藤井直明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤井 直明(ふじい なおあき、享保5年(1720年) - 明和4年8月22日1767年9月14日))は、江戸時代中期の尊王論者。父は藤井宗茂[1]。初名は吉太郎。通称は右門(うもん)。生まれは越中国射水郡小杉宿(現・富山県射水市)。

生涯[編集]

1735年(享保20年)郷里を出奔して上洛し、諸大夫藤井忠義養子となり家督を継いだ。京都竹内式部を知り、皇学所教授となって公卿に尊王論を説いた。1758年宝暦8年)の宝暦事件で竹内式部が捕らえられると京都を逃れ、江戸へ出て右門と名乗り山県大弐の家に身を寄せた。1766年(明和3年)の明和事件では山県大弐、竹内式部とともに捕らえられ、翌1767年(明和4年)『兵書雑談』の内容に不敬があったとして打首・獄門の刑に処せられた(牢死説もある)。

なお、直明のひ孫である藤井多門は、岩倉具視と親交を深め、直明の思想が明らかとなり、明治維新後に正四位が贈られた。出身地の射水市では、毎年8月に住民により顕彰祭が行われている。

史跡[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 赤穂事件当時の浅野家赤穂藩江戸主席家老