人魚の眠る家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
人魚の眠る家
著者 東野圭吾
発行日 2015年11月18日
発行元 幻冬舎
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 392
公式サイト 人魚の眠る家 幻冬舎
コード ISBN 978-4-34-442730-3
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

人魚の眠る家』(にんぎょのねむるいえ)は東野圭吾による小説、およびそれを原作とした日本映画

東野圭吾デビュー30周年記念作品[1]

あらすじ[編集]

夫の浮気で別居状態にあった和昌と薫子の夫婦は、娘の瑞穂の有名私立小学校の受験が終わったら離婚するつもりでいた。円満な関係をアピールするため、面接試験の予行演習を待っていたある日、薫子の母や妹たちとプールに行った瑞穂がプールの排水溝の網に指を突っ込んで抜けずに溺れてしまう。和昌と薫子は病院に駆けつけるが、集中治療室に運ばれた娘が脳死状態であることを告げられ医師から厳しい選択を迫られてしまう。もう二度と目を覚まさない瑞穂の臓器を提供するかどうか。他人を思いやれる心優しい我が子を思い2人は一度は臓器提供を決断するが、最期の日、瑞穂の手がかすかに動くのを薫子は目撃してしまう。薫子は判断を覆し臓器提供を拒み、そこから心臓は動き続けるが眠り続ける瑞穂を家族の協力のもと介護しつづける。和昌はIT系機器メーカーのハリマテクスを経営しており、人工呼吸器を外し人工知能呼吸コントロールシステムを装着する手術を瑞穂に受けさせる。さらに社員の協力で瑞穂の筋肉に電気信号を流し手足が動かせるようになり筋肉量も維持していく。そこから瑞穂の体調は良くなり、普通の子がただ眠っているような姿のまま成長していくが、脳死したはずの瑞穂が動くことに気持ち悪がる人間もおり、その偏見の目は瑞穂の弟・生人にまで及ぶ。家族は薫子を思い今まで違和感を口に出せずにいたが、瑞穂の死を受け入れなければならないと考えるようになる。そして瑞穂の体調も急激に悪化し始める。

主な登場人物[編集]

播磨 薫子
和昌と結婚し二児の母となるが、夫との関係に悩み精神状態が不安定になる。
播磨 和昌
薫子の夫でIT系機器メーカー・ハリマテクスの社長。家族に関心を持たない仕事人間。
播磨 瑞穂
和昌と薫子の長女。6歳の時にプールで事故に遭い脳死判定され、そこから植物状態で薫子に介護されながら生き続ける。
播磨 生人
和昌と薫子の長男で瑞穂の2歳下の弟。元気だったころは姉とも仲が良かったが、徐々に姉が原因で苛められそうになり、瑞穂は死んだと言うようになる。
星野祐也
障害者をサポートする最先端のBMI技術を研究するハリマテクスの社員。この技術で眠ったままの瑞穂の体を動かせるようにする。
川嶋真緒
星野の恋人。播磨家を頻繁に訪れる星野を尾行し、意識が無いのに体が動く瑞穂を目撃する。
美晴
薫子の二歳下の妹。瑞穂の介護に協力する。
千鶴子
薫子と美晴の母親。孫の瑞穂を事故に遭わせてしまったと責任を感じている。
若葉
美晴の娘で瑞穂の同い年の従妹。瑞穂が事故に遭った日もプールで一緒に遊んでいて、自分のせいで瑞穂が事故に遭ったと誰にも言えずに抱え込む。
進藤
脳神経外科の医者で瑞穂の主治医。
榎田博貴
夫との関係で悩んでいた薫子が通っていたクリニックの主治医。瑞穂の事故まで外でも会うような関係を続けていた。
播磨多津朗
和昌の父で、ハリマテクスの創業者。
宗吾
小学5年生の少年。大きな家で人魚のように眠る少女を目撃する。

映画[編集]

人魚の眠る家
監督 堤幸彦
脚本 篠崎絵里子
原作 東野圭吾「人魚の眠る家」
製作 新垣弘隆
梶本圭
井上潔
製作総指揮 吉田繁暁
臼井裕詞
出演者 篠原涼子
西島秀俊
坂口健太郎
川栄李奈
山口紗弥加
田中哲司
斉木しげる
大倉孝二
駿河太郎
ミスターちん
遠藤雄弥
利重剛
稲垣来泉
斎藤汰鷹
荒川梨杏
荒木飛羽
田中泯
松坂慶子
音楽 アレクシス・フレンチ
主題歌 絢香「あいことば」
撮影 相馬大輔
古長真也(Bカメラ)
編集 洲崎千恵子
制作会社 オフィスクレッシェンド
製作会社 「人魚の眠る家」製作委員会
配給 松竹
公開 2018年11月16日
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2018年11月16日全国公開[2]。配給松竹。監督は堤幸彦、主演は篠原涼子[3]

第31回東京国際映画祭の「GALAスクリーニング」作品に選出された[4][5]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ SUNNY 強い気持ち・強い愛』と合わせて受賞。

出典[編集]

外部リンク[編集]