二条光平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

二条 光平(にじょう みつひら、寛永元年12月13日1625年1月21日) - 天和2年11月12日1682年12月10日))は、江戸時代前期の公卿摂政二条康道の子。母は貞子内親王後陽成天皇の皇女、後水尾天皇同母妹)。正室は賀子内親王(後水尾天皇第六皇女、明正天皇同母妹)。子に甲府藩徳川綱重室がおり、二条綱平(再従弟九条兼晴の子)を養子とした。「光」の字は将軍徳川家光(綱重の父)からの偏諱

略歴[編集]

寛永元年(1625年)に二条康道の子として生まれる。寛永12年(1636年)に叙従三位右大臣1652年)、左大臣(1652年 - 1658年)、関白1653年 - 1663年)、摂政(1663年 - 1664年)などを歴任。元和2年(1682年)、59歳で死去。


参考文献[編集]