世襲親王家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

世襲親王家(せしゅうしんのうけ)は、南北朝時代から江戸時代日本皇室において、当代の天皇との血統の遠近にかかわらず、代々親王宣下を受けることで親王身位を保持し続けた四つの宮家をいう。定親王家ともいう。

概説[編集]

院政期以降、天皇の子女で親王宣下を受けられない者は、多くが臣籍降下をするか出家するのが通例であった。鎌倉時代に入ると、いくつかの宮家が成立するようになる。

これらの宮家は親王の身位もともに継承されるとは限らないので、世襲宮家ではあるものの、世襲親王家とは言えなかった。これらの世襲宮家の多くは有力な皇位継承候補者を祖に持ち、なおかつ旧院領・旧女院領など皇室領の一定部分を継承していた家であったことから、正統な皇位継承権を持つ家系であることを主張できる存在ではあったが、これらの宮家の継承者は世襲によって親王の地位を継承できるわけではなく、天皇もしくは上皇猶子として親王宣下を受けない限りは親王を名乗れなかった。常磐井宮でも当主であった満仁親王は当時の公家たちから「本来なら親王になどなれない人だ」と軽侮され、足利義満側室を差し出し義満の推挙を得てようやく親王の称号を得た。最初の世襲親王家とされる伏見宮も、当初は崇光天皇の子・栄仁親王を祖とする世襲宮家に過ぎず、その子である貞成親王後小松上皇の猶子となることで54歳にして親王宣下を受けた(ちなみに貞成親王の兄で先に宮家を継承した治仁王は親王宣下を受けていない)。

正長元年(1428年)、称光天皇の崩御に伴い、貞成親王の第一皇子である彦仁王が皇位を継承(後花園天皇)。この時、伏見宮の血統は皇統と統合させて消滅する選択肢もあったが、康正2年(1456年)の貞成親王の薨去後、後花園天皇のより貞成親王の第二皇子である貞常親王に「永世伏見御所と称すべし」との勅許が下され、貞常親王が宮号を継承、およびそれに付属する財産を相続した。これが世襲親王家「伏見宮」の始まりであり、同時に最初の世襲親王家の成立でもある。ただし、世襲親王家であってもときの天皇もしくは上皇の猶子とならなければ親王宣下を受けることができないことはそれまでと同様であった。このことから世襲親王家は血縁による特権ではなく家としての特権であることがわかる。

その後、天正17年(1589年)に桂宮(当初は八条宮)、寛永2年(1625年)に有栖川宮(当初は高松宮)、宝永7年(1710年)に閑院宮が創設され、最終的に世襲親王家は四家に達する。

世襲親王家は、男系の血筋を直系とあわせて合計五本、次世代に継承し、それぞれに男系の男子が途絶えた時には、皇位および宮号の継承者を互いに融通しあった。結果、万世一系の皇統の安定的継承に寄与した。

明治維新後には、旧皇室典範によって永世皇族制が採用され、世襲親王家の制度は廃止された。これは、いったん世襲親王家として定めると、世代を経て皇統との血縁関係が離れていっても容易にこれを解消することができず、弾力ある運用が難しくなるためである。四宮家についても、その他の宮家と同様、男子に恵まれない場合は断絶することとされ、桂宮は明治14年(1881年)、有栖川宮は大正2年(1913年)にそれぞれ断絶した。また、あわせて親王宣下の制度も廃止されたため、伏見宮・閑院宮の宮号の継承者の身位も、親王ではなく王となった。両宮家は、敗戦後の昭和22年(1947年)、GHQの指令により皇籍離脱した。

世襲親王家(四親王家)[編集]

宮号 読み 創設 開祖 備考
Jūroku-yō Ura-giku inverted.png 伏見宮 ふしみ 応永16年
(1409年)
栄仁親王
崇光天皇皇子)
正長元年(1428年)、3代貞成親王の第一皇子・彦仁王が後花園天皇として皇位継承。
昭和22年(1947年)、26代博明王の代で皇籍離脱。
博明王に男子がおらず、断絶見込み。
Japanese Crest of Katura no miya Yosihito.svg 桂宮 かつら 天正17年(1589年) 智仁親王
正親町天皇皇孫)
当初は八条宮、後に常磐井宮京極宮
明治14年(1881年)、12代淑子内親王薨去により断絶。
Arisugawa no miya.png 有栖川宮 ありすがわ 寛永2年(1625年) 好仁親王
後陽成天皇皇子)
当初は高松宮
承応3年(1654年)、2代良仁親王が後西天皇として皇位継承。
大正2年(1913年)、10代威仁親王の薨去後、大正天皇の第三皇子・宣仁親王(威仁親王の義孫)が高松宮と宮号を改めて祭祀を継承。
平成16年(2004年)、宣仁親王妃喜久子の薨去により断絶。
閑院宮紋章.png 閑院宮 かんいん 宝永10年(1707年) 直仁親王
東山天皇皇子)
安永8年(1780年)、2代典仁親王の第二皇子・兼仁親王が光格天皇として皇位継承。
昭和22年(1947年)、7代春仁王の代で皇籍離脱。
春仁王に男子がおらず、昭和63年(1988年)に断絶。


世襲親王家出身の天皇[編集]

参考文献[編集]

  • 小川剛生「伏見宮家の成立 -貞成親王と貞常親王-」(所収:松岡心平 編『看聞日記と中世文化』(森話社、2009年平成21年)) ISBN 978-4-916087-94-2
  • 松薗斉「中世の宮家について-南北朝・室町期を中心に-」(『愛知学院大学人間文化研究所紀要・人間文化』25、2010年平成22年))

関連項目[編集]