鷹司師平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
鷹司師平
時代 鎌倉時代南北朝時代北朝
生誕 応長元年(1311年
死没 文和2年8月6日1353年9月4日
官位 従一位関白右大臣
主君 後醍醐天皇光厳天皇→後醍醐天皇→光明天皇崇光天皇→(後村上天皇)→後光厳天皇
恒良親王(春宮職)
氏族 藤原氏藤原北家御堂流鷹司家
父母 鷹司冬平中将長平
養父:鷹司冬教(実叔父)
洞院公賢
冬通
特記
事項
後村上天皇出仕は正平一統
テンプレートを表示

鷹司師平(たかつかさ もろひら)は、日本鎌倉時代から南北朝時代にかけての公卿

官職歴[編集]

  • 正中2年12月30日(1326年2月3日) - 正中3年2月19日(1326年3月23日) 右近衛少将
  • 正中3年2月19日(1326年3月23日) - ? 右近衛中将
  • 嘉暦2年3月24日(1327年4月16日) - 嘉暦3年3月16日(1328年4月26日) 播磨権守
  • 嘉暦3年3月16日(1328年4月26日) - 嘉暦4年6月28日(1329年7月25日) 権中納言
  • 嘉暦4年6月28日(1329年7月25日) - 建武4年7月12日(1337年8月8日) 権大納言
  • 元弘4年正月23日(1334年3月7日) - 建武3年10月10日(1336年11月13日) 春宮大夫恒良親王
  • 建武3年3月2日(1336年4月13日) - 暦応元年10月19日(1338年12月1日) 右近衛大将
  • 建武4年7月12日(1337年8月8日) - 暦応2年12月27日(1340年1月26日) 内大臣
  • 暦応2年12月27日(1340年1月26日) - 康永2年3月27日(1343年4月22日) 右大臣
  • 康永2年4月10日(1343年5月4日) - 貞和2年2月29日(1346年3月22日) 関白

位階歴[編集]

  • 正中2年12月29日(1326年2月2日) 正五位下
  • 正中3年正月5日(1326年2月8日) 従四位下
  • 嘉暦2年正月5日(1327年1月28日) 正四位下
  • 嘉暦2年6月16日(1327年7月5日) 従三位
  • 元徳2年正月5日(1330年1月24日) 正三位
  • 元徳3年正月5日(1331年2月12日) 従二位
  • 元弘2年3月18日(1332年4月13日) 正二位
  • 正慶2年5月17日(1333年6月29日) 従二位
  • 建武2年正月5日(1335年1月30日) 正二位
  • 康永3年正月5日(1344年1月20日) 従一位

参考文献[編集]

公職
先代:
九条道教
関白北朝
1342 - 1346
次代:
二條良基
先代:
九条道教
右大臣(北朝)
1340 - 1343
次代:
二條良基
先代:
一条経通
内大臣(北朝)
1337 - 1340
次代:
堀川具親
先代:
東宮職設置(恒良親王立太子)
春宮大夫恒良親王
1334 - 1336
次代:
東宮職廃止(恒良親王廃嫡のため)
軍職
先代:
九条道教
右近衛大将(分裂前→北朝)
1336 - 1338
次代:
堀川具親