佐々輝子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐々 輝子(さっさ てるこ、? - 寛永7年(1630年))は、安土桃山時代から江戸時代にかけての女性。父は佐々成政、母は村井貞勝の娘(慈光院)。号は岳星院

はじめ従兄弟の佐々清蔵に嫁ぎ、五郎四郎を儲けるも、本能寺の変で清蔵と死別し、実家に戻る。

後に関白鷹司信房の継室となり、鷹司信尚鷹司孝子徳川家光正室)など7人の子供を儲けた。

甥に狩野探幽がいる。また、忠臣蔵で有名な香林院大石内蔵助の妻、りく)は子孫である。