谷川士清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
谷川 士清
谷川士清像(三重県津市)
人物情報
生誕 宝永6年2月26日(1709年4月5日)
伊勢国
死没 安永5年10月10日(1776年11月20日))
伊勢国・津
居住 伊勢国・津
子供 長男:士逸
:士行
曾孫:清逸
学問
時代 江戸時代中期
研究分野 国学
主要な作品 『日本書紀通証』
『和訓栞』
影響を
受けた人物
山崎闇斎
松岡玄達
玉木正英
有栖川宮職仁親王
影響を
与えた人物
飯田元親[注 1]
蓬萊尚賢
本居宣長
主な受賞歴 従四位[2]
テンプレートを表示

谷川 士清(たにかわ ことすが、宝永6年2月26日(1709年4月5日) - 安永5年10月10日(1776年11月20日))は、江戸時代国学者である[3][4]。通称は養順。字は公介淡斎

人物[編集]

伊勢国(現、三重県津市)の医者の家に生まれ、京都に出て医学を学ぶ傍ら、玉木正英(葦斎)から垂加神道を学ぶ。津に帰った後、家塾「洞津谷川塾」を開いて門人を指導した。また、有栖川宮職仁親王から和歌を学び、医業に精を出す一方で、独学国学を研究した。

宝暦事件明和事件によって竹内式部が処罰されると、親しい交流のあった士清も逮捕される。士清は藤堂高朗の助けで事なきを得たが、士清が『読大日本史私記』で『大日本史』における誤りを一つ一つ痛烈に批判したことで、藤堂高嶷により士清は津以外の土地への出国を禁止され、長男の士逸は津への入国を禁止されたことにより、直接の学統は廃れていくことになった[注 2]

大正4年(1915年)、従四位を追贈された。

業績[編集]

『日本書紀通証』は『日本書紀』全体にわたる最初の詳細な注釈であり[7][8]、『日本書紀』を正確に解釈することで国体を明確にするという意図に基づいている。

士清が国語学に残した功績は大きい。『日本書紀通証』第1巻に収録した「和語通音」は本居宣長の学統に影響を与えた動詞活用表であり[注 3]、『和訓栞』は五十音順に配列された本格的な国語辞典であった[注 4]

反面、士清の古典研究は、在来の学説を集成したもので、独創性に乏しいという評価がある。士清と交流があった本居宣長も「和語通音」は絶賛しているが[注 5]、士清の古典解釈については垂加神道に基づくこじつけが多く非学問的だと批判している。

主な著作[編集]

  • 『日本書紀通証』
  • 『和訓栞』
  • 『読大日本史私記』
  • 『勾玉考』
  • 『鋸屑譚』

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 橘守部の父[1]
  2. ^ 津藩の藩校である有造館が水戸の藩校の学風を取り入れていたことも、士清に対する厳しい処分に繋がったという[5][6]
  3. ^ 史上初の動詞活用表」とされることがあるが、『韻鏡図』(正保3年〈1646年〉)の存在により優先権は認め難い[6][9]。また、例示された動詞の活用が実態にそぐわなかったり、理論的な説明が施されていなかったりなど、実用性にも問題がある[6]
  4. ^ 日本初の五十音順に配列された国語辞典」とされるが、最古のものとしては『温故知新書』の存在が確認できる[6][10]。なお、『和訓栞』は士清の存命中に全巻を刊行できず、士清の死後、遺族の手によって引き継がれ、1887年明治20年)に全巻刊行された。
  5. ^ 京都遊学中に「和語通音」を読んで写し取っている[5]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 谷川士清先生事蹟表彰会編 『谷川士清先生伝』大日本図書、1911年。 
  • 加藤竹男 『谷川士清先生』谷川士清先生遺蹟保存会、1924年。 
  • 加藤竹男 『国学者谷川士清の研究』湯川弘文社、1934年。 
  • 谷川士清顕彰保存会編 『谷川士清小伝』谷川士清顕彰保存会、1972年。 
    • 津市教育委員会文化課編 『谷川士清小伝改訂』津市教育委員会、1999年。 
    • 津歴史街道構想推進事業委員会編 『改訂谷川士清小伝』津歴史街道構想推進事業委員会、2003年。 
  • 谷川士清顕彰保存会編 『資料・谷川士清をめぐる人々』谷川士清顕彰保存会、1975年。 
  • 田尻佐編 『贈位諸賢伝 増補版(上)』近藤出版社、1975年。 
  • 内藤湖南 『日本文化史研究(上)』講談社学術文庫、1976年。 
  • 北岡四良 『近世国学者の研究』故北岡四良教授遺稿集刊行会、1977年。 
    • 北岡四良 『〈復刻〉近世国学者の研究』皇學館大学出版部、1996年。 
  • 足立巻一「谷川士清の好古」『歴史と人物』第13巻第8号、中央公論新社、1983年。
  • 谷川士清 著、尾崎知光 編 『和訓栞:大綱』勉誠社〈勉誠社文庫121〉、1984年。 
  • 森博達 『日本書紀の謎を解く:述作者は誰か』中公新書、1999年。 
  • 沖森卓也 編 『図説日本の辞書』おうふう、2008年。 
  • 谷川士清生誕300年記念事業実行委員会編 『士清さん:谷川士清生誕三百年記念誌』谷川士清生誕300年記念事業実行委員会、2011年。 
  • 平井吾門「谷川士清」『日本語学』第35巻第4号、明治書院、2016年。