鷹司政煕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
鷹司政煕
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦11年4月10日1761年5月14日
死没 天保12年2月7日1841年3月29日
改名 政煕→楽山(法名)
官位 従一位関白左大臣
主君 後桜町天皇後桃園天皇光格天皇仁孝天皇
氏族 鷹司家
父母 父:鷹司輔平、母:毛利重就の娘
兄弟 鷹司政煕徳大寺実堅、隆範、高演、覚尊、円祥、達子、富子、誠子、致子
正室:蜂須賀儀子蜂須賀重喜の娘)
豊岡斐子、井上梅
政通、依子、隆子、吉子、繋子今出川賀丸、景子祺子、定子、并子任子、皐子、道子、辰子、祥子、定演、備子、松平信充
テンプレートを表示

鷹司 政熙(たかつかさ まさひろ)は、江戸時代中期の公家藤氏長者従一位関白東山天皇男系三世子孫である。

概要[編集]

父は閑院宮直仁親王の第四王子で、鷹司基輝養子となって藤原姓鷹司家を継承した鷹司輔平。母は長州藩毛利重就の娘・文子(惟保局)。

兄妹に徳大寺実堅、昌子(伏見宮邦頼親王妃)、富子(有栖川宮織仁親王妃)、興姫(仙台藩伊達斉村室)。正室徳島藩主・蜂須賀重喜の娘・儀子側室に豊岡斐子と井上梅。東山天皇は曽祖父。

光格天皇の従弟にあたり、寛政7年(1795年)から19年にわたって関白を務めた。政煕自身は文化2年(1805年)から関白在任の長期化による人事停滞を危惧して辞意を示すが、光格天皇も江戸幕府も政煕の能力を評価し、朝廷の運営や朝幕関係の安定になくてはならない人物であるとして度々慰留された。また、この慰留には天皇や幕府から関白として「非器」とされていた左大臣二条治孝の関白就任を阻止する意図もあった。その結果、治孝の後ろ盾であった後桜町院が崩御するまで政煕は関白に留まることになった[1]

家族・親族[編集]

ほか

系譜[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東山天皇
 
中御門天皇
 
桜町天皇
 
桃園天皇
 
後桃園天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直仁親王
 
典仁親王
 
光格天皇
 
仁孝天皇
 
孝明天皇
 
明治天皇
 
大正天皇
 
昭和天皇
 
太上天皇
 
今上天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鷹司輔平
 
鷹司政煕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

略歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 長坂良宏 (2018年2月20日). 近世の摂家と朝幕関係. 吉川弘文館. pp. 144-155. 
  2. ^ a b 八幡和郎「今上天皇に血統の近い知られざる『男系男子』たち」『新潮45』36巻1号、新潮社2017年1月18日、42頁。

関連項目[編集]