篠井英介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ささい えいすけ
篠井 英介
本名 篠井 英介
別名義 藤間 勘智英(日本舞踊名)
生年月日 (1958-12-15) 1958年12月15日(59歳)
出生地 日本の旗 日本石川県金沢市
身長 173cm
血液型 A型
職業 俳優(男優、女形)
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1984年 -
事務所 Me&Herコーポレーション
主な作品
テレビドラマ
総理と呼ばないで
鹿男あをによし
まれ

舞台
欲望という名の電車
天守物語

篠井 英介(ささい えいすけ、1958年12月15日 - )は、日本俳優。身長173cm、体重63kg。現代演劇の女形として有名。Me&Herコーポレーション所属。石川県金沢市出身。

来歴・人物[編集]

金沢市上堤町に生まれ、小学校に上がる5歳まで住んでいた。上堤町には曽祖父が富山県城端町から移り住んで居を構えていた。5歳の時から美空ひばりに憧れて日本舞踊を学ぶ[1]。小学校では放送部に所属し、音楽の起源を題材にしたラジオドラマを作ったりしていた。また、小学校の鑑賞会で『サウンド・オブ・ミュージック』を観て俳優を志す。中学校卒業後石川県立金沢向陽高等学校に入学。中・高では演劇部に在籍した。高校生の時に金沢の劇場で見た杉村春子の舞台『欲望という名の電車』に深い感銘を受け、密かに"女優"になることを目指す[1][2][3]

日本大学藝術学部演劇学科に入学。大学在学中に銅鑼魔館という演劇集団に籍を置き、いとうせいこう黒衣をした。元々は歌舞伎役者を志望したが断念し、加納幸和事務所に所属。1987年には加納、木原実らと「ネオかぶき」劇団花組芝居を旗揚げし、女形として活躍した。1990年に退団。その後は『欲望という名の電車』(主演・ブランチ役)や、『サド侯爵夫人』(主演・ルネ役)など数多くの舞台に出演し、現代演劇の女形として活躍している。また、深沢敦大谷亮介と演劇ユニット『3軒茶屋婦人会』を結成し、2003年以降、数年に一本のペースで公演を行っている。

中性的な役・悪役が定番の役どころ。

バラエティ番組にもよく出演しており、『脳内エステ IQサプリ』(深夜時代)では司会をしていた。現在[いつ?]はラジオ番組『ラジオあさいちばん 篠井英介のシアターへの招待』に出演している。

特技は日本舞踊で、宗家藤間流師範・藤間勘智英の名を持つ。

1992年、第29回ゴールデンアロー賞演劇新人賞を受賞。

2012年10月23日に石川県観光特使[4]に、2014年には石川県観光大使に任命された[4]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

ラジオ[編集]

テレビアニメ[編集]

ゲーム[編集]

オリジナルビデオ[編集]

教養番組[編集]

  • 雅の世界・百人一首(2010年、NHK) - 朗読
  • 歴史ミステリー 日本の城見聞録(2015年 - 、BS朝日) - 案内人

バラエティ[編集]

CM[編集]

著書[編集]

  • 『僕は女方-篠井英介の世界』鈴木勝秀編 メトロポリタン 1998
  • 『いい芝居いい役者』三月書房 2012

脚注[編集]

  1. ^ a b “篠井英介 インタビュー【私のターニングポイント】”. (2008年7月3日). オリジナル2009年11月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091127045441/interview.engekilife.com/17/ 2017年10月22日閲覧。 
  2. ^ 篠井英介「女形の僕には先がない」切羽詰まった気持ちで挑む理由|dot.”. 朝日新聞出版 (2017年8月1日). 2017年10月22日閲覧。
  3. ^ 篠井英介 - KINENOTE
  4. ^ a b PROFILE 篠井英介 (PDF)”. ミーアンドハーコーポレーション. 2018年4月27日閲覧。

外部リンク[編集]