学生街の殺人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
学生街の殺人
著者 東野圭吾
発行日 1987年6月26日
発行元 講談社
ジャンル ミステリ推理小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 414
前作 白馬山荘殺人事件
次作 11文字の殺人
公式サイト 学生街の殺人 講談社
コード ISBN 978-4-06-203372-5
ISBN 978-4-06-184721-7A6判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

学生街の殺人』(がくせいがいのさつじん)は、1987年6月24日講談社から発行された、東野圭吾本格推理小説1990年7月15日講談社文庫版が刊行された。文庫版の解説は新保博久

この作品は、吉川英治文学新人賞日本推理作家協会賞の受賞候補になった。

あらすじ[編集]

とある大学から駅までの道。しかし、新しい駅ができてしまい、すっかりさびれてしまった学生街。その学生街のビリヤード場で働く、津村光平の知人、脱サラしてしまった松木が、何者かによって殺された。「俺はこの町が嫌いなんだ」と不思議なメッセージを光平に残して……。

その後、第2の殺人が起きた。密室で起きた第2の事件は、恐るべき展開を引き起こしていく。

登場人物[編集]

津村光平
ビリヤード場『青木』のホールスタッフ。松本の知人。23歳。
有村広美
光平の恋人。カフェ・バー「モルグ」の共同経営者。
松木元晴
『青木』のフロア責任者。自宅で何者かに殺害される。本名は杉本潤也。
佐緒里
『青木』の従業員。
マスター
『青木』のマスター(経営者)。
日野純子
カフェ・バー「モルグ」の共同経営者。有村広美の親友でもある。

キャッチコピー[編集]

その町には学生がいて、時がくると彼らは去っていく。

エピソード[編集]

  • 東野は、大作だから話題になって売れるかもと期待したが、ちっとも売れず、少しでも売れているように見せかけようと、東京中の主立った書店を巡り、2冊ずつ買った。と語っている。だが、出した当時は売れ行きが悪かったらしい。