閑院宮愛仁親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
閑院宮愛仁親王
閑院宮
The prince Naruhito Kanninn.jpg
閑院宮愛仁親王像(宮内庁書陵部蔵)
続柄 閑院宮孝仁親王の第二王子
身位 親王
敬称 殿下
出生 1818年2月17日
文化15年1月13日
死去 (1842-10-20) 1842年10月20日(24歳没)
天保13年9月17日
父親 閑院宮孝仁親王
母親 鷹司吉子
役職 弾正尹
テンプレートを表示

閑院宮愛仁親王(かんいんのみや なるひとしんのう、文化15年1月13日1818年2月17日) - 天保13年9月17日1842年10月20日))は、江戸時代皇族閑院宮第5代当主。父は孝仁親王。母は関白鷹司政熙の三女・鷹司吉子。

経歴[編集]

文政11年(1828年)に親王宣下元服。天保11年(1840年)にはとこ孝明天皇和宮親子内親王の異母姉にあたる仁孝天皇の第三皇女・敏宮淑子内親王と婚約するも、婚儀前に薨去した。

愛仁親王には嗣子がなかったため、愛仁親王没後は実母・鷹司吉子が当主格に遇された。その後、明治時代に入って、伏見宮邦家親王第16王子の載仁親王が継承した。


外部リンク[編集]