一条道香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

一条 道香(いちじょう みちか、享保7年10月10日1722年11月18日) - 明和6年9月5日1769年10月4日))は江戸時代公卿一条兼香の子。母は家女房。正室は池田政純の娘、静子(池田継政の養女)。子は一条輝良、八代君(徳川治保室)、真君(久我信通室)、教君(三宝院継)らが、他に早世した2男4女がいる。号は得成寺。藤氏長者。八代君は江戸幕府15代征夷大将軍徳川慶喜の曾祖母であるため、道香は慶喜の高祖父に当たる。

略歴[編集]