鷹司冬教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
鷹司冬教
時代 鎌倉時代初期 - 南北朝時代
生誕 嘉元3年(1305年
死没 建武4年正月26日1337年2月27日
別名 後圓光院殿(号)、冬敎(正字)
官位 従一位関白左大臣藤原氏長者
主君 花園天皇後醍醐天皇光厳天皇光明天皇
氏族 鷹司家
父母 父:鷹司基忠、母:衣笠経平の娘
養父:鷹司冬平
兄弟 冬平冬基冬教聖忠良信道珍尊基慈兼増基禅基増静聖寿良聖、女子(近衛兼教室)
一条内実女
師平
テンプレートを表示

鷹司 冬教(たかつかさ ふゆのり)は鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての公卿鷹司基忠の三男だが、兄・冬平の養子となる。号は後円光院関白

経歴[編集]

延慶2年(1309年)4月、元服と同時に正五位下に叙せられ、禁色を聴される。6月に右近衛中将に任ぜられ、8月に従四位下、10月に正四位下、11月に従三位に叙せられて5歳にして公卿に列す。

延慶3年(1310年正三位権中納言に叙任される。12月15日、養父・冬平太政大臣に任ぜられると、冬教は父に扈従して慶賀を申している[1]応長元年(1311年)には従二位権大納言に叙任され、応長2年(1312年正二位に叙せられた。元応2年(1320年)左近衛大将・左馬寮御監を兼ね、元亨2年(1322年内大臣、元亨3年(1323年)には東宮傅を兼ねて元亨4年(1324年)に左大臣に任ぜられた。正中3年(1326年)東宮傅を辞任。

嘉暦2年(1327年)養父・冬平の薨去を受けて喪に服す。嘉暦4年(1329年従一位に叙せられて元徳2年(1330年)正月、近衛経忠が冬教を飛び越えて関白氏長者となったことを不満として辞職したが、同年8月に関白宣下がされた。しかし、元弘3年(1330年)5月17日、後醍醐天皇により光厳天皇即位が廃され、同天皇が与えた官位は無効となったため、その関白である冬教は関白を解任されてしまう。建武元年(1334年右大臣となり、氏長者治部卿を兼ねた。建武2年(1335年)に左大臣に還ったが、11月に職を辞退した。

建武の新政崩壊後の建武4年(1337年)正月26日に33歳で薨御した。嗣子が無かったため、甥の師平を養子に迎えた。

人物[編集]

和歌に通じ、『続千載和歌集』以下の勅撰和歌集に七首が入集している。

官歴[編集]

※以下、註釈の無いものは『公卿補任』の記載に随う。

  • 延慶2年(1309年
    • 4月20日[2]:元服。正五位下に叙し、禁色を聴す。
    • 4月27日:右近衛少将に任ず。
    • 6月12日:右近衛中将に転ず。
    • 8月10日:従四位下に叙す。
    • 10月12日:正四位下に叙す。
    • 11月23日:従三位に叙す(大嘗會叙位院御給)。右中将如元。
  • 延慶3年(1310年
    • 2月8日:権中納言に任ず。右中将如元。
    • 5月11日:正三位に叙す。
  • 応長元年(1311年
    • 閏6月26日:従二位に叙す。
    • 12月21日(1312年1月30日):権大納言に任ず。
    • 12月23日(1312年2月1日):勅授帯剣。
  • 応長2年(1312年)3月3日:正二位に叙す。
  • 正和2年(1313年)7月7日:服暇す。
  • 元応2年(1320年
    • 4月12日:左近衛大将を兼ぬ。
    • 5月14日:左馬寮御監に補す[3]
  • 元亨2年(1322年
    • 8月11日:内大臣に任ず。
    • 8月12日:左大将還宣旨を下す。
  • 元亨3年(1323年
    • 正月11日:左近衛大将を辞す。
    • 正月13日:左右近番長各一人を賜い、近衛各三人を随身と為す。
    • 9月28日:東宮傅を兼ぬ。
  • 元亨4年(1324年)4月27日:左大臣に転ず。東宮傅如元[3]
  • 正中3年(1326年)3月20日:東宮傅を辞す。
  • 嘉暦2年(1327年
    • 正月19日:服解(父)。
    • 4月12日:復任。
  • 嘉暦4年(1329年)正月5日:従一位に叙す。
  • 元徳2年(1330年
    • 正月27日:辞任。
    • 8月25日:関白宣下。同日内覧兵仗宣下。
  • 元徳3年(1331年)正月30日:左大臣を辞す。
  • 元弘3年(1333年)5月17日:関白を辞す。
  • 建武元年(1334年
    • 10月9日:右大臣に任じ、氏長者と為す。
    • 12月17日(1335年1月12日):治部卿を兼ぬ。
  • 建武2年(1335年
    • 2月16日:左大臣に転ず。氏長者治部卿如元。
    • 11月19日:所職并びに氏長者を辞す。

脚注[編集]

  1. ^ 花園天皇宸記延慶3年12月15日条。
  2. ^ または、4月5日。
  3. ^ a b 諸家伝』。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年
  • 村田正志「鷹司冬教」『国史大辞典 9』吉川弘文館、1988年