鷹司家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鷹司家
No image available.svg
たかつかさ ぼたん
鷹司牡丹
本姓 藤原北家近衛流支流
家祖 鷹司兼平
種別 公家摂家
華族公爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 鷹司兼平
鷹司輔平
鷹司平通
鷹司信平松平信平
支流、分家 鷹司氏武家
鷹司松平家武家
凡例 / Category:日本の氏族

鷹司家(たかつかさけ)は、五摂家のひとつで公家である。



概要[ソースを編集]

鎌倉時代中頃、藤原北家嫡流近衛家実の 4男兼平が祖。家名は平安京の鷹司小路に由来する(兼平の邸宅が鷹司室町にあった)。江戸時代、家禄1000石のち1500石。維新後、煕通公爵に叙せられた。家紋牡丹

戦国時代鷹司忠冬を最後に一度断絶した(1546年 - 1579年)が、後に二条晴良の子の信房が鷹司家を再興し近代まで続く。1743年閑院宮直仁親王皇子である鷹司輔平が鷹司家を継承した。江戸後期から幕末にかけて鷹司家の当主が関白を務める機会が多く、特に鷹司政通は30年余りにわたって関白を務めた。

また、信房の娘の孝子徳川家光正室となったことから、弟である鷹司信平は、松平を名乗ることが許され、天皇に仕える公家から、徳川家旗本へと転身した、この武家の鷹司家は、代を重ねるごとに加増され、最終的には上野吉井藩主家となった。

なお、鷹司兼平の叔父にあたる大納言兼基を祖とする鷹司家も存在する。こちらの鷹司家は室町家とも称して、兼忠兼輔輔房と続いたが、南北朝時代房通の代に断絶している。

また、鷹司政煕の早世したといわれる息子は、あらぬ罪をきせられ、都から追われ、追っ手を逃れ、奥能登で生き延び、後に奥能登鷹司家と云われるようになる。実父であるを政煕とは表立たず交流があった。身を隠すような質素な暮らしぶりだったといわれ、その姿は奥能登の人々に好意的に受け入れられた。以後、断絶することなく、土地の人々に匿われ、現在まで至る[要出典]

主な人物[ソースを編集]

吉井藩主鷹司家(称・松平)[ソースを編集]

系譜[ソースを編集]

幕末の領地[ソースを編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の鷹司家領は以下の通り。(7村・1,500石)
吉井藩主家の所領は吉井藩を参照。

  • 山城国葛野郡のうち - 1村
    • 川島村のうち - 530石7斗
  • 山城国乙訓郡のうち - 4村
    • 樋爪村のうち - 74石3斗
    • 久我村のうち - 500石
    • 井之内村のうち - 47石7斗4升5合
    • 奥海印寺村のうち - 114石4斗8升5合
  • 山城国紀伊郡のうち - 2村
    • 島村のうち - 82石7斗7升
    • 東九条村のうち - 150石

関連項目[ソースを編集]

系譜参考[ソースを編集]