虹を操る少年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
虹を操る少年
著者 東野圭吾
発行日 1994年8月
発行元 実業之日本社
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 281
公式サイト [1]
コード ISBN 978-4408532356
ISBN 978-4-06-263545-5文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

虹を操る少年』(にじをあやつるしょうねん)は東野圭吾による日本の小説。

1994年8月に実業之日本社より単行本が、1997年7月には講談社文庫版が刊行された。

登場人物[編集]

白河光瑠
高校生。光を操り演奏する「光楽」を普及させる。
相馬功一
暴走族グループ「マスクド・バンダリズム」のメンバー。
志野政史
高校生。クラスメイトに恋をして勉強に集中できない。
小塚輝美
中学生。家族の不和に悩んでいる。
木津玲子
謎の男・アイヅと愛人関係にある。
アイヅ
正体不明の男。
佐分利
光楽のプロモーター。

外部リンク[編集]