藤原道兼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
藤原道兼
時代 平安時代中期
生誕 応和元年(961年
死没 長徳元年5月8日995年6月8日
別名 粟田殿、二条殿、町尻殿、七日関白
官位 正二位関白右大臣
正一位太政大臣
氏族 藤原北家九条流
父母 父:藤原兼家
母:藤原時姫藤原中正の娘)
兄弟 道隆超子道綱道兼詮子道義道長綏子
正室:藤原遠量の娘
藤原繁子藤原師輔の娘)
藤原国光の娘
兼隆尊子兼綱兼信
テンプレートを表示

藤原 道兼(ふじわら の みちかね)は、平安時代中期の公卿摂政関白太政大臣藤原兼家の三男。同母の弟妹に詮子道長らがいる。

父兼家の意を受けて花山天皇を唆して出家退位させる。一条天皇が即位すると外祖父の兼家は摂政となり、道兼も栄達した。兼家が死去すると道兼の期待に反して長兄の道隆が関白となった。5年後に道隆が病死すると、待望の関白になるが、その僅か数日後に病死した。そのため「七日関白」と呼ばれる。

生涯[編集]

永観2年(984年)8月、花山天皇が即位すると蔵人左少弁となる。東宮には同母妹の詮子を母とする懐仁親王が立てられていた。花山天皇は兼家の亡兄伊尹の娘の懐子を母としており、伊尹の子の権中納言義懐が天皇を補佐して朝政を執った。このため、兼家は懐仁親王の早期の即位を望んでいた。

花山天皇は情緒的な性格で、寵愛していた女御藤原忯子が死去すると深く嘆き、思い悩むようになった。蔵人として近侍していた道兼は元慶寺(花山寺)の厳久とともに仏の教えを説き、出家を勧めた。道兼がともに出家することを約束すると天皇もその気になってしまう。

寛和2年(986年)6月23日丑の刻、道兼は花山天皇を密かに内裏から抜け出させる。道兼は天皇が途中で足を止めるのをかき口説き、山科の元慶寺まで連れてきた。天皇は厳久に戒を受けて剃髪した。ところが、道兼は「父に告げずに出家すれば不幸になると思い立ちました。父に別れを告げ、出家前の姿を一目見せたいと思います」と言うや、寺から立ち去ってしまった。天皇は騙されたと知るがすでに手遅れで、宮中では兼家と兄の道隆が東宮即位の準備を手早く済ませていた。翌朝、義懐と権左中弁藤原惟成が元慶寺に駆けつけるが、出家した天皇の姿を見て絶望し、彼らも出家した。

幼い懐仁親王が即位(一条天皇)。外祖父の兼家は摂政に任じられた。兼家の息子たちも昇進させられ、功労者の道兼は同年7月参議となったのを皮切りに、10月には従三位権中納言。11月、正三位永延元年(987年従二位永祚2年(989年正二位・権大納言と累進した。

正暦元年(990年)兼家が病んだのち死去すると、後任の関白には長兄の道隆が任じられた。『大鏡』によると、道兼は自分は父に功があったのだから、当然に関白を継ぐべきだと望んでいたのに道隆が後継に選ばれたことを甚だ憎み、父の喪中であるにもかかわらず客を集めては遊興にふけったという[1]

道隆の政権下で、同2年(991年内大臣、同5年(994年右大臣へと進む。

長徳元年(995年)、関白道隆が重い病に伏した。道隆は後継の関白に嫡男の内大臣伊周を望むがこれは許されず、4月10日に死去した。4月27日に道兼は関白宣下を受ける。ところが、ほどなく道兼は病になり、5月8日に没した[2]。世に「七日関白」(在任は7日ではない、一説には奏慶(宮廷に関白として初参内)してから7日目であったからだともいう。なお、道兼は関白在任中に1度だけ陣定を開催している[3])と称された。死後、正一位太政大臣を追贈された。

下野国の豪族宇都宮氏が道兼の後裔を称し、『尊卑分脈』や「宇都宮系図」などにはそのように記されているが、これについては異説も少なくない。道兼の息子である兼隆より以降公卿になった者はなく、『大鏡』では公家としては語るべき子孫がいないことが記されている。しかしそれゆえに子孫は地方に下り在地の豪族になったともいえる。

人物[編集]

容姿は顔色が悪く毛深く醜かった[4]。性格は非常に冷酷で、人々から恐れられていたという[1]。また、面倒で意地が悪く、長幼の順序もわきまえずに、兄の道隆をいつも諭しているようなところがあった。一方で老成して男らしい人物という評価もある[4]

官歴[編集]

1月7日:従五位下に叙位
12月2日:侍従に任官
昇殿を許される
1月27日:弾正少弼に転任
1月10日:蔵人に補任
8月25日:従五位上に昇叙
8月27日:新帝(花山天皇)蔵人に補任
10月10日:正五位下に昇叙し、蔵人如元
10月30日:左少弁に任官。蔵人如元か?
6月23日蔵人頭に補任
7月5日:従四位下に昇叙し、蔵人頭如元
7月16日:右近衛権中将に任官。蔵人頭如元
7月20日:参議に補任。右近衛中将如元
8月13日:美作権守を兼任
10月15日:従三位に昇叙し、権中納言に転任
11月22日:正三位に昇叙し、権中納言如元
11月11日:従二位に昇叙し、権中納言如元
2月23日:権大納言に転任
3月4日:皇太后宮(藤原兼家の娘、藤原詮子)大夫を兼任
4月5日:正二位に昇叙し、権大納言・皇太后宮大夫如元
6月10日:右近衛大将を兼任
9月7日:内大臣に転任し、右近衛大将如元
8月28日:右大臣に転任
9月7日:右近衛大将如元
4月27日:関白宣下
4月28日藤原氏長者宣下
5月8日:薨去。享年35
5月25日:贈正一位太政大臣

系譜[編集]

略系

〈藤原北家道兼流〉

     道兼
      ┣━━━┳━━━┓
     兼隆  兼綱  兼信
      ┃  
     兼房
      ┃  
     宗円宇都宮氏

脚注[編集]

  1. ^ a b 『大鏡』第四巻,右大臣道兼
  2. ^ 病中の道兼が関白に任じられた背景には、「関白は兄弟順に」という先例を作って道兼の次に道長を関白にしたいとする皇太后詮子の関与があったとする見方がある(倉本一宏『一条天皇』(吉川弘文館人物叢書、2003年) P57-58)。
  3. ^ 『小右記』長和2年1月26日条によれば、藤原実資が宰相中将であった道兼の子・兼隆に「中将・少将の随身を祭に陪従させてはならない」という規則が二条相府(道兼)の時に定められたと述べている。
  4. ^ a b 『栄花物語』巻第三,さまざまのよろこび
  5. ^ 『小右記』永祚元年8月13日条
  6. ^ 『栄花物語』(巻第14,あさみどり)に道兼の死後に生まれたとの表現があることから、生年は長徳元年(995年)ごろか。

関連項目[編集]