竹内敬持

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

竹内 敬持(たけのうち たかもち、正徳2年(1712年) - 明和4年12月5日1768年1月24日))は、江戸時代中期の神道家、尊王論者。父は越後の医師竹内宗詮。通称は竹内式部。号は正庵・羞斎(しゅうさい)など。子に竹内主計

1728年享保13年)頃上京して徳大寺家に仕え、山崎闇斎門下の松岡仲良玉木正英に師事して、儒学垂加神道を学んだ。家塾を開いて、若い公家たちに大義名分を重んじる垂加神道の教義を教授したことから、1758年宝暦8年)の宝暦事件では、中心人物として重追放の処分を受けて京都を追放された。その後1767年(明和4年)山県大弐らによる明和事件の際、関与を疑われて八丈島に流罪となり、送られる途中に三宅島で病没した。