品位 (位階)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

品位(ほんい)とは、日本律令制において定められていた親王内親王位階のことをいう。奈良時代から江戸時代にかけて存在した。

「品位」は、中国の王朝における分類法(九品)に由来する。中国では位階を一品以下九品までに分類し、これを正位と従位にわけていた。この品位は朝鮮の歴代王朝でも用いられ、特に新羅以降については骨品制という独自の位階制が存在した。

しかし、日本の律令制では、臣下の位は「位」で分類し、これとは別体系の親王・内親王の位階に「品」(ほん)を用いた。品位には一品から四品があり、正位と従位にわけない。品位に叙せられていない親王は「無品」(むぼん、むほん)と称した。なお、諸王は臣下と同じ位階体系において、正一位から従五位までに叙せられた。

品位を授けられた親王は、品位に応じて品田が支給され、品封封戸)を賜る[1] [2]

明治時代以降は親王の品位および諸王の位階は廃止され、皇族には勲等功級のみが授与されることとなった。

脚注[編集]

  1. ^ 歴史民俗用語辞典、及び、安田政彦「八・九世紀の一品叙位」(初出:『日本歴史』第575号(1996年4月)・所収:「一品親王」(加筆・改題)『平安時代皇親の研究』(吉川弘文館、1998年)
  2. ^ 拾芥抄にも記述あり、国立国会図書館デジタルコレクション(拾芥抄)参照。

関連項目[編集]