カッコウの卵は誰のもの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カッコウの卵は誰のもの
著者 東野圭吾
イラスト 泉沢光雄
発行日 2010年1月20日
発行元 光文社
ジャンル ミステリサスペンス
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判ハード
ページ数 357
公式サイト www.kobunsha.com
コード ISBN 978-4-334-92694-6
ISBN 978-4-334-76529-3文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

カッコウの卵は誰のもの』(カッコウのたまごはだれのもの)は、東野圭吾の長編サスペンス小説である。

光文社のスポーツ月刊誌『バーサス』の2004年10月号から2005年12月号と2006年2月号と3月号、月刊小説誌小説宝石』の2006年12月号から2008年2月号に掲載され、2010年1月20日に光文社から単行本が刊行された。掲載中のタイトルは『フェイク』だったが、単行本化に際して改題された。

2013年2月13日には光文社文庫版が刊行された。

2016年春にWOWOWテレビドラマ化された[1]

あらすじ[編集]

オリンピックスキー選手の緋田宏昌は、新世開発スポーツ科学研究所の柚木洋輔から、緋田父子の遺伝子を調べさせてほしいと頼まれるが断る。娘の風美は「カエルの子はカエル」と言われる天才スキーヤーだが、絶対に誰にも知られたくない秘密があったからだ。そんな時、新世開発スキー部に「緋田風美をメンバーから外せ」という脅迫状が届く。柚木が風美の警護に付いて警戒する中、風美が乗るはずだったバスが事故を起こして負傷者が出てしまう。

登場人物[編集]

緋田 宏昌(ひだ ひろまさ)
スキーの元オリンピック日本代表。緋田風美の父。
緋田 風美(ひだ かざみ)
緋田宏昌と智代の娘。新世開発スキー部所属。Fパターンの遺伝子の持ち主。
緋田 智代(ひだ ともよ)
緋田風美の母。風美が2歳になる前に自殺した。
柚木 洋輔(ゆずき ようすけ)
新世開発スポーツ科学研究所副所長。遺伝子の研究をしていた元大学准教授。スポーツ選手の才能を科学的に発掘する目的を持って研究している。
鳥越 伸吾(とりごえ しんご)
新世開発スキー部ジュニアクラブ所属の中学生。Bパターン遺伝子の持ち主。アーティストになる夢を持ったまま、好きでもないクロスカントリーの練習に参加している。
鳥越 克哉(とりごえ かつや)
鳥越伸吾の父。登山家で、8000メートル以上の山の無酸素登頂を何度か成功しているが、定職には就いたことがない。Bパターン遺伝子の持ち主。
上条 伸行(かみじょう のぶゆき)
新潟長岡のケーエム建設社長。本当の事情を偽ったまま緋田宏昌に接触し、緋田風美にはファンだと言って接近する。
上条 世津子(かみじょう せつこ)
上条伸行の妻。
上条 文也(かみじょう ふみや)
上条伸行の息子で、ケーエム建設常務。骨髄性白血病で入院している。

書籍情報[編集]

テレビドラマ[編集]

東野圭吾
「カッコウの卵は誰のもの」
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜日 22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2016年3月27日 - 5月1日(6回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 WOWOW
監督 耶雲哉治
山下司
原作 東野圭吾
脚本 田辺満
プロデューサー 井上衛
渡邉浩仁
出演者 土屋太鳳
本郷奏多
戸次重幸
伊原剛志
テンプレートを表示

2016年3月27日から5月1日まで、WOWOW連続ドラマWの「日曜オリジナルドラマ」で放送された[2]。全6回。主演は土屋太鳳[1]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日
(初回放送日)
サブタイトル 演出
1 3月27日 才能という名の羽
2 4月3日 折れた翼
3 4月10日 破られた殻
4 4月17日 舞い降りた秘密
5 4月24日 カッコウの祈り
6 5月1日 血の飛翔
WOWOW 日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW
前番組 番組名 次番組
メガバンク最終決戦
(2016年2月14日 - 3月20日)
東野圭吾「カッコウの卵は誰のもの」
(2016年3月27日 - 5月1日)
沈まぬ太陽
(2016年5月8日 - 9月25日)

注釈[編集]

  1. ^ a b 土屋と伊原は、2014年NHK連続テレビ小説花子とアン』以来の親子役となる[4]

出典[編集]

外部リンク[編集]