マスカレード・ホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
「マスカレード」シリーズ > マスカレード・ホテル
マスカレード・ホテル
著者 東野圭吾
発行日 2011年9月10日
発行元 集英社
ジャンル ミステリ推理小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 464
次作 マスカレード・イブ
公式サイト books.shueisha.co.jp
コード ISBN 9784087714142
ISBN 9784087452068文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

マスカレード・ホテル』は東野圭吾の長編ミステリ小説。

概要[編集]

2008年12月から2010年9月まで集英社の月刊誌『小説すばる』に掲載されのち、2011年9月10日に集英社より単行本が発刊された。東野の作家生活25周年記念作品第3弾の作品で、タイトルの「マスカレード」が英語で仮面舞踏会を意味することであることから、表紙にはアイマスクが描かれている。

2014年7月18日には、集英社文庫版が刊行された。

なお、舞台となった架空のホテルは、巻末に取材協力団体として紹介されている日本橋の「ロイヤルパークホテル」がモデルになったと推察される[1]

2019年1月18日木村拓哉の主演で映画化される予定である[2][3]

あらすじ[編集]

東京都内で3件の予告殺人事件が起きた。事件現場に残された不可解な暗号から、3つの事件は連続殺人事件として捜査される。警視庁の捜査本部は、数列暗号が次の犯行現場を予告するものであると解読し、第4の殺人は高級ホテル「ホテル・コルテシア東京」で起こると推測する。

数名の捜査員が、第4の事件を未然に防ぐ為フロントスタッフやベルボーイに扮してホテルに配置され、不慣れなホテルマンとしてのホテル業務に悪戦苦闘しつつ、不審な宿泊客を監視する事を強いられる。捜査一課の刑事・新田浩介は、英語ができる帰国子女であることから、同ホテルのフロントスタッフに扮することになり、新田の補佐・教育係には、優秀なフロントクラークの山岸尚美が任命された。

立場も職業倫理も異なることから、潜入捜査が始まった段階では衝突の多い2人だったが、共にホテルマンとして、時には捜査員としての目線を互いに共有しながら、日常起こるホテル内での悲喜交々の出来事に対峙していくうち、二人の間には信頼と共闘意識が生まれる。そして、捜査本部がこれまでにない厳戒体制を敷いた、ある特別な1日が始まった。

登場人物[編集]

警視庁[編集]

新田 浩介
捜査一課。警部補。フロントスタッフとして潜入する。
稲垣
捜査一課係長。新田の上司。
尾崎
捜査一課管理官。
本宮
捜査一課。新田の先輩。客を装ってホテルの監視に当たる。
関根
捜査一課。巡査。ベルボーイとして潜入する。
能勢
品川警察署の刑事。一見愚鈍だが、バディを組んだ刑事は、皆一目置いている。

ホテル・コルテシア東京のスタッフ[編集]

山岸 尚美
フロントクラーク。新田の教育係の担当を任命される。
藤木
総支配人。尚美の初上京時の副支配人。尚美にホテル就職を決意させた温厚な人物。
田倉
宿泊部長。尚美の直接の上司。
久我
フロントオフィス・マネージャー。
杉下
ベルキャプテン。
仁科 理恵
宴会部ブライダル課。

ホテル・コルテシア東京の客[編集]

片桐 瑶子
宿泊客。目の不自由な老婦人。しかし、新田はかすかな違和感を覚える。
安野 絵里子
宿泊客。とある男性の写真を示し、決して近づかせないでほしいと依頼する。
栗原 健治
宿泊客。新田に不自然なほど絡み、理不尽な要求を繰り返す。実は過去に新田と因縁があった。
高山 佳子
ホテル・コルテシア東京で挙式する予定。自宅の郵便物が紛失するなど、ストーカーに狙われている疑いがある。

映画[編集]

マスカレード・ホテル
MASQUERADE HOTEL
監督 鈴木雅之
脚本 岡田道尚
原作 東野圭吾『マスカレード・ホテル』
出演者 木村拓哉
長澤まさみ
音楽 佐藤直紀
制作会社 映画「マスカレード・ホテル」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗2019年1月18日 (予定)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

キャスト (映画)[編集]

スタッフ (映画)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]