ラプラスの魔女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラプラスの魔女
著者 東野圭吾
発行日 2015年5月15日
発行元 KADOKAWA
ジャンル サスペンスミステリ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判並製
ページ数 456
公式サイト kadokawa.co.jp
コード ISBN 9784041029893
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ラプラスの魔女』(ラプラスのまじょ)は、東野圭吾の書き下し長編小説である。2015年5月15日KADOKAWAより単行本が刊行された。作家デビュー30周年記念作品で、東野は「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった。そしたらこんな作品ができました。」とコメントしている[1]

2015年5月15日の発売から1か月で28万部を超えている[2]

2018年映画化される予定である[3]

あらすじ[編集]

映像プロデューサーの水城義郎が、妻と訪れていた温泉地で硫化水素のガス中毒で死亡した。その事故の3か月ほど前に水城の母親・水城ミヨシから相談を受けていた中岡祐二刑事は、気になってミヨシに連絡を取ってみると、息子の事故後に首を吊って自殺したことを知る。ミヨシの老人ホームで、遺品整理に現れた水城の妻・水城千佐都と遭遇した中岡は、千佐都の殺人関与を確信する。中岡は、赤熊温泉の事故調査を手掛けた青江修介教授に意見を求めるが、硫化水素ガス中毒で殺人を遂行するのは、屋外では不可能だと断言される。しかし、中岡は諦めきれずに地道に聞き込み捜査を行っていた。

一方、青江は不可能だと言ったものの、考えれば方法はありそうで気になっていた。そんな時、今度は苫手温泉で硫化水素ガス中毒の死亡事故が起きる。地元新聞社から依頼されて苫手温泉で事故調査をしていた青江は、赤熊温泉の事故調査中に出会った羽原円華と再会する。円華の不思議な力を目撃し、また、担当した2つの事故調査の見解に自信が持てなくなっていた青江は、中毒死した水城義郎や那須野五郎のことを調べるうちに、映画監督の甘粕才生のブログに行き当たる。そこには家族に起きた悲惨な事故のこと、そして家族のことが書かれていた。

登場人物[編集]

羽原 円華(うはら まどか)
10歳の時に母と帰省した北海道で竜巻に遭い、母を亡くす。
羽原 全太朗(うはら ぜんたろう)
円華の父。
開明大学病院の脳神経外科医師。脳神経細胞再生の第一人者。
甘粕 謙人(あまかす けんと)
円華より2歳年上。姉の自殺の巻き添えで植物状態になる。
羽原医師の脳神経再生手術を受ける。
甘粕 才生(あまかす さいせい)
謙人の父。映画の鬼と言われた、映画監督。
47歳の時に事故で家族を失ってから、映画制作から距離を置いている。
青江 修介(あおえ しゅうすけ)
地球化学が専門の、泰鵬大学教授。
赤熊温泉の事故調査を警察から依頼され、苫手温泉の事故調査を地元新聞社から依頼される。
武尾 徹(たけお とおる)
円華のボディーガード。元警察官。
桐宮 玲(きりみや れい)
開明大学総務課。羽原の部下。

警察[編集]

中岡 祐二(なかおか ゆうじ)
麻布北警察署の刑事。
水城は事故死ではなく遺産狙いの殺人ではないかと、千佐都の関与を疑っている。
成田
麻布北警察署刑事課係長。中岡の上司。

被害者とその家族[編集]

水城 義郎(みずき よしろう)
66歳。映像プロデューサー。千佐都とは3度目の結婚で、財産目当てなのは承知している。
赤熊温泉で亡くなる。
水城 千佐都(みずき ちさと)
義郎の妻。28歳くらい。元銀座のホステス。
水城ミヨシ
義郎の母。千佐都との結婚に反対する。
介護サービス付きの高級老人ホームで独り暮らし。
那須野 五郎(なすの ごろう)
39歳。売れない役者で、本名は森本五郎。
苫手温泉で亡くなる。

温泉地の関係者[編集]

前山 洋子(まえやま ようこ)
水城夫妻や青江教授や円華が宿泊した赤熊温泉の旅館の女将。
磯部(いそべ)
赤熊温泉の県環境保全課の公務員。事故地の硫化水素濃度のデータ収集責任者。
内川
北陸毎朝新聞社の女性記者。苫手温泉の事故で青江に意見を求める。

映画[編集]

2018年に、映画化され公開される予定である[3]。主演は櫻井翔、監督は三池崇史、配給東宝[4]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]