日閲覧。 
  16. ^ a b “エビ中とんでんツアー開幕、鈴木裕乃は「負けないで」熱唱”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年4月22日). https://natalie.mu/music/news/89183 2020年2月8日閲覧。 
  17. ^ a b “エビ中、ツアーの締めくくりは乾杯で「お疲れちゃーん!」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年6月10日). https://natalie.mu/music/news/92455 2020年2月8日閲覧。 
  18. ^ a b “エビ中、夏の河口湖ファミリー遠足で噴水&打ち上げ花火”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年7月29日). https://natalie.mu/music/news/96009 2020年2月3日閲覧。 
  19. ^ a b “私立恵比寿中学、秋ツアーで「全人類中学生化計画」進行”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年9月24日). https://natalie.mu/music/news/99971 2020年2月8日閲覧。 
  20. ^ a b “エビ中ツアー最終公演で“未確認中学生”勢揃い&新曲披露”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年11月20日). https://natalie.mu/music/news/103985 2020年2月8日閲覧。 
  21. ^ エビ中、日本人史上最速でさいたまスーパーアリーナ公演達成!”. SANSPO.COM (2013年12月9日). 2014年1月3日閲覧。
  22. ^ a b “エビ中1万人超えSSAで笑顔と感動の大スペクタクル学芸会”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年12月9日). https://natalie.mu/music/news/105350 2020年2月8日閲覧。 
  23. ^ “エビ中に新入生!スタダ3B小林歌穂と中山莉子が“転入””. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年1月4日). https://natalie.mu/music/news/107067 2020年2月8日閲覧。 
  24. ^ a b “エビ中大阪公演、転入生かほりこ初ステージで新曲お披露目”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年3月22日). https://natalie.mu/music/news/112715 2020年2月9日閲覧。 
  25. ^ a b “エビ中初の武道館で合同出発式、前を向いてそれぞれの道へ”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年4月16日). https://natalie.mu/music/news/114600 2020年2月3日閲覧。 
  26. ^ a b “エビ中生まれ変わりツアー大阪で開幕、最終公演はLV中継も”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年4月28日). https://natalie.mu/music/news/115468 2020年2月3日閲覧。 
  27. ^ a b “エビ中新体制の変化見せるツアーで“珍しく王道”な新曲披露”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年5月7日). https://natalie.mu/music/news/116050 2020年2月3日閲覧。 
  28. ^ a b “エビ中ツアー後半へ!Zepp Fukuokaで宣言通り新曲披露”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年5月26日). https://natalie.mu/music/news/117507 2020年2月3日閲覧。 
  29. ^ a b “エビ中、進化を見せた生まれ変わりツアーで松野&柏木ソロ”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年6月16日). https://natalie.mu/music/news/119022 2020年2月3日閲覧。 
  30. ^ a b “エビ中、富士山のふもとで夏の「ファミえん」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年8月3日). https://natalie.mu/music/news/122699 2020年2月3日閲覧。 
  31. ^ a b “エビ中ツアー開幕戦で「ハイタテキ!」初披露”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年9月16日). https://natalie.mu/music/news/126241 2020年2月3日閲覧。 
  32. ^ a b c “エビ中ツアー秋田編、モグPぁぃぁぃソロも”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年9月29日). https://natalie.mu/music/news/127277 2020年2月3日閲覧。 
  33. ^ a b “エビ中“大学芸会”で横アリが巨大おもちゃ箱に”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年11月4日). https://natalie.mu/music/news/130371 2020年2月3日閲覧。 
  34. ^ a b “「エビ中ファミリーは宝物!」“最強の8人”が送る大学芸会”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年11月10日). https://natalie.mu/music/news/130806 2020年2月3日閲覧。 
  35. ^ a b “エビ中、新曲初披露&バンド生演奏ありのXmas公演1日目”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年12月20日). https://natalie.mu/music/news/134321 2020年2月3日閲覧。 
  36. ^ a b “エビ中、初の360度ステージライブは南の島で「エビークリスマス!」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年12月22日). https://natalie.mu/music/news/134412 2020年2月3日閲覧。 
  37. ^ “エビ中が念願の金曜8時に!三代目、ジャニーズWESTらと「Mステ」出演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年1月30日). https://natalie.mu/music/news/137388 2020年2月8日閲覧。 
  38. ^ “エビ中劇団シアターシュリンプ、第1回公演は学校が舞台の本格ドタバタ劇”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年3月12日). https://natalie.mu/music/news/140722 2020年2月29日閲覧。 
  39. ^ a b “エビ中ツアー宮城で開幕、舞台音楽はチャランポ小春”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年4月11日). https://natalie.mu/music/news/143850 2020年2月3日閲覧。 
  40. ^ a b “エビ中と吟遊詩人の旅、チャランポ中学乱入と感動サプライズで大団円”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年6月29日). https://natalie.mu/music/news/152186 2020年3月1日閲覧。 
  41. ^ a b “エビ中「ファミえん」、新潟の国立公園で9000人と水浸し”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年8月23日). https://natalie.mu/music/news/157869 2020年2月3日閲覧。 
  42. ^ a b “エビ中、秋田での初ワンマン「私立恵比寿中学秋田分校 はじめての学芸会!」は秋田尽くし!”. うたまっぷNEWS (有限会社インターライズ). (2015年9月24日). https://news.utamap.com/music/160754/ 2020年2月3日閲覧。 
  43. ^ a b “あの未確認中学生が帰ってきた!エビ中、2年ぶりのSSA大学芸会”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年12月15日). https://natalie.mu/music/news/169298 2020年2月3日閲覧。 
  44. ^ エビ中ひなた突発性難聴により握手会中止、アルバム発売も延期に”. 音楽ナタリー (2015年12月17日). 2015年12月17日閲覧。
  45. ^ a b “エビ中ツアー開幕戦、ひなた地元でライブ復帰「完走できるようがんばります」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年4月24日). https://natalie.mu/music/news/184837 2020年2月3日閲覧。 
  46. ^ a b “エビ中の絆深まる春ツアー終幕、千秋楽にはHERE&桜エビ~ずも登場”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年7月4日). https://natalie.mu/music/news/193269 2020年2月3日閲覧。 
  47. ^ a b “エビ中、夏の恒例「ファミえん」でずぶ濡れ!水もしたたるいい中学生に”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年8月22日). https://natalie.mu/music/news/198948 2020年2月3日閲覧。 
  48. ^ a b “私立恵比寿中学 今年2度目となるワンマンコンサートTOURスタート!”. スターダスト ニュース (スターダストプロモーション). (2016年9月23日). https://www.stardust.co.jp/news/?id=5502 2020年2月3日閲覧。 
  49. ^ a b “メンバーが海の世界をガイド!2日間のエビ中“クリスマス大学芸会””. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年12月24日). https://natalie.mu/music/news/214517 2020年2月3日閲覧。 
  50. ^ アイドルグループ「私立恵比寿中学」松野莉奈さん死去 18歳,FNN (2017年2月8日)2017年2月8日閲覧
  51. ^ “エビ中・松野さんは「致死性不整脈」 死因発表に「ホント悔やみきれない」”. ジェイ・キャスト. (2017年2月10日). http://www.j-cast.com/2017/02/10290340.html 2017年2月25日閲覧。 
  52. ^ 越生梅林梅まつり”. 東武鉄道. 2017年2月25日閲覧。
  53. ^ エビ中、7人で新学期スタート 5・31新アルバム『エビクラシー』”. ORICON NEWS (2017年4月2日). 2017年4月9日閲覧。
  54. ^ a b “エビ中、7人で回る春ツアー開幕「今日のライブで自信が付きました」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年4月22日). https://natalie.mu/music/news/229886 2020年2月3日閲覧。 
  55. ^ a b “エビ中、松野莉奈への思い込めたツアー千秋楽「これからも、君とここにいる」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年7月18日). https://natalie.mu/music/news/241243 2020年2月3日閲覧。 
  56. ^ a b “エビ中、青空に歌声響かせた5年目の「ファミえん」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年8月28日). https://natalie.mu/music/news/246355 2020年2月3日閲覧。 
  57. ^ a b “エビ中が秋の秩父で初の試み「ちゅうおん」、バンドや鈴虫と音楽の調べ”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年9月24日). https://natalie.mu/music/news/250010 2020年2月3日閲覧。 
  58. ^ a b “私立恵比寿中学、秋ツアー初日で「シンガロン・シンガソン」初披露”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年10月9日). https://natalie.mu/music/news/251996 2020年2月3日閲覧。 
  59. ^ a b “私立恵比寿中学、廣田あいかラストツアー閉幕「エビ中ってすごく熱いんだな」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年11月25日). https://natalie.mu/music/news/258251 2020年2月3日閲覧。 
  60. ^ a b “エビ中愛にあふれた廣田あいか転校公演、メンバーに“推し変”の置き土産”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年1月5日). https://natalie.mu/music/news/264035 2019年10月29日閲覧。 
  61. ^ a b “エビ中、新体制初ライブで見せつけた6人の誇り「これが“ebichu pride”だ!」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年1月5日). https://natalie.mu/music/news/264036 2019年10月29日閲覧。 
  62. ^ a b “エビ中、6人体制で挑む春ツアー開幕戦で「でかどんでん」お披露目”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年4月21日). https://natalie.mu/music/news/279157 2019年10月29日閲覧。 
  63. ^ a b “エビ中、春ツアー北海道公演で全編ツインボーカル曲「イート・ザ・大目玉」初披露”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年6月30日). https://natalie.mu/music/news/289198 2019年10月30日閲覧。 
  64. ^ a b “エビ中が絵本から飛び出して繰り広げた春ツアーの物語、国際フォーラムで大団円”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年7月23日). https://natalie.mu/music/news/292191 2019年10月30日閲覧。 
  65. ^ “椎名林檎トリビュートに宇多田&小袋、カエラ、エビ中、LiSA、マサムネVoバンドら”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年3月2日). https://natalie.mu/music/news/271827 2020年2月6日閲覧。 
  66. ^ “エビ中楽曲サブスク一斉解禁、椎名林檎カバー「自由へ道連れ」ライブ動画公開”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年5月23日). https://natalie.mu/music/news/283314 2020年2月6日閲覧。 
  67. ^ “エビ中が恵比寿観光大使に就任、大人の街恵比寿を同世代にもアピール”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年6月1日). https://natalie.mu/music/news/284730 2019年10月30日閲覧。 
  68. ^ a b “エビ中、平成最後の「ファミえん」昼夜で2つの表情見せた2DAYS”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年8月21日). https://natalie.mu/music/news/296212 2019年10月29日閲覧。 
  69. ^ a b “エビ中、キンモクセイの香りに包まれて2度目の秋コンサート「ちゅうおん」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年9月23日). https://natalie.mu/music/news/300907 2019年10月29日閲覧。 
  70. ^ a b “エビ中10周年に向け義務教育からの卒業、秋ツアーの流れは日直が決める”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年11月5日). https://natalie.mu/music/news/306620 2019年10月29日閲覧。 
  71. ^ a b “エビ中からのプレゼント受け取って!クリスマス大学芸会3DAYSで2018年の総決算”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年12月27日). https://natalie.mu/music/news/313995 2019年10月29日閲覧。 
  72. ^ “エビ中・星名美怜、リハーサル中のケガで「クリスマス」イベントの出演見送り”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年12月24日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181224-OHT1T50114.html 2018年12月30日閲覧。 
  73. ^ “エビ中・星名美怜が一時活動休止 リハ中にけが…頭打ち顔が腫れる”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年12月30日). https://www.sanspo.com/geino/news/20181230/ido18123018320001-n1.html 2018年12月30日閲覧。 
  74. ^ “エビ中新作に宮藤官九郎、港カヲル、ニューロティカ参加曲「元気しかない!」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年3月12日). https://natalie.mu/music/news/323467 2020年2月6日閲覧。 
  75. ^ “新元号「令和」 私立恵比寿中学の「梅」にも注目”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2019年4月1日). https://mainichi.jp/articles/20190401/k00/00m/040/270000c 2020年2月9日閲覧。 
  76. ^ “私立恵比寿中学「梅(令和ver.)」のMV公開”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年5月1日). https://natalie.mu/music/news/330113 2020年2月9日閲覧。 
  77. ^ a b “エビ中のライブハウスツアー開幕、でんぱ組.incら3組との合同合唱コンクール決定”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年4月7日). https://natalie.mu/music/news/327029 2019年10月29日閲覧。 
  78. ^ “私立恵比寿中学の主演ドラマ4月より放送、川谷絵音が楽曲手がけ本人役で出演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年2月17日). https://natalie.mu/eiga/news/320281 2020年2月6日閲覧。 
  79. ^ “私立恵比寿中学、川谷絵音手がけた主演ドラマ主題歌をシングルリリース”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年3月31日). https://natalie.mu/music/news/326123 2020年2月6日閲覧。 
  80. ^ a b “エビ中開校10年史を音楽でつないだ「MUSiC」フェスで豪華共演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年6月23日). https://natalie.mu/music/news/336830 2019年10月29日閲覧。 
  81. ^ a b “【ライブレポート】私立恵比寿中学が結成10周年の記念日となる日に、満を持してLAKE STAGEでパフォーマンス!<ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019>”. WWSchannel (WWS JAPAN 株式会社). (2019年8月22日). http://www.wws-channel.com/music2/162336.html 2020年2月6日閲覧。 
  82. ^ a b “エビ中、30tの水でずぶ濡れ「ファミえん令和元年」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年8月19日). https://natalie.mu/music/news/344101 2019年10月29日閲覧。 
  83. ^ a b “私立恵比寿中学「世界を旅してお祝いする」ツアーが東京で開幕”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年9月21日). https://natalie.mu/music/news/348555 2019年10月29日閲覧。 
  84. ^ a b “エビ中が世界を旅する秋ツアー、横浜公演で石崎ひゅーい提供曲を初披露”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年11月25日). https://natalie.mu/music/news/356840 2020年1月31日閲覧。 
  85. ^ a b “エビ中の世界航海ホールツアー、ファイナルの北海道で「6人でまた戻ってきます」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年12月9日). https://natalie.mu/music/news/358648 2020年1月31日閲覧。 
  86. ^ “エビ中安本彩花、しばらく活動を休止”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年10月18日). https://natalie.mu/music/news/352050 2019年10月18日閲覧。 
  87. ^ 安本彩花 活動再開のお知らせ 私立恵比寿中学オフィシャルサイト|お知らせ
  88. ^ a b “エビ中、アイドル初の「あきた美の国ガールズ」に就任”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2019年10月20日). https://www.barks.jp/news/?id=1000173285 2019年10月30日閲覧。 
  89. ^ a b “私立恵比寿中学、安本彩花も共に歌ったバンドセットの「大学芸会」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年12月23日). https://natalie.mu/music/news/360732 2020年1月31日閲覧。 
  90. ^ a b “エビ中、歌い残しは年内に!初のカウントダウンでねずみ年の幕開け”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2020年1月2日). https://natalie.mu/music/news/361891 2020年1月31日閲覧。 
  91. ^ a b “「がんばれ!ニッポン!」ももクロ、エビ中、AI、白石麻衣、指原莉乃らがオリンピック応援”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2020年1月12日). https://natalie.mu/music/news/362911 2020年1月31日閲覧。 
  92. ^ “私立恵比寿中学の安本彩花、活動再開を発表”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2020年3月23日). https://natalie.mu/music/news/372407 2020年3月23日閲覧。 
  93. ^ a b “私立恵比寿中学、4年ぶり主演舞台に意気込み”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2020年2月3日). https://natalie.mu/music/news/365773 2020年2月3日閲覧。 
  94. ^ 3日という記載があるが、公式パンフレットには8月下旬という記載があり、また、10月25日という記載もある
  95. ^ エビ中から瑞季、杏野、鈴木が“転校”4月に日本武道館で”. ナタリー (2013年12月26日). 2014年1月4日閲覧。
  96. ^ エビ中に新入生!スタダ3B小林歌穂と中山莉子が“転入””. ナタリー (2014年1月4日). 2014年1月4日閲覧。
  97. ^ 学芸会”. 私立恵比寿中学公式HP. 2016年11月18日閲覧。
  98. ^ ハタチです!!まやまです!!”. 私立恵比寿中学公式ブログ (2016年12月16日). 2016年12月16日閲覧。
  99. ^ エビ中・廣田あいか“転校”を発表 来年1月3日武道館公演で脱退へ”. ORICON NEWS (2017年8月31日). 2017年8月31日閲覧。
  100. ^ CD+TOWEL
    【通常盤】+【会場予約限定盤】+【forTUNE限定盤】
  101. ^ “私立恵比寿中学が「アトロク」に再び登場、初出演時のノンストップメドレー配信”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2020年1月20日). https://natalie.mu/music/news/363883 2020年1月31日閲覧。 
  102. ^ “エビ中3rdアルバム「穴空」4月に発売決定、アナーキーな全貌明らかに”. ナタリー. (2016年2月15日). http://natalie.mu/music/news/176273 2016年2月23日閲覧。 
  103. ^ “エビ中伝説のユニット曲が音源化!学芸会限定アルバム発売”. ナタリー. (2013年2月20日). http://natalie.mu/music/news/85239 2013年4月8日閲覧。 
  104. ^ “エビ中ユニットアルバムSSA盤で「フレサイ」初音源化”. ナタリー. (2013年11月26日). http://natalie.mu/music/news/85239 2014年1月2日閲覧。 
  105. ^ 私立恵比寿中学・エビ中のユニットアルバム さいたまスーパーアリーナ盤【完全生産限定盤】(2013)・CD・DVD・ブルーレイ・アーティストグッズ・書籍・雑誌の通販”. Sony Music Shop. 2016年12月10日閲覧。
  106. ^ “miwa、いきものがかり、エビ中ら楽曲収めた「胸キュンスカッと」アルバム第2弾発売”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年2月25日). https://natalie.mu/music/news/321484 2019年10月30日閲覧。 
  107. ^ 同時発売!エビ中の歴史がわかるBlu-ray『ベストヒットEBC』 | 私立恵比寿中学8thシングル「夏だぜメモリー」SPECIAL SITE”. Sony Music. 2015年6月8日閲覧。
  108. ^ EVERYTHING POINT -Limited Edition-
  109. ^ “エビ中ドキュメンタリー劇場版第2弾、メンバー&スタッフ登壇ティーチインも”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年1月22日). https://natalie.mu/music/news/266235 2020年2月29日閲覧。 
  110. ^ EVERYTHING POINT -a new beginning-
  111. ^ “エビ中の公式LINEスタンプ登場、中山莉子の「惚れた!」など40種類がセットに”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年6月5日). https://natalie.mu/music/news/334389 2019年10月30日閲覧。 
  112. ^ 星名がリハーサル中の怪我で出演を見合わせたため真山1人で披露
  113. ^ 星名が前日のリハーサル中の怪我で出演を見合わせたため安本とのユニットで披露
  114. ^ “エビ中・廣田あいか、武道館でアイドル活動に幕 6人新体制で新曲初披露も”. ORICON MUSIC (オリコン株式会社). (2018年1月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2103618/ 2020年3月19日閲覧。 
  115. ^ “エビ中、幕張メッセ・イベントホールにて初の3DAYS大学芸会を開催!結成10周年を迎える2019年に、2枚のフルアルバム、春ツアー&初の「エビ中フェス(仮)」開催を連日サプライズ発表!”. WWSchannel (WWS JAPAN 株式会社). (2018年12月26日). http://www.wws-channel.com/music2/119693.html 2020年3月19日閲覧。 
  116. ^ “エビ中、<クリスマス大学芸会>初日公演で、ニューALリリース発表&新曲初披露!”. Pop'n'ROll (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2018年12月24日). https://popnroll.tv/articles/1084 2020年3月19日閲覧。 
  117. ^ “エビ中、幕張メッセ・イベントホールにて初の3DAYS大学芸会を開催! 秋に6th full Albumのリリースを発表!”. WWSchannel (WWS JAPAN 株式会社). (2018年12月24日). http://www.wws-channel.com/girls2/119534.html 2020年3月19日閲覧。 
  118. ^ “私立恵比寿中学ライブレポート”. Skream! (激ロックエンタテインメント株式会社). (2020年1月20日). https://skream.jp/livereport/2020/01/ebichu.php 2020年1月31日閲覧。 
  119. ^ “エビ中、幕張メッセにてフルバンドで<大学芸会>「本当にありがとうの気持ちでいっぱい」”. BRAKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2019年12月23日). https://www.barks.jp/news/?id=1000176388 2020年2月3日閲覧。 
  120. ^ “エビ中、フルバンドの大学芸会2daysで1万人熱狂 緑と青のペンライトに感激”. ORICON MUSIC (オリコン株式会社). (2019年12月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2151675/ 2020年3月19日閲覧。 
  121. ^ “エビ中10周年ビッグマッチ!幕張メッセ・イベントホールにてフルバンドで大学芸会を開催!”. WWSchannel (WWS JAPAN 株式会社). (2019年12月22日). http://www.wws-channel.com/girls2/182861.html 2020年3月19日閲覧。 
  122. ^ “エビ中、夏の恒例野外ワンマン『ファミえん』初の2DAYS開催!年末の大学芸会・秋ツアーをサプライズ発表!!”. WWSchannel (WWS JAPAN 株式会社). (2018年8月20日). http://www.wws-channel.com/girls2/96247.html 2020年3月19日閲覧。 
  123. ^ “エビ中、秋田分校でコラボ連続の学芸会「秋田はこんなにいい街」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年10月18日). https://natalie.mu/music/news/205896 2020年2月3日閲覧。 
  124. ^ “エビ中が秋田分校で122名+秋田犬と大盛り上がり、翌日はお台場で新曲披露”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年11月13日). https://natalie.mu/music/news/256534 2020年2月3日閲覧。 
  125. ^ “エビ中、クラスメイト総勢135人で作り上げた4年目の「秋田分校」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年10月22日). https://natalie.mu/music/news/304786 2019年10月29日閲覧。 
  126. ^ “私立恵比寿中学(エビ中)がアイドル初の「あきた美の国ガールズ」に就任!”. WWSchannel (WWS JAPAN 株式会社). (2019年10月20日). http://www.wws-channel.com/girls2/173026.html 2020年3月19日閲覧。 
  127. ^ 私立恵比寿中学秋田分校2019 ABS秋田放送
  128. ^ “エビ中、義務教育卒業に向け「全員日直」ツアー!神戸・安本演出は「歌とメッセージ」なまっすぐ勝負!!”. WWSchannel (WWS JAPAN 株式会社). (2018年11月12日). http://www.wws-channel.com/girls2/112839.html 2020年3月19日閲覧。 
  129. ^ “エビ中、『義務教育卒業』ツアーファイナルを迎える!「初めまして福井、さよなら秋ツアー、ありがとう、以上!」開催!!”. WWSchannel (WWS JAPAN 株式会社). (2018年12月3日). http://www.wws-channel.com/girls2/116364.html 2020年3月19日閲覧。 
  130. ^ “エビ中、令和初ライヴで話題の「梅」を復刻衣装でサプライズ披露&最新曲「トレンディーガール」初披露!!”. WWSchannel (WWS JAPAN 株式会社). (2019年5月3日). http://www.wws-channel.com/girls2/142140.html 2020年3月19日閲覧。 
  131. ^ “私立恵比寿中学、笑い泣き初ワンマンライブをDVDリリース”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2011年12月30日). https://natalie.mu/music/news/62078 2020年2月8日閲覧。 
  132. ^ “エビ中、初の野外学芸会で新曲連発&トリプルアンコール”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年4月1日). https://natalie.mu/music/news/87863 2020年2月8日閲覧。 
  133. ^ “エビ中浪速ワンマン「中学生もつらいよ」にユニット再登場”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年5月1日). https://natalie.mu/music/news/89841 2020年2月8日閲覧。 
  134. ^ “エビ中、8人の幕張メッセ公演に杏野なつからのビデオレター”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年3月10日). https://natalie.mu/music/news/111645 2020年2月9日閲覧。 
  135. ^ “エビ中×流れ星、舞浜で即興コント&ひじ祭り”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年10月20日). https://natalie.mu/music/news/129072 2020年3月11日閲覧。 
  136. ^ “干され曲なんてない!エビ中のレア曲満載公演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年10月20日). https://natalie.mu/music/news/129126 2020年3月11日閲覧。 
  137. ^ “エビ中、2015年のライブ初め&2度目の青年館はまさかの6人体制で”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年1月8日). https://natalie.mu/music/news/135732 2020年2月8日閲覧。 
  138. ^ “絆深まったエビしゃちライブで「七日間戦争」平和に終戦”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年1月13日). https://natalie.mu/music/news/136032 2020年2月8日閲覧。 
  139. ^ “エビ中セルフプロデュースの新企画「自習」でひなた天龍に”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年8月26日). https://natalie.mu/music/news/97994 2020年2月6日閲覧。 
  140. ^ “エビ中「自習」第2回は真山&瑞季の思い入れたっぷり2公演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年2月24日). https://natalie.mu/music/news/110514 2020年2月6日閲覧。 
  141. ^ a b “エビ中、変化球だらけのメンバープロデュース公演「自習」×3”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年10月11日). https://natalie.mu/music/news/162626 2020年2月6日閲覧。 
  142. ^ a b “エビ中、カホリコの個性を凝縮「自習」ライブ”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年4月2日). https://natalie.mu/music/news/276274 2020年2月6日閲覧。 
  143. ^ “仲良くなれました!エビ中ちゃんとNegicco姉さん、新春ライブで意気投合”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年1月4日). https://natalie.mu/music/news/215662 2020年2月8日閲覧。 
  144. ^ “エビ中×Negicco、エビネギバンドの生演奏に乗ってさらに仲よしに”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年1月26日). https://natalie.mu/music/news/317433 2019年10月29日閲覧。 
  145. ^ “Negicco×エビ中の新潟開催「エビネギ」、世界一平和なジョイントライブでNao☆号泣”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年1月28日). https://natalie.mu/music/news/317726 2019年10月29日閲覧。 
  146. ^ “エビ中×Negicco「エビネギ」最後は打ち上げ二次会、人見知り×人見知り=幸せ”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年2月4日). https://natalie.mu/music/news/318724 2019年10月29日閲覧。 
  147. ^ “エビ中、10周年をお祝いした夜!満員ホールに響いた笑い声と「いやーさかー!」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年4月18日). https://natalie.mu/music/news/328480 2019年10月30日閲覧。 
  148. ^ “エビ中&打首獄門同好会が合同合唱コンクールで10年越しの「私を二郎に連れてって」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年5月21日). https://natalie.mu/music/news/332327 2019年10月29日閲覧。 
  149. ^ “エビ中、合同合唱コンクール開幕!初日は打首獄門同好会と厨二病の中学生だらけの2マン!!”. WWSchannel (WWS JAPAN 株式会社). (2019年5月21日). http://www.wws-channel.com/girls2/145604.html 2020年3月19日閲覧。 
  150. ^ “エビ中“合同合唱コンクール”第2夜!“ほぼ同期”でんぱ組.incと初2マン!!”. WWSchannel (WWS JAPAN 株式会社). (2019年5月23日). http://www.wws-channel.com/girls2/145978.html 2020年3月19日閲覧。 
  151. ^ “エビ中“、合同合唱コンクール”最終夜!フレンズと“渋谷区系お友達”初2マン!!”. WWSchannel (WWS JAPAN 株式会社). (2019年5月24日). http://www.wws-channel.com/music2/146203.html 2020年3月19日閲覧。 
  152. ^ “エビ中、アイドル初の野外フェスに1万人来場 姉貴ももクロら11組が祝福”. ORICON MUSIC (オリコン株式会社). (2019年6月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2138424/ 2020年3月8日閲覧。 
  153. ^ “エビ中、アイドル初の主催野外ライブフェスを開催!豪華アーティストたちが結成10周年のエビ中を祝福!”. WWSchannel (WWS JAPAN 株式会社). (2019年6月24日). http://www.wws-channel.com/girls2/151504.html 2020年3月19日閲覧。 
  154. ^ “私立恵比寿中学がトルコの古代遺跡でライブ、現地の楽曲も披露”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年7月16日). https://natalie.mu/music/news/339931 2019年10月29日閲覧。 
  155. ^ “エビ中が念願の金曜8時に!三代目、ジャニーズWESTらと「Mステ」出演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年1月30日). https://natalie.mu/music/news/137388 2020年2月3日閲覧。 
  156. ^ “エビ中またまた「Mステ」登場!今度は「放課後ゲタ箱」MステVer.で”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年2月17日). https://natalie.mu/music/news/138773 2020年2月3日閲覧。 
  157. ^ “「Mステ」ハロウィンSPにAKB、きゃりー、金爆、エビ中、でんぱ、TOKIO、中島美嘉”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年10月23日). https://natalie.mu/music/news/163872 2020年2月3日閲覧。 
  158. ^ “「FNS歌謡祭」第2弾でセカオワ、エビ中、ゲス、℃-ute、欅坂ら追加”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年11月28日). https://natalie.mu/music/news/167414 2020年2月8日閲覧。 
  159. ^ “「FNS歌謡祭」2週連続で計8時間半放送、出演アーティスト第1弾も発表”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年11月19日). https://natalie.mu/music/news/209993 2020年2月8日閲覧。 
  160. ^ “「Mフェア」にエレカシ、空想委員会、エビ中、w-inds.ら”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年5月28日). https://natalie.mu/music/news/117600 2020年2月3日閲覧。 
  161. ^ “エビ中「関内デビル」新レギュラーに決定、アルバイト店員としてシフト制で出演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2020年3月25日). https://natalie.mu/music/news/372596 2020年3月25日閲覧。 
  162. ^ “私立恵比寿中学が横浜銀蝿とコラボ! あの名曲を“バイト編”としてカバー”. ザテレビジョン (株式会社KADOKAWA). (2020年3月31日). https://thetv.jp/news/detail/228936/ 2020年3月31日閲覧。 
  163. ^ “私立恵比寿中学主演の青春恋愛SFドラマ『君は放課後、宙を飛ぶ』8月配信”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2018年4月24日). https://www.cinra.net/news/20180424-kimisora 2018年4月24日閲覧。 
  164. ^ ほっしーなの対決エビ中ごはん cookpadLive
  165. ^ 【動画レポート】【私立恵比寿中学】ハロウィンコスプレでミニライブ!サークルKサンクス新商品発表会”. WWSチャンネル. 2015年2月11日閲覧。
  166. ^ 【写真レポート】【私立恵比寿中学】ハロウィンコスプレでミニライブ!サークルKサンクス新商品発表会”. WWSチャンネル. 2014年10月13日閲覧。
  167. ^ “私立恵比寿中学:1989年放送のCMのリバイバル作品に挑戦 27年ぶりに「シカ~モ!」が復活 ”. MANTANWEB. (2016年4月11日). http://mantan-web.jp/2016/04/11/20160410dog00m200030000c.html 2016年4月12日閲覧。 
  168. ^ “エビ中&本田紗来、始球式史上最多の9人連続投球 柏木ひなたの投球にどよめき”. ORICON MUSIC (オリコン株式会社). (2016年5月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2072546/ 2020年3月8日閲覧。 
  169. ^ “2017年イメージキャラクター「私立恵比寿中学(エビ中)」起用のお知らせ”. http://www.ringerhut.jp/news/20170419_1/ 
  170. ^ “恵比寿リトル歌劇団ふたたび!エビ中2度目のミュージカル”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年5月20日). https://natalie.mu/music/news/90973 2020年3月14日閲覧。 
  171. ^ “【Kawaii girl Japan】エビ中・ミュージカル“恵比寿リトル歌劇団”ふたたび。今回は“シロアリ””. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2013年7月1日). https://www.barks.jp/news/?id=1000091863 2020年3月14日閲覧。 
  172. ^ エビ中劇団シアターシュリンプ、第1回公演は学校が舞台の本格ドタバタ劇”. 音楽ナタリー. 2016年2月5日閲覧。
  173. ^ シベ少の土屋亮一が再び脚本・演出、私立恵比寿中学の舞台第2弾が決定”. ステージナタリー (2016年2月5日). 2016年2月5日閲覧。
  174. ^ “ももエビしゃち前橋に集結!3Bライブ「俺の藤井」大成功”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年1月5日). https://natalie.mu/music/news/107073 2020年2月8日閲覧。 
  175. ^ “エビ中“超演奏”コラボでサークルKサンクス新商品アピール”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年4月26日). https://natalie.mu/music/news/115386 2020年3月18日閲覧。 
  176. ^ 氣志團×エビ中、合コンGIGで安本彩花お誕生日会
  177. ^ 「極東ロックンロール・ハイスクール 第弍章」第40戦は、私立恵比寿中学!
  178. ^ “エビ中、3年連続の軽部Tシャツで夏開き”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年7月22日). https://natalie.mu/music/news/121777 2020年3月18日閲覧。 
  179. ^ “ももクロ×バンド勢&エビしゃち競演GF2日目”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年8月20日). https://natalie.mu/music/news/124050 2020年3月18日閲覧。 
  180. ^ “3日間お祭り騒ぎ!豪華競演「氣志團万博」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年9月16日). https://natalie.mu/music/news/126221 2020年3月18日閲覧。 
  181. ^ “「イナズマロック フェス」2日間で10万人魅了”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年9月15日). https://natalie.mu/music/news/126165 2020年3月18日閲覧。 
  182. ^ “エビ中、新商品紹介ハロウィンパーティ開宴”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年10月13日). https://natalie.mu/music/news/128495 2020年3月18日閲覧。 
  183. ^ 【写真レポート】エビ中こと『私立恵比寿中学』が KAWAII POP FES by@JAM×J-GIRL POP WAVE vol.4 in 台湾 2015に登場!”. WWSチャンネル. 2015年2月11日閲覧。
  184. ^ 【写真レポート】ニコニコ超会議2015・私立恵比寿中学がサークルKサンクスイベントに登場!”. WWSチャンネル. 2015年4月27日閲覧。
  185. ^ 【動画レポート】私立恵比寿中学がサークルKサンクスイベントでライブパフォーマンス! ニコニコ超会議2015”. WWSチャンネル. 2015年4月26日閲覧。
  186. ^ 【写真レポート】私立恵比寿中学、三戸なつめ、PASSPO☆など出演!渋谷エリア10会場でYATSUI FESTIVAL! 2015開催!”. WWSチャンネル. 2015年7月12日閲覧。
  187. ^ 【写真レポート】私立恵比寿中学がYATSUI FESTIVAL! 2015で絆のコラボステージ!”. WWSチャンネル. 2015年7月9日閲覧。
  188. ^ “エビ中4年目の「めざましライブ」で美怜大胆イメチェン披露、新曲試聴も”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年7月29日). https://natalie.mu/music/news/155444 2020年3月11日閲覧。 
  189. ^ “「坂崎幸之助のももいろフォーク村」代々木生放送ライブで32曲熱唱”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年8月7日). https://natalie.mu/music/news/156346 2020年3月11日閲覧。 
  190. ^ “横アリ「@ JAM」アイドル130組10時間熱狂ライブに幕”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年9月5日). https://natalie.mu/music/news/159198 2020年3月11日閲覧。 
  191. ^ “次は武道館で!「ゴッドタン」9年の歴史凝縮したマジ歌ライブ、DVD化も”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年9月18日). https://natalie.mu/owarai/news/160441 2020年3月11日閲覧。 
  192. ^ “「氣志團万博2015」最後は鬼死団、血のクロ、オーメン登場の黒ミサ”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年9月21日). https://natalie.mu/music/news/160698 2020年3月10日閲覧。 
  193. ^ “ユニコーンEBI祝50歳!川西幸一復活!おめでた尽くしのパシフィコ初日”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年10月5日). https://natalie.mu/music/news/161988 2020年3月10日閲覧。 
  194. ^ “EBIだらけ!漁船に舟盛り登場のユニコーン「海老乃大漁祭」2日目”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年10月5日). https://natalie.mu/music/news/161985 2020年3月10日閲覧。 
  195. ^ “先駆者の意地みせた!8組激闘の「俺の藤井」初日、ももクロが最高王者に”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年1月9日). https://natalie.mu/music/news/171997 2020年2月9日閲覧。 
  196. ^ “激闘明けの「俺の藤井」2日目、ももクロらスタダ3B勢みんなで大団円”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年1月12日). https://natalie.mu/music/news/172039 2020年2月9日閲覧。 
  197. ^ “BIGMAMA&チュート、ブルエン&エビ中コラボも!「徳ダネ福キタル」ライブ大盛況”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年2月22日). https://natalie.mu/music/news/177077 2020年3月10日閲覧。 
  198. ^ “エビ中、ニコ超会議で坊主バンドとコラボ“幸せになれるおにぎり”をPR”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年4月29日). https://natalie.mu/music/news/185607 2020年3月10日閲覧。 
  199. ^ “今年もおなじみ軽部T!エビ中、5年連続の「めざましライブ」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年8月9日). https://natalie.mu/music/news/197680 2020年3月10日閲覧。 
  200. ^ “YAZAWA、VAMPS、ももクロ、TUBE!「氣志團万博」雨を吹き飛ばす熱演で大団円”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年9月20日). https://natalie.mu/music/news/202412 2020年3月10日閲覧。 
  201. ^ “欅坂、イナ戦、エビ中、女子流ら「@JAM」初日で熱演続々”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年9月25日). https://natalie.mu/music/news/203042 2020年3月10日閲覧。 
  202. ^ “エビ中、超特急、ももクロ、蒼井翔太ら仮装で出演「T-SPOOK」4時間放送”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年10月31日). https://natalie.mu/music/news/207505 2020年3月10日閲覧。 
  203. ^ “エビ中×岡崎体育「めざましライブ」で初コラボ、ダンスバトルは大混乱”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年7月25日). https://natalie.mu/music/news/242272 2020年3月10日閲覧。 
  204. ^ “エビ中や岡井千聖ら盛り上げた「TIF」初日、メインステージ争奪戦にR18イベントも”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年8月5日). https://natalie.mu/music/news/243667 2020年3月10日閲覧。 
  205. ^ “エビ中、ベビレ、女子流ら熱演!5人のドロシーが復活果たした「@JAM EXPO」2日目”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年8月31日). https://natalie.mu/music/news/246772 2020年3月10日閲覧。 
  206. ^ “超特急×エビ中、熱狂のダンスサドンデス!異例のコラボ実現に「スタダ最強!」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年8月30日). https://natalie.mu/music/news/246720 2020年3月10日閲覧。 
  207. ^ “超特急、セーラー服でエビ中ステージ乱入 スタダ男女コラボ解禁“エビ特急””. ORICON MUSIC (オリコン株式会社). (2017年8月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2096508/ 2020年3月19日閲覧。 
  208. ^ “豪華コラボも!「氣志團万博」初日で布袋寅泰、VAMPS、ホルモン、ももクロら熱演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年9月17日). https://natalie.mu/music/news/249081 2020年3月10日閲覧。 
  209. ^ “エビ×BiSH、初顔合わせ“エビッシュ”対バンで「フユコイ」「オーケストラ」交換”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年10月16日). https://natalie.mu/music/news/252858 2020年3月10日閲覧。 
  210. ^ “祝結成10周年!HERE主催「ハイテンションフェス」で9mm、アルカラ、エビ中と熱演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年5月17日). https://natalie.mu/music/news/282545 2020年3月19日閲覧。 
  211. ^ “androp、エビ中、BiSHが献血呼びかけた日本赤十字社主催ライブ”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年6月13日). https://natalie.mu/music/news/286427 2019年10月30日閲覧。 
  212. ^ “エビ中が『LOVE in Action Meeting(LIVE)』でニューシングル『でかどんでん』を披露!「献血とは、改めて考えるきっかけになった」”. WWSchannel (WWS JAPAN 株式会社). (2018年6月12日). http://www.wws-channel.com/girls2/83630.html 2020年3月19日閲覧。 
  213. ^ “ももクロ10周年をみんなでお祝い!スタプラアイドル全12組が輝き放った「夏S」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年7月28日). https://natalie.mu/music/news/293103 2019年10月30日閲覧。 
  214. ^ “猛暑のお台場にアイドル集結「TIF」初日、けやき坂46がメインのトリ飾る”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年8月10日). https://natalie.mu/music/news/294879 2019年10月30日閲覧。 
  215. ^ “【ライブレポート】エビ中が初となるROCK IN JAPAN FESTIVAL出演で唯一無二のパフォーマンス!“クセが強いパフォーマンス”を支える実力の高さにも要注目!”. WWSchannel (WWS JAPAN 株式会社). (2018年8月17日). http://www.wws-channel.com/girls2/95618.html 2020年3月19日閲覧。 
  216. ^ “サザン13年ぶりに出演した「RIJF」後半戦、MWAMやももクロら100組熱演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年9月2日). https://natalie.mu/music/news/297956 2019年10月30日閲覧。 
  217. ^ “復活のエビ特急にボイメン×金爆、氣志團!雨の「サニトレ」笑顔と熱狂の大団円”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年9月30日). https://natalie.mu/music/news/301809 2019年10月30日閲覧。 
  218. ^ “【ライブレポート】私立恵比寿中学がCOUNTDOWN JAPAN 18/19(カウントダウン・ジャパン) 3日目に登場!最強セトリで盛り上がり!<CDJ1819>”. WWSchannel (WWS JAPAN 株式会社). (2019年1月4日). http://www.wws-channel.com/music2/121241.html 2020年3月19日閲覧。 
  219. ^ “私立恵比寿中学、ファミリー集う「エビ展」訪問”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年4月23日). https://natalie.mu/music/news/329178 2019年10月30日閲覧。 
  220. ^ “マウントポジションをとれるのはどっちだ!? DISH//とエビ中が富士山ライブ前哨戦”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年6月12日). https://natalie.mu/music/news/335330 2019年10月30日閲覧。 
  221. ^ “夏の野外ライブ前哨戦!DISH//と私立恵比寿中学が一夜限りの初共演!!”. WWSchannel (WWS JAPAN 株式会社). (2019年7月6日). http://www.wws-channel.com/music2/153312.html 2020年3月19日閲覧。 
  222. ^ “「氣志團万博」2日目で稲垣・草なぎ・香取、田原俊彦、ももクロ、AOSら豪華競演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年9月16日). https://natalie.mu/music/news/347683 2019年10月30日閲覧。 
  223. ^ “【ライブレポート】 私立恵比寿中学(エビ中)が熱狂のノンストップパフォーマンスで「氣志團万博2019」を熱く掻き立てる!”. WWSchannel (WWS JAPAN 株式会社). (2019年9月15日). http://www.wws-channel.com/girls2/166818.html 2020年3月19日閲覧。 
  224. ^ “「EXPERIENCE VOL.1」第2弾でエビ中、ゆず、BATTLE BOYS、KICK、Da-iCEら10組”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年9月28日). https://natalie.mu/music/news/349393 2019年10月30日閲覧。 
  225. ^ “タワレコ主催「POP'n アイドル」にアンジュルム、ギャンパレ、エビ中、RYUTist”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年9月10日). https://natalie.mu/music/news/346982 2019年10月30日閲覧。 
  226. ^ “【ライブレポート】私立恵比寿中学(エビ中)が結成10周年イヤーのクライマックスを飾る!<COUNTDOWN JAPAN 19/20>”. WWSchannel (WWS JAPAN 株式会社). (2020年1月4日). http://www.wws-channel.com/girls2/185726.html 2020年1月31日閲覧。 
  227. ^ “ももクロ、エビ中らスタプラ12組が横アリに!シンデレラ決定戦&夢のセトリライブ”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年10月1日). https://natalie.mu/music/news/349650 2019年10月30日閲覧。 
  228. ^ “【ライブレポート】エビ中がマラソンライブ?横浜アリーナで開催の「スタプラ アイドルフェス」で「走る」をテーマに全力疾走パフォーマンス!<「ミューコミプラス」presents スタプラアイドルフェスティバル 〜今宵、シンデレラが決まる〜>”. WWSchannel (WWS JAPAN 株式会社). (2020年1月19日). http://www.wws-channel.com/girls2/187959.html 2020年1月31日閲覧。 
  229. ^ “エビ中、ココナッツサブレで忖度や御意など“大人のメッセージ”伝える”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年8月8日). https://natalie.mu/music/news/294605 2019年10月30日閲覧。 
  230. ^ “エビ中、立命館大学で新曲「YELL」初披露 応援団風振付レクチャーも”. ORICON MUSIC (オリコン株式会社). (2017年8月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2095315/ 2020年3月8日閲覧。 
  231. ^ “エビ中起用した恵比寿の観光マップが完成、本日から渋谷区内で無料配布”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年4月2日). https://natalie.mu/music/news/326342 2019年10月30日閲覧。 
  232. ^ “エビ中、ヒャダイン書き下ろし曲「Sweet of Sweet」で水の大切さを伝える”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2020年3月22日). https://natalie.mu/music/news/372190 2020年3月22日閲覧。 
  233. ^ “エビ中が歩んできた濃密な歴史を網羅、開校10周年記念ドキュメンタリー本発売”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年8月9日). https://natalie.mu/music/news/343113 2019年10月30日閲覧。 

関連項目[編集]

姉妹グループ

エビ中研究生
  • ukka(旧称「桜エビ〜ず」)

外部リンク[編集]