鷹司信尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鷹司 信尚(たかつかさ のぶひさ、天正18年4月14日1590年5月17日) - 元和7年11月19日1621年12月31日))は、江戸時代初期の公卿。父は鷹司信房。母は継室である佐々輝子。兄弟姉妹に鷹司孝子松平信平、子は鷹司教平、娘(花山院定好室)。後陽成天皇第三皇女の清子内親王は室。従一位。号は景皓院。

略歴[編集]

内大臣1611年 - 1612年)、右大臣(1612年 - 1614年 )、関白(1612年 - 1615年)、左大臣(1614年 - 1620年)などを歴任。従一位慶長19年(1614年1月5日叙)。元和7年(1621年薨御

関連項目[編集]