近衛内前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

近衛 内前(このえ うちさき、享保13年6月22日1728年7月28日) - 天明5年3月20日1785年4月28日))は、江戸時代中期の公家関白太政大臣。父は近衛家久、母は満君(島津吉貴娘)。室は勝子(徳川宗春の娘)。子女は近衛経熙、因子(閑院宮美仁親王妃)、維子後桃園天皇女御で、欣子内親王の母。)など。養女に年子仙台藩伊達重村室)。猶子の広幡前豊前秀父子には「前」の字を与えている。

享保19年(1734年)に元服桃園天皇後桃園天皇の関白、後桜町天皇、後桃園天皇の摂政を務めた。また、安永8年(1779年)に後桃園天皇が崩御した際、後桜町上皇とともに、伏見宮家から継嗣を迎えようとしたという。