鷹司尚武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鷹司 尚武(たかつかさ なおたけ、1945年6月9日 - )は、日本の実業家。前伊勢神宮大宮司五摂家の一つだった鷹司家の28代目当主。旧姓名は松平 尚武日本電気通信システム(NEC通信システム)社長を務めた[要出典]

養母の鷹司和子昭和天皇の第三皇女であり、今上天皇は義理の叔父にあたる。子供は、長男尚通の他、娘が1人いる[要出典]

来歴・人物[編集]

松平乗武(旧美濃岩村藩大給松平家当主松平乗長の次男)・章子(ふみこ、鷹司信輔の次女)夫妻の長男として生まれるが、尚武が誕生して間もなく父は戦死した。その後、子供の無かった鷹司平通和子夫妻の養子となり、鷹司家を継ぎ第28代目当主[要出典]

学習院初等科・中等科を経て1964年、学習院高等科卒業[1]。1970年、慶應義塾大学工学部卒業[2]。1972年、同大学院工学研究科修了。同年、日本電気株式会社(NEC)に入社した。NECネットワークスソリューション開発事業本部長、NECネットワークス執行役員を経て、NEC通信システム社長に就任した。2007年6月に退任。翌月、戦後9人目となる伊勢神宮大宮司に就任し[3]、2017年7月に退任した。日本会議の顧問も務めている[4]。音楽活動は学習院ブルーレンジャーズに所属[要出典]

出典[編集]

  1. ^ 昭和40年高等科卒同期会(木瓜の会) | 学習院同窓会桜友会・輔仁会
  2. ^ ブルー・レンジャース&ダンシング・レンジャース
  3. ^ “伊勢神宮の新大宮司に鷹司氏 戦後9人目”. asahi.com (朝日新聞社). (2007年7月1日). オリジナル2016年2月14日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/SCt2J 
  4. ^ 遠藤悠樹(編)、日本会議の人脈、三才ブックス、2016年。
[ヘルプ]