川上アキラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川上 アキラ
生誕 (1974-09-10) 1974年9月10日(43歳)
出身地 日本の旗 埼玉県
ジャンル J-POP
職業 音楽プロデューサー
活動期間 1998年 - 現在

川上 アキラ(かわかみ アキラ、1974年9月10日 - )は、日本芸能事務所スターダストプロモーションの執行役員でプロデューサーを務める[1]

来歴・人物[編集]

埼玉県出身。テリー伊藤にあこがれて、大学在学中にアシスタントディレクターのアルバイトをしていた[2]。大学4年の時、就職活動にてホームセンターの内定を受けていたが、内定辞退をし、求人誌で見つけたスターダストプロモーションに応募[2]。1998年4月に入社[3]

芸能3部のマネージャーとしてキャリアをスタートし、安藤政信梅宮アンナ沢尻エリカ飛鳥凛早見あかり羽田実加[4]らの俳優のマネジメントを担当。2000年からは『Harajukuロンチャーズ』(BS朝日)の現場を、番組終了の2003年まで担当[2]

また、2008年から事務所の所属タレントによって結成されたももいろクローバーZのマネージャーとして携わり[5]、プロデューサーに近い役割を果たしブレイクへと導いた[2]

2013年には取締役に昇進[6]。2015年春の人事異動にて正式に「プロデューサー」という肩書きに変更になり[7]STARDUST PLANET(女性アーティスト部門)全体を担当している[8]

ももいろクローバーZに関しては、ライブ会場などの現場にこそ行く機会は減ったものの[9]、現在でもマネージャー兼プロデューサーとして関わり続けている[1]。本人は現場マネージャーにこだわりがあると発言しており[7]、メディアによっては「マネージャー 川上アキラ」などと肩書きが変わることもある[注 1]。『日経エンタテインメント!』で連載を持っており、メンバーとの対談が名物コーナーになっている。またその内容も収録した自身の著書を日経BP社から出版している。

プロレス好きで、プロレス観戦が趣味。ももいろクローバーZのプロデュースにはその影響が見られる[2]

出演[編集]

ラジオ[編集]

ももいろクローバーZの出演に伴う、ごく短時間のものを除く

ストリーミング動画配信[編集]

トークショー[編集]

  • スターダスト川上の全裸の大将(新宿ロフトプラスワン、2011年7月11日)
  • 『キン肉マン』通巻100巻記念 謝肉祭〜キン肉マンと学ぶエンターテインメント〜(新宿FACE、2013年7月1日)

書籍[編集]

単著[編集]

ムック[編集]

雑誌[編集]

  • 川上道場(B.L.T2013年3月号-2014年10月号)
  • ももクロ61分3本勝負(日経エンタテインメント!2013年3月号-8月号:対談)
  • 新・ももクロ61分3本勝負(日経エンタテインメント!2013年9月号-:対談)
  • 「ももクロは、常に”今”が一番面白い」「至近距離からの真実」(QuickJapan Special Issue ももいろクローバーZ 〜The Legend〜 2008-2013:インタビュー記事)
  • 「第4章 羅針盤が示す5人の未来」(QuickJapan Special Issue ももいろクローバーZ 〜Compass of the dream〜 2013-2014:インタビュー記事)
  • 16Pまるごと総力特集 ももクロ全力劇場(週刊プレイボーイ 2013年14号)
  • INTERVIEW 川上アキラ(SWITCH Vol.34 no3:インタビュー記事)
  • 舞台裏のプロフェッショナル(HUSTLE PRESS[10][11]:インタビュー記事)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ももいろクローバーZのCDやパンフレットでは、プロデューサー昇進後も「Artist Management」という肩書きが残っている。一方で、ももいろクローバーZのBlu-rayやDVDのクレジットでは、プロデューサー昇進後の『桃神祭2015 エコパスタジアム大会』から、本人の略称であるkwkmという文字が肩書きの代わりに用いられ、kwkm 川上アキラという一風変わった表示となっている。

出典[編集]

  1. ^ a b 『SWITCH』VOL.34 NO.3
  2. ^ a b c d e 『ももいろクローバーZ』マネジャー・川上アキラの芸能界トップを獲るための“戦略”とは?”. 週プレNEWS. 2014年1月11日閲覧。
  3. ^ 舞台裏のプロフェッショナル 川上アキラ -後編- ももいろクローバーZの2017年展望
  4. ^ 日経エンタテインメント! 2016年7月号
  5. ^ ももクロ流 43頁
  6. ^ “「ももクロさんのおかげです」。名物マネージャー・川上アキラ氏、取締役に昇進と自ら報告!”. マイナビ. http://news.mynavi.jp/news/2013/04/30/257/ 2014年6月30日閲覧。 
  7. ^ a b http://www.ustream.tv/recorded/62169188 の28分過ぎ
  8. ^ 日経エンタテイメント!2014年4月号p.128-129
  9. ^ 2015年5月5日オンエアーのLoGirl「川上アキラの人のふんどしでひとり相模」
  10. ^ 舞台裏のプロフェッショナル 川上アキラ -前編- 3B juniorの2017年展望”. 2017年1月16日閲覧。
  11. ^ 舞台裏のプロフェッショナル 川上アキラ -後編- ももいろクローバーZの2017年展望”. 2017年1月30日閲覧。

外部リンク[編集]

  • momoiroclover (@momowgp) - Twitterにおける一個人としてのアカウント。原則としてツイートの末尾に(誤送信)という付記がなされるが、これはツイートの内容が公式の見解ではないことを意味する。
  • 川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし - テレ朝動画 ※毎週月曜19時から生放送され、ももいろクローバーZのメンバーがゲスト出演することが多い