信長の棺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
信長の棺
著者 加藤廣
発行日 2005年5月25日
発行元 日本経済新聞社
文藝春秋A6判
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 424
公式サイト 信長の棺 - 加藤廣|日本経済新聞出版社
コード ISBN 978-4532170677
ISBN 978-4167754013(上、A6判
ISBN 978-4167754020(下、A6判)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

信長の棺』(のぶながのひつぎ)は、加藤廣著の歴史小説日本経済新聞に連載された。単行本と文庫を合計した発行部数が約250万部[1]ベストセラーとなり、また第87-89代内閣総理大臣小泉純一郎の愛読書でもあった。

これを原作としたスペシャルテレビドラマはテレビ朝日系列で2006年11月5日の『日曜洋画劇場』で放送され、視聴率は17.8%を記録した。

ストーリー[編集]

信長の家臣太田牛一は、主君からとある密命を受けるも、直後信長は本能寺の変により横死を遂げる。生前の命令に従うべく柴田勝家のもとへ向かった牛一は佐久間に捕らわれてしまう。10ヶ月後牛一は、賤ヶ岳の戦いに勝利し、信長の後継者となった秀吉に助け出される。秀吉から信長の伝記を執筆することを命じられた牛一は、山の民の娘、楓とともに信長の遺体の行方を捜し始める。 信長の遺体の行方を追っていくと丹波で山の民の頭で楓の祖父である惣兵衛と出会い、阿弥陀寺の僧清如に会う道筋をつけてくれる。その後清如と会った牛一は、本能寺から南蛮寺への抜け穴の存在や秀吉は山の民出身であったということ、抜け穴を秀吉が埋めたことが原因で信長が死んだことなどを知らされる。

テレビドラマ[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]