閑院宮孝仁親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
閑院宮孝仁親王像(宮内庁書陵部蔵)

閑院宮孝仁親王(かんいんのみや たつひとしんのう、寛政4年4月28日1792年6月17日) - 文政7年2月9日1824年3月9日))は、江戸時代皇族世襲親王家閑院宮第4代当主。幼名は寿宮(ひさのみや)。

文化5年(1808年)に親王宣下元服常陸太守。文政3年(1820年)に式部卿。文政7年(1824年)に一品

系譜[編集]

父は美仁親王御息所関白鷹司政熙の娘、藤原吉子。

御息所の鷹司吉子は子の愛仁親王の薨去後、閑院宮家の当主格に遇された。

関連項目[編集]