鷹司家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鷹司家
家紋
鷹司牡丹たかつかさぼたん
本姓 藤原北家近衛流支流
家祖 鷹司兼平
種別 公家摂家
華族公爵
出身地 山城国京都
主な根拠地 山城国
東京
著名な人物 鷹司兼平
鷹司輔平
鷹司平通
鷹司孝子
鷹司信子
鷹司政通
鷹司信平松平信平
支流、分家 鷹司氏武家
吉井家(鷹司松平氏)武家子爵
鷹司信熙家(男爵
凡例 / Category:日本の氏族

鷹司家(たかつかさけ)は、藤原北家嫡流近衛家の分流で公家五摂家のひとつ、華族公爵家のひとつである[1]。別称は楊梅[2]家紋鷹司牡丹[3]

概要[編集]

封建時代[編集]

鎌倉時代中頃、藤原北家嫡流近衛家実の四男・兼平が祖[4]建長4年(1252年)に兼平が摂政藤氏長者宣下を賜り、以後も子孫が他の摂関家と交互に摂政・関白に任ぜられるようになり、摂関家としての家格が定まった[4]。家名は兼平の邸宅が鷹司室町にあったことに由来する[4]楊梅小路に面した猪隈殿も伝領していたため、楊梅とも称される[2]。家紋は鷹司牡丹紋。近衛牡丹紋が牡丹のしべを真上から見下ろした形であるのに対し、鷹司家は側面から見た形になっており、五本のしべがデザインされている[3]。代紋は花菱[3]

戦国時代の12代鷹司忠冬に嗣子がなかったため、1546年に断絶し、30年程中絶したが、1579年(天正7年)に織田信長の口添えにより二条晴良の三男信房により再興した[4]。信房は豊臣秀吉と親交が深く、鷹司家には第二次世界大戦のアメリカ軍の空襲で焼失するまで秀吉愛用の茶道具が伝来されていた[3]

江戸時代家禄は1000のち1500石[4]。江戸時代中期に基輝が嗣子に欠け、閑院宮直仁親王の王子が鷹司輔平として養子に入っている[4]。また三代将軍徳川家光の正室孝子、五代将軍徳川綱吉の正室信子、十三代将軍徳川家定の正室任子は鷹司家の娘だった[3]。信房の四男(孝子の弟)にあたる信平は幕臣となり、松平姓を与えられて7000石を知行した[5]。信平の孫の信清の代に1万石となり大名諸侯に列している(矢田藩のち吉井藩主)[6][7]

鷹司家23代当主・鷹司政通光格天皇仁孝天皇孝明天皇と三帝にわたる39年にもわたって宮中における最大の権力者として君臨し、後に天皇から「太閤」の称号を許された。これは秀吉と並ぶ例外的な措置であった[3]。しかし安政の大獄の際に幕府の弾圧を受けて落飾した[3]

1867年(慶応3年)に幕末の当主輔煕の嗣子輔政が22歳で実子なく死去すると九条家から煕通が養子に入った。煕通は孝明天皇皇后の英照皇太后の実弟であり、昭和天皇国母である貞明皇后の叔父にあたる[8]

明治以降[編集]

明治維新後、幕末の関白だった輔煕は明治天皇東京に行幸した際にお供をし、皇居大手門近くの大名屋敷を邸宅として下賜されたが、住み慣れた京都を恋しがり、やがてこの邸宅を返上して京都に帰郷し旧臣を使ってナタネ油の製造販売の店を始めたが、事業に失敗して数年で店を閉めることになった[9]。その後また東京に移住して麻布本村町に邸宅を所有した[10]。後に目黒区上目黒に邸宅を移した[11](上目黒の邸宅は第二次世界大戦中に米軍の空襲で焼失している[12])。

1869年(明治2年)に華族に列し、明治17年(1884年)に煕通が公爵に叙せられた[13]1905年(明治38年)には煕通の次男鷹司信熙が分家として男爵に叙された[14]。また吉井藩主だった鷹司松平家は維新に際して「松平」から「吉井」に改姓し子爵に叙せられている[7]

鷹司煕通公爵は大正天皇侍従長を務めたことで知られる[15]。その息子の鷹司信輔公爵は鳥類学者として知られ、「鳥の公爵」と呼ばれた[16]。『日本鳥類史』『飼鳥』などの著作があり、遺稿の『鳥類志』と『オーム考』は海外からも反響を呼んだ[17]。昭和天皇とは近い親戚というだけでなく、生物学を通じて信頼が深い間柄だった[8]明治神宮の宮司も務めた[18][19]。その息子の平通(としみち)は、昭和25年(1950年)に昭和天皇の第3皇女孝宮和子内親王と結婚した。旧公爵家の嫡子とはいえ、日本交通公社のサラリーマンとして満員電車で通勤していた平通と内親王が結婚したことは戦後の開かれた皇室として大きな話題になった[20]

その後、松平乗武(旧美濃岩村藩大給松平家当主・松平乗長子爵の次男)と章子(ふみこ、平通の妹)夫妻の長男尚武が養子として迎えられた[15]。尚武はNEC関連会社社長などを務めた後[18]伊勢神宮大宮司を経て、現在は神社庁統理の職に就いている。また日本会議の顧問でもある[21]

歴代当主[編集]

鷹司宗家[編集]

肖像 氏名 生没年 続柄 備考
1 Takatsukasa Kanehira.jpg 鷹司 兼平たかつかさ かねひら 安貞2年
1228年
- 永仁2年
1294年
近衛家3代当主・近衛家実の4男 従一位 摂政・関白 太政大臣 藤氏長者
2 Tktks.jpg 鷹司 基忠もとただ 宝治元年
1247年
- 正和2年
1313年
初代当主・兼平の長男 従一位 関白 太政大臣
3 Tktks.jpg 鷹司 兼忠かねただ 弘長2年
1262年
- 正安3年
1301年
初代当主・兼平の次男 従一位 摂政・関白 左大臣
4 Tktks.jpg 鷹司 冬平ふゆひら 建治元年
1275年
- 嘉暦2年
1327年
2代当主・基忠の長男 従一位 摂政・関白 太政大臣 藤氏長者
5 Tktks.jpg 鷹司 冬教ふゆのり 嘉元3年
1305年
- 建武4年
1337年
2代当主・基忠の3男 従一位 関白 左大臣 藤氏長者
6 Tktks.jpg 鷹司 師平もろひら 応長元年
1311年
- 文和2年
1353年
4代当主・冬平の子 従一位 関白 右大臣 藤氏長者
7 Tktks.jpg 鷹司 冬通ふゆみち 元徳3年
1331年
- 至徳3年
1386年
6代当主・師平の子 従一位 関白 左大臣
8 Tktks.jpg 鷹司 冬家ふゆいえ 貞治6年
1367年
- 正長元年
1428年
7代当主・冬通の子 従一位 右大臣
9 Tktks.jpg 鷹司 房平ふさひら 応永15年
1408年
- 文明4年
1472年
8代当主・冬家の子 従一位 関白 左大臣 藤氏長者
10 Tktks.jpg 鷹司 政平まさひら 文安2年
1445年
- 永正14年
1517年
9代当主・房平の子 従一位 関白 太政大臣 藤氏長者

室町幕府第8代征夷大将軍・足利義政より偏諱を賜る

11 Tktks.jpg 鷹司 兼輔かねすけ 文明12年
1480年
- 天文21年
1552年
10代当主・政平の子 准三后宣下 関白 左大臣 藤氏長者
12 Tktks.jpg 鷹司 忠冬ただふゆ 永正6年
1509年
- 天文15年
1546年
11代当主・兼輔の子 准三后宣下 関白 左大臣

継嗣がなかったため1546年に断絶

13 Tktks.jpg 鷹司 信房のぶふさ 永禄8年
1565年
- 明暦3年
1658年
二条家14代当主・二条晴良の子 1579年に鷹司家を再興する

従一位 関白 左大臣 藤氏長者

北政所佐々輝子佐々成政次女)
子・松平信平鷹司松平家始祖)
子・孝子(江戸幕府第3代征夷大将軍徳川家光御台所)

14 Tktks.jpg 鷹司 信尚のぶひさ 天正18年
1590年
- 元和7年
1621年
13代当主・信房の子 従一位 関白 左大臣 藤氏長者

北政所・清子内親王(後陽成天皇第3皇女)

15 Tktks.jpg 鷹司 教平のりひら 慶長14年
1609年
- 寛文8年
1668年
14代当主・信尚の子 従一位 左大臣

北政所・文智女王後水尾天皇第1皇女)
子・房子霊元天皇中宮
子・信子(江戸幕府第5代征夷大将軍徳川綱吉御台所)
子・兼晴(九条家養子相続)

16 Tktks.jpg 鷹司 房輔ふさすけ 寛永14年
1637年
- 元禄13年
1700年
15代当主・教平の子 従一位 関白 左大臣 藤氏長者

北政所・大江竹子(毛利秀就・次女)

子・鷹司輔信(茶人)実子・八重姫(房輔養女後、徳川綱吉養女)
子・実輔西園寺家養子相続)
子・兼香(一条家養子相続)

17 Tktks.jpg 鷹司 兼熙かねひろ 万治2年
1660年
- 享保10年
1725年
16代当主・房輔の子 従一位 関白 左大臣 藤氏長者

北政所・長姫(水戸頼房長男・松平頼重3女)

18 Tktks.jpg 鷹司 房熙ふさひろ 宝永7年
1710年
- 享保15年
1730年
近衛家22代当主・近衛家熙の次男 従二位 内大臣

同母姉・近衛尚子中御門天皇女御。桜町天皇生母)

19 Tktks.jpg 鷹司 尚輔なおすけ 享保11年
1726年
- 享保18年
1733年
近衛家22代当主・近衛家熙の3男 従五位上 右近衛少将(満8歳にして夭折)
20 Tktks.jpg 鷹司 基輝もとてる 享保12年
1727年
- 寛保3年
1743年
一条家17代当主・一条兼香の子 従二位 内大臣 (満17歳にて薨去)2代続けての当主早逝により

鷹司家は断絶の危機を迎える

21 Tktks.jpg 鷹司 輔平すけひら 元文4年
1739年
- 文化10年
1813年
閑院宮直仁親王第4王子(淳宮)
東山天皇
従一位 関白 左大臣 藤氏長者

北政所・大江佐代子(毛利重就の娘)

兄・典仁親王(閑院宮家第2代当主。光格天皇実父)
姉・倫子女王(江戸幕府第10代征夷大将軍徳川家治御台所)
輔平の相続により鷹司家は皇別摂家となる

22 Tktks.jpg 鷹司 政熙まさひろ 宝暦11年
1761年
- 天保18年
1841年
21代当主・輔平の子 准三后宣下 関白 左大臣 藤氏長者

子・繁子(仁孝天皇女御・贈皇后号)
子・祺子(仁孝天皇女御・孝明天皇嫡母)
子・実堅徳大寺家養子相続)
子・景子伏見宮邦家親王妃・伏見宮家当主格)

23 Tktks.jpg 鷹司 政通まさみち 寛政元年
1789年
- 明治元年
1868年
22代当主・政熙の子 准三后・太閤宣下 関白 太政大臣 藤氏長者

北政所・徳川清子(徳川治紀の娘)

子・任子(江戸幕府第13代征夷大将軍徳川家定 御簾中

     ※家定が世子時代に他界
子・幸経(九条家養子相続)
子・摂信興正寺住職・華園家始祖)

24 Tktks.jpg 鷹司 輔熙すけひろ 文化4年
1807年
- 明治11年
1878年
23代当主・政通の子 従一位 関白 右大臣 藤氏長者

子・公純(徳大寺家養子相続)
子・脩季菊亭家養子相続)
子・信淳(松園家養子相続)

25 Hiromichi Takatsukasa 01.jpg 鷹司 熙通ひろみち 安政2年
1855年
- 大正7年
1918年
九条家29代当主・九条尚忠の子 従一位 公爵 貴族院議員 侍従長

姉・九条夙子(孝明天皇女御)
兄・九条道孝貞明皇后実父・公爵)
弟・二条基弘(二条家第27代当主・公爵)
子・(次男)信熙男爵位授爵)

26 Takatsukasa Nobusuke.jpg 鷹司 信輔のぶすけ 明治22年
1889年
- 昭和34年
1959年
25代当主・熙通の長男 正三位[11] 公爵 貴族院議員

妻・綏子(公爵・徳川家達二女)

日本鳥学会第2代会頭

明治神宮宮司

神社本庁 統理

27 Takatsukasa Wedding 1950 5 20(cropped).png 鷹司 平通としみち 大正12年
1923年
- 昭和41年
1966年
26代当主・信輔の子 日本交通公社交通博物館調査役

妻・孝宮和子内親王昭和天皇第3皇女)

28 Tktks.jpg 鷹司 尚武なおたけ 昭和20年
1945年
- 26代当主・信輔の外孫
乗政系大給松平家第9代当主・松平乗長子爵の孫
実父・松平乗武(陸軍大尉、戦死)
伊勢神宮大宮司 

神社本庁 統理

祖父・松平乗長(肥前蓮池藩主・鍋島直紀六男)

鷹司松平家→吉井家[編集]

鷹司信熙家[編集]

系譜[編集]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の鷹司家領は以下の通り(7村・1,500石)。

  • 山城国葛野郡のうち - 1村
    • 川島村のうち - 530石7斗
  • 山城国乙訓郡のうち - 4村
    • 樋爪村のうち - 74石3斗
    • 久我村のうち - 500石
    • 井之内村のうち - 47石7斗4升5合
    • 奥海印寺村のうち - 114石4斗8升5合
  • 山城国紀伊郡のうち - 2村
    • 島村のうち - 82石7斗7升
    • 東九条村のうち - 150石

吉井藩主家の所領は吉井藩を参照。

出典[編集]

  1. ^ 小田部 2006, p. 57.
  2. ^ a b 世界大百科事典 第2版『鷹司家』 - コトバンク
  3. ^ a b c d e f g 大久保利謙 1990, p. 44.
  4. ^ a b c d e f 日本大百科全書(ニッポニカ)『鷹司家』 - コトバンク
  5. ^ 世界大百科事典 第2版『鷹司信平』 - コトバンク
  6. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus『松平信清』 - コトバンク
  7. ^ a b 華族大鑑刊行会 1990, p. 379.
  8. ^ a b 大久保利謙 1990, p. 46.
  9. ^ 大久保利謙 1990, p. 32.
  10. ^ 大久保利謙 1990, p. 34.
  11. ^ a b 華族大鑑刊行会 1990, p. 10.
  12. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 39.
  13. ^ 小田部 2006, p. 322.
  14. ^ 小田部 2006, p. 354.
  15. ^ a b 大久保利謙 1990, p. 45.
  16. ^ 小田部 2006, p. 144.
  17. ^ 大久保利謙 1990, p. 39/46.
  18. ^ a b 「代々木 美しい日本の心を伝える季刊誌」平成23年 夏号”. 明治神宮. 2021年9月15日閲覧。
  19. ^ 大久保利謙 1990, p. 39.
  20. ^ 大久保利謙 1990, p. 40/47.
  21. ^ 役員名簿”. 日本会議公式サイト. 2021年9月15日閲覧。
  22. ^ 二条晴良の子。
  23. ^ 近衛家熙の二男。
  24. ^ 紀州徳川家徳川宗直の四男。
  25. ^ 近衛家熙の三男、房熙の実弟。
  26. ^ 閑院宮直仁親王第4皇子。
  27. ^ 公式上は政通の子。
  28. ^ 美作津山藩主松平康哉の四男松平維賢の三男。
  29. ^ 出羽米沢藩主上杉斉憲の五男。母方は鷹司信房の血を引いている。
  30. ^ 美濃岩村藩大給松平子爵家の一族。

参考文献[編集]

  • 小田部雄次 『華族 近代日本貴族の虚像と実像』 中央公論新社中公新書1836〉、2006年。ISBN 978-4121018366 
  • 大久保利謙『日本の肖像 旧皇族・華族秘蔵アルバム〈第9巻〉』毎日新聞社、1990年(平成2年)。ISBN 978-4620603193

系譜参考[編集]

関連項目[編集]