本郷奏多

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ほんごう かなた
本郷 奏多
本名 本郷 奏多
生年月日 1990年11月15日(25歳)
出生地 日本の旗 日本 宮城県仙台市
身長 174 cm[1]
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 2002年 -
活動内容 2002年:俳優デビュー『リターナー
主な作品
映画
HINOKIO
実写版 テニスの王子様
NANA2
GANTZ
進撃の巨人

テレビドラマ
ヒミツの花園
生徒諸君!
なぞの転校生
弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜
アカギ

本郷 奏多(ほんごう かなた、1990年11月15日 - )は、日本俳優である。宮城県仙台市出身。 スターダストプロモーション及びモラドカンパニー所属。

経歴[編集]

幼稚園の頃より宮城県仙台市に所在の「仙台SOSモデルエージェンシー(現:モラドカンパニー)」でキッズモデルとして活動。その後、スターダストプロモーションに所属する。

映画『リターナー』において、俳優デビュー。2005年、映画『HINOKIO』で、14歳で初主演を果たす。

人物[編集]

  • 父、母、2歳上の兄の4人家族。
  • 仕事との兼ね合いもあり高校入学と同時に上京。
  • 心が安らぐ時は、愛犬の“ラミ”(フランス語で友だちを意味するL’amiから)と一緒にいる時だという[2]
  • 趣味はガンプラ、ゲーム、音楽鑑賞、テニス、ベース、ギター、写真を撮ること、ビリヤード、ダーツ[3]
  • ガンダムシリーズの大ファン。好きなモビルスーツはキュベレイ。2014年には『ガンダムビルドファイターズ』にジュリアン・マッケンジー役として出演している。ガンプラも制作しており、趣味の域を超えて匠の技級だと話題になった。
  • 「奏多(かなた)」(本名)という名前の由来については、兄が生まれる時、医者から「女の子ですよ」と言われ、喜んだ両親が女の子の名前を考えていた。後に男の子が生まれるが、考えていた名前はそのままに『遥』と名付け、「兄が『遥(はるか)』という名前だったため、両親が『"はるかかなた"でいいや』と思ってつけたらしい」と語っている。最初は『奏太』となる予定だったが、「おじいちゃんが『画数が悪いから"奏多"がいい』と言ってこの名前になった」と語る[4]
  • 10歳の時、日本テレビで放送された「あしたのJ」の番組内企画『全国 目指せ!ジャニーズJr.』でジャニーズ事務所の公開オーディションを受けるも、最終選考で落選という結果に終わった。その際、手品を披露した。
  • MOON CHILD』での共演をきっかけに、hydeGacktとはメールのやりとりをするほどの仲になる。また、L'Arc〜en〜Cielの楽曲を好んでよく聴き、たびたびライブに行くこともある[3]
  • hydeとは、今でもたびたび一緒に食事やプリクラを撮るなどしたり、寝泊まりをさせてもらうこともあるなど、子供の頃からの深い交友関係であると語る。また、母はhydeのファンであり、「自分がhydeさんと交友関係にあることをとても喜んでいる」と語っている[5]
  • 他に好きなアーティストはYUI
  • 大の甘党で、「お菓子が主食」であると同時に「1日に3個は必ず食べる」と語る。なお、トマトと納豆が嫌いで、肉とお菓子が好物とのこと。トマトと納豆に関しては、「それを食べろと言われることは“あなた一人が犠牲になれば世界は救われるわ!”と言われて困るのと同じこと」と語るほど、苦手[6]
  • NANA2』でシン役を演じた際、ベース演奏が全く出来なかった彼はこの作品をきっかけにベースギター両方を弾けるようになった。さらにこの作品をきっかけにヴィヴィアン・ウエストウッドのアイテムを多く愛用するようになる[3]
  • 白戸修の事件簿で俳優の千葉雄大と共演したことをきっかけにかなてぃ、ばーちーと読んでいるほど仲良くなった。
  • 俳優の神木隆之介とは子役時代から共演数が多いこともあり、親友で、お互いを「カナティ」「リュウ」と呼び合っていた時期もある。
  • 好きなタイプは、常識があって、品があって、頭のいい女性。[7]
  • フナムシ、ミミズ、ムカデなどが苦手であり、理由は「(自分の中での)生物の規則に反しているから」。
  • 異常なほど潔癖症で外に出ることすら嫌がる。電車に乗って座ることは絶対ありえないらしい。カブトムシも大きなゴキブリにしか見えないという。
  • 今夜くらべてみましたでのお外嫌いが話題になったが本人曰く多趣味で一度嵌るととことん追求するタイプ。体力はないが運動全般も得意で身体が非常に軟らかくそのおかげで怪我をしにくいという。

出演作品[編集]

太字は主演。

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • ラジオドラマ「大停電の夜に」(2005年9月 - 11月、TOKYO FM系列5局) 田沢翔太 役
  • FMシアター「繭」(2012年8月25日、NHK-FM斎藤勇太
  • FMシアター「イナナギ」(2013年2月23日、NHK-FM) 源助

テレビアニメ[編集]

舞台[編集]

  • Dotoo!舞台「キネマの神さま」(2011年6月16日 - 19日) 助監督 黒川 役 ※ゲスト
  • 朗読劇「不帰(かえらず)の初恋、海老名SA」(2012年9月30日) 主演
  • トウキョウ演劇倶楽部プロデュース公演 Vol.2 「Moonlight Rambler(ムーンライト・ランブラー)~月夜の散歩人~」(2013年7月19日 - 8月11日、俳優座劇場 / きゅりあん小ホール) オーギュスト=デュパン
  • ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生(2014年10月29 - 11月3日、日本青年館大ホール)苗木誠
    • ダンガンロンパ THE STAGE〜希望の学園と絶望の高校生〜2016(【東京】2016年06月16日 - 26日、Zeppブルーシアター六本木 / 【名古屋】2016年07月01日 - 02日、東海市芸術劇場 / 【大阪】2016年07月07日 - 10日、サンケイホールブリーゼ / 【神奈川】2016年07月15日 - 16日、横浜・関内ホール) 苗木誠

バラエティ番組[編集]

CM[編集]

「ベトナム・ノイバイ空港」篇(声優出演)

PV[編集]

書籍[編集]

  • 少年俳優 vol.1(2005年9月、ぴあ
  • NANA2」ノベライズ(2006年、集英社コバルト)
  • REAL☆G vol.1(2007年1月、SDP
  • REAL☆G vol.2(2007年5月、SDP)
  • 1st写真集「かなた。」本郷奏多 meets JUNON(2009年1月、主婦と生活社
  • 写真集「KANATA HONGO 2016」(2016年5月25日、ぴあ[14]

その他[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本タレント名鑑(VIPタイムズ社)
  2. ^ 男の履歴書 本郷奏多編|インライフ
  3. ^ a b c 「ポポロ」2007年5月号より
  4. ^ 「ポポロ」2007年6月号より
  5. ^ 「Monthly VAMPS Vol.9」インタビューより
  6. ^ オフィシャル・サイトのブログより
  7. ^ 「TVガイドPERSON」VOL.36(2015/08/08発売)インタビューより
  8. ^ 藤原令子&本郷奏多主演作「シネマの天使」老舗劇場の閉館惜しむ予告完成”. 映画.com (2015年7月31日). 2015年7月31日閲覧。
  9. ^ “ギャラのために!山田孝之『闇金ウシジマくん』豪華キャスト発表でヒットに切実”. シネマトゥデイ. (2016年6月29日). http://www.cinematoday.jp/page/N0084072 2016年6月30日閲覧。 
  10. ^ “「鋼の錬金術師」実写映画化!山田涼介らキャスト解禁、6月よりイタリアで撮影”. 映画ナタリー. (2016年5月24日). http://natalie.mu/eiga/news/188097 2016年5月24日閲覧。 
  11. ^ “日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 東野圭吾 カッコウの卵は誰のもの”. WOWOWオンライン (WOWO). http://www.wowow.co.jp/dramaw/kakkou/ 2016年1月23日閲覧。 
  12. ^ STAFF&CAST”. BTOOOM!. 2012年8月10日閲覧。
  13. ^ a b キャスト発表第4弾”. 「ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園」公式サイト (2016年4月22日). 2016年4月22日閲覧。
  14. ^ “本郷奏多、7年ぶり写真集を発売「成長した自分を表現できている」”. ORICON STYLE. (2016年4月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2070682/full/ 2016年4月25日閲覧。 

外部リンク[編集]