吉原シュート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
よしはら しゅーと
吉原 シュート
生年月日 (1985-09-30) 1985年9月30日(33歳)
出生地 日本の旗 日本静岡県
身長 172 cm[1]
血液型 A型[2]
職業 俳優タレント
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 2009年 -
事務所 スターダストプロモーション
公式サイト 公式プロフィール
備考
SECRET GUYZメンバー

吉原 シュート(よしはら シュート、1985年9月30日 - )は、日本俳優タレントである。

静岡県出身。スターダストプロモーション制作1部[2]所属。戸籍上は女性であり、性同一性障害(FtM)であることをカミングアウトしている[3][4][5]。FtMユニットSECRET GUYZの元メンバーである。愛称は「シュート様」。

来歴[編集]

幼い頃から女の子扱いされることに違和感をもっていたが、高校生までは女性として過ごしていた[3]。18歳で上京するタイミングで両親に性同一性障害であることをカミングアウトする。[6]

2009年スターダストプロモーションに所属。同年発売の韓国人歌手ウニョンのシングル「放熱ララバイ」のPVで自身と同じ「身体は女性、心は男性」の役柄を演じた[3][7]

女性であることを伏せ、男性俳優として舞台『金色のコルダ ステラ・ミュージカル』のオーディションを受け合格[5]、同作で本格的な俳優デビューとなる。 2010年7月、『週刊女性』およびテレビ番組『スッキリ!!』の取材を通じ、カミングアウト。「悩んでいる方に、思っている以上に周りの人は温かいという事を伝えたい」、「実際に性同一性障害の役とかあったら僕がちょっとやってみたい」などと明かした。

2010年8月、俳優集団NAKED BOYZの結成メンバーとなる。

2012年9月、スターダストプロモーションの新劇団プロジェクト『劇☆男』のメンバーになる。

2012年12月、同じFtMの池田タイキ・諭吉[8]と共にダンス&ボーカルユニットSECRET GUYZを結成。

2013年7月10日、シングル「HUG×HUG」でCDデビューする。

2014年7月、NAKED BOYZを卒業。

2017年10月より放送のWOWOW連続ドラマW 東野圭吾片想い』に自身と同じくFtMの立石卓役で出演。[9]

2018年2月12日、SECRET GUYZ解散。[10]

2018年2月13日、公式Instagramを開設。[11]

2018年4月11日より、シュート&諭吉のゲーム実況配信「漢(仮)オニイの◯◯修行〜シュート&諭吉ウイイレ2018ゲーム実況〜」の配信をYouTubeで開始する。[12]

人物[編集]

  • 現在は、男性ホルモン投与をしており、性別適合手術は途中、戸籍の名前は変更しているが、性別の変更はまだと明かしている。[13]
  • 2018年10月、舞台『NEWライブ・レボリューション~スッポンポンで愛を!~』では、自身初となる上半身裸を披露した。[14]
  • 特技はサッカー、歌、ダンス(JAZZ)。[2]
  • 特殊船舶操縦士免許を保有している。[2]
  • 愛犬家である。
  • 影響を受けた人物にGACKT和泉元彌西島隆弘AAA)を挙げている。[15]
  • 子どもの頃、赤いランドセルが嫌で黒にしたくて自分で墨汁をかけた。[6]
  • 子どもの頃から自分のことを「私」と言えなくてずっと自分のことを「俺」と言っていた。[6]

イベント[編集]

  • S&Y vol.1 〜はじまりの(吉)〜(2018年5月13日、原宿ストロボカフェ)
  • S&Y vol.2 〜まんなかの(吉)W生誕祭〜(2018年9月9日、KIWA TENNOZ)
  • 第2回 グッド・エイジング・エールズ 春の大運動会(2018年4月29日、代々木公園陸上競技場)[16]
  • ファッションポジウム―男女の垣根を越えたファッションの未来を考えるシンポジウム―(2018年6月3日、東京大学 大講堂(安田講堂))[17]
  • バルスフェスタ(2018年12月29日、バルスタジオ)

作品[編集]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ドラマ[編集]

バラエティ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 金色のコルダ ステラ・ミュージカル(2010年3月/7月 - 8月、天王洲銀河劇場 ほか) - 王崎信武 役
  • ハマリマン(2010年11月、新宿FACE
  • BADMAN(2011年7月、新宿FACE)
  • 朗読劇 ミューズの学園で逢おう(2012年7月、日暮里プロモボックス) - 有園操 役
  • 青木さん家の奥さん(2012年10月、築地ブディストホール) - ヤンキー 役
  • オートロックロックナット(2012年12月、エコー劇場) - 双葉 役
  • 朗読劇『男おいらん』(2014年1月、絵空箱)
  • 男おいらん(2014年3月・5月、笹塚ファクトリー ほか)
  • 情熱リザレクション(2018年7月、新宿シアターブラッツ) - 金子守 役
  • NEWライブ・レボリューション~スッポンポンで愛を!~(2018年10月、品川プリンスホテル クラブeX) - 堀部恭一 役
  • CRAZY×BOTTOM ~僕たちのyell日記~(2018年11月・12月、シアターグリーンBOX in BOX THEATER) - 知花怜士 役

雑誌[編集]

  • 「LapH」vol.14(2018年11月)

インターネット[編集]

  • シュート&諭吉のゲーム実況配信「漢(仮)オニイの○○修行〜シュート&諭吉のウイイレ2018ゲーム実況〜」(2018年4月11日 - 2018年9月19日)[12]

PV[編集]

  • ウニョン「放熱ララバイ」(2009年9月)[3][7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本タレント名鑑より
  2. ^ a b c d 公式プロフィール.より.
  3. ^ a b c d “韓国人歌手ウニョン、日本で話題のあの曲をライブ披露”. ナタリー. (2009年9月25日). http://natalie.mu/music/news/21231 
  4. ^ “性同一性障害を乗り越えて俳優デビュー 吉原シュート”. 主婦と生活社週刊女性 7月29日号』.
  5. ^ a b “吉原シュート、男気なカミングアウト”. カニリカオフィシャルブログ. (2010年7月6日). http://ameblo.jp/kanirica/entry-10582907409.html 
  6. ^ a b c “【インタビュー】SECRET GUYZ “スタダ特命部”がプッシュ!業界初のFtMユニットが目指すは“おなべ”改革!”. rankingbox. (2015年5月1日). https://rankingbox.jp/article/13842 
  7. ^ a b “性同一性障害を歌ったドラマ主題歌が人気急上昇中”. ナタリー. (2009年9月2日). http://natalie.mu/music/news/20705 
  8. ^ 諭吉は吉原より先にFtMをカミングアウトして活動していたタレント。
  9. ^ “SECRET GUYZ吉原シュート“ジェンダー”テーマのWOWOWドラマに今夜出演”. ナタリー. (2017年11月11日). https://natalie.mu/music/news/256404 
  10. ^ SECRET GUYZ公式サイト
  11. ^ 吉原シュートInstagram
  12. ^ a b “吉原シュート公式サイト、WEB”. http://www.stardust.co.jp/sp/profile/yoshiharashuto.html#media-web 
  13. ^ 東京新聞2017年6月30日
  14. ^ 吉原シュート、舞台「『NEW ライブ・レボリューション』~スッポンポンで愛を!~」千秋楽!.より.
  15. ^ 影響を受けた大きな存在!SECRET GUYZ・吉原シュートが思う王子様像BEST3.より.
  16. ^ 【スポーツとLGBT】人気タレント・ぺえ、元ビーチバレー・朝日健太郎、元SECRET GUYZ・吉原シュート&諭吉のゲスト参加が決定!いろんな壁を超えてスポーツを楽しむカラフル運動会を、今年も開催!
  17. ^ 性別や体型に関係なく、好きな服を自由に楽しもう 東大でファッションショー

外部リンク[編集]