この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

閑院宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
閑院宮家から転送)
移動先: 案内検索
閑院宮家
No image available.svg
家祖 閑院宮直仁親王
東山天皇の第6皇子)
種別 皇族世襲親王家
出身地 京都
主な根拠地 山城国京都
東京都
著名な人物 典仁親王
載仁親王
凡例 / Category:日本の氏族

閑院宮(かんいんのみや)は、四世襲親王家の一つで、江戸時代中期に東山天皇の皇子、直仁親王が創設した宮家

閑院宮の宮号平安時代清和天皇の皇子である貞元親王が閑院を号したことに由来するといわれているが、明確ではない。2代直仁親王の王子祐宮後桃園天皇崩御に伴い践祚して以来、閑院宮系の血統が皇統として続いている。

創設

当時の朝廷では、皇位継承予定者以外の親王世襲親王家を継承する例外を除いては出家して法親王となる事が慣例となっていた。ところが、承応3年(1654年後光明天皇が22歳の若さで崩御したときに天皇の近親の皇族男子は殆ど出家していて、その後継問題で紛糾した。都が平安京に移って以降、いったん出家した皇族還俗して践祚した例はなく、この時院政を敷いていた後水尾法皇はその第19皇子である高貴宮(後の霊元天皇)を践祚させようとしたが、高貴宮は生後間もなかったので、四世襲親王家の一つである有栖川宮(花町宮)を継承していた良仁親王が高貴宮が成長するまでの間の中継ぎとして践祚して、後西天皇となった。その苦い経験から皇統の断絶を危惧した新井白石が、徳川将軍家御三家があるように、朝廷にもそれを補完する新たな宮家が必要との建言を将軍徳川家宣に出した。

一方、同様の危機感を抱いていた東山天皇も家宣の舅でもある関白近衛基熙を通じて、実子である秀宮(直仁親王)に新宮家を創設させるための財政的な支援を求めてきた。このため、宝永7年8月11日1710年9月4日)、直仁親王を初代とする新宮家創設が決定され、8年後に霊元法皇(東山天皇の父、天皇は1709年(宝永6年)に崩御)より直仁親王に対して閑院宮の宮号と1000石の所領を下賜された。こうして、寛永2年(1625年)の有栖川宮(高松宮)が創設されて以来の新宮家誕生となった。その屋敷地は、京都御苑の南西部に与えられた。旧閑院宮邸は、近年整備され、場所を変えずに江戸時代の遺構を残す唯一の宮家屋敷である。

霊元法皇が新宮家創設に反対したとする説があるが、法皇の天皇在位中にも新宮家創設を要望して拒否された経緯があり、自分の代には認めず親幕府派の東山天皇の要望によって認めたことへの不満があったとされている。

系譜


東山天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直仁親王 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
典仁親王 2
 
鷹司輔平
鷹司家継承)
 
倫子女王
(五十宮・徳川家治室)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美仁親王 3
 
光格天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
孝仁親王 4
 
仁孝天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
愛仁親王 5
 
孝明天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
載仁親王 6
(伏見宮邦家親王王子)
 
明治天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
春仁王 7
[皇籍離脱]
 
大正天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

歴代当主

第二代典仁(すけひと)親王の時に、新井白石の慧眼が実際に役立つこととなった。後桃園天皇が崩御し、天皇には崩御の年に誕生した皇女が一人いるだけであった。そこで、典仁親王の第六王子の祐宮が光格天皇として即位した。なお、光格天皇の皇后は後桃園天皇の皇女の欣子内親王である。光格天皇は、実父典仁親王に太上天皇尊号を贈ろうと考えたが、将軍徳川家斉が父一橋治済大御所の称号を贈ることを嫌った、老中松平定信の反対に遭い、朝幕間は緊張した(尊号一件・尊号事件)。ちなみにこの事件で天皇と定信の双方を説得にあたって事態収拾を図った関白鷹司輔平は初代直仁親王の末子で典仁親王の実弟に当たる。典仁親王は和歌の門弟をとっており、光格朝にはその歌壇に参加する公家が少なくなかった。門弟の筆頭格が芝山持豊であったが、彼が本居宣長に傾倒していたことは、宣長が少なからぬ公家と交際するようになったことの一因であろう。宣長は典仁親王の王子、妙法院宮真仁法親王に命ぜられて歌を献じている。真仁法親王は円山応挙呉春らを引き立てたことでも知られ、複数の民間歌人とも交際があった。

典仁親王の後は、第三代美仁(はるひと)親王、第四代孝仁(たつひと)親王、第五代愛仁(なるひと)親王と続くが、愛仁親王は25歳の若さで薨去。後嗣が無かったため、孝仁親王の妃で愛仁親王の生母の鷹司吉子が当主格とされた。明治時代に入り、伏見宮邦家親王の王子である載仁(ことひと)親王を迎える。

1871年明治5年)に閑院宮家を継いだ載仁親王は、フランスへ留学。サン・シール陸軍士官学校、騎兵学校、陸軍大学を卒業し帰国。1891年(明治24年)、三条実美の二女・智恵子と結婚。参謀本部に勤務の後、騎兵旅団長。日露戦争では、満州軍総司令部付きの武官として従軍した。1912年(大正元年)に陸軍大将となり、1919年(大正8年)には元帥の称号を賜った。1931年(昭和6年)から1940年(昭和15年)まで参謀総長を務めた。1945年(昭和20年)5月、81歳で薨去国葬を賜る。また、稀に見る美男子であった。

第七代春仁(はるひと)王は、載仁親王の第二王子として、1902年(明治35年)に誕生。公爵一条実輝の娘・直子と結婚。その後、陸軍大学校兵学教官などを経て、終戦時は陸軍少将として、戦争継続を主張した。戦後の皇籍離脱の論議では、皇室の藩屏が失われるとして反対の論陣を張ったが、1947年(昭和22年)に皇籍離脱。閑院氏を名乗り、純仁(すみひと)と改名した。戦後の新生活は波乱とスキャンダルに満ちたもので、閑院純仁は実業家としては成功を収めたものの、直子とは離婚。妹の華子女王は、皇族出身の元侯爵華頂博信と結婚したが、恋愛スキャンダルを起こし離婚。純仁は怒りの余り、兄妹の縁を切るまでに至った。その後純仁は1988年(昭和63年)6月、85歳で死去。純仁に実子はなく、また養子を取らなかったので閑院家は断絶となる。

旧閑院宮邸

現在も京都市の京都御苑内に、ほぼ完全な形で残る唯一の公家住宅(江戸時代)。江戸時代の宮家の生活を知ることが出来る貴重な遺構である。近年整備され、一般に見学することが出来る。ただし、庭園にある池は2/3しか整備されておらず、残りの1/3は相変わらず地中に眠ったままである。識者や市民から、早期の庭園完全復旧の声が非常に高まっている。閑院宮家の当時の敷地は現代のものより広大であり、東は九条池(九条邸の庭園)のすぐ隣まであったとされている。

京都御苑内には他に桂宮邸(非公開・現在宮内庁職員宿舎の敷地として利用)が残っている。

閑院宮邸と松殿家

江戸時代に閑院宮邸のあった場所は、かつて松殿家があった場所である。松殿家は「第六の摂関家」ともいわれる「まぼろしの摂関家」である。木曾義仲とともに繁栄と衰退をし、断絶した。

幕末の領地

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の閑院宮領は以下の通り。(4村・1,016.915955石)
四親王家で唯一、山城国ではなく摂津国に所領を有した。

  • 摂津国西成郡のうち - 2村
    • 南宮原村のうち - 322.269012石
    • 堀上村 - 260.846985石
  • 摂津国島下郡のうち - 2村
    • 西蔵垣内村 - 219.013石
    • 丑寅村のうち - 214.787003石

参考文献

新人物往来社歴史読本』2006年11月号 No.807 p120 - p127

関連項目

外部リンク