藤原師実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
藤原師実
時代 平安時代後期
生誕 長久3年(1042年
死没 康和3年2月13日1101年3月14日
改名 師実→法覚(法名)
別名 京極殿、後宇治殿(号)
官位 従一位摂政関白太政大臣
主君 後冷泉天皇後三条天皇白河天皇堀河天皇
氏族 藤原北家御堂流
父母 父:藤原頼通、母:藤原祇子藤原頼成の娘)
兄弟 通房橘俊綱覚円定綱忠綱寛子師実
正室:源麗子藤原信家の養女、源師房の娘)
師通家忠経実能実忠教
テンプレートを表示

藤原 師実(ふじわら の もろざね)は院政期の公卿藤原頼通の六男。

生涯[編集]

頼通の息子の内、祇子所生の男子は正室・隆姫女王と嫡男・通房(母は源憲定の娘)への配慮から全員他家へ養子に出されていたが、師実の誕生から程なく通房が急死したため、師実が摂関家の後継者に立てられた。

師実は養女の賢子源顕房の娘)を白河天皇に入内させると、賢子は天皇の寵愛を受け、さらに長男・敦文親王を産んだことから中宮に冊立され(敦文親王は早世するが、後に善仁親王(後の堀河天皇)を産む)、師実の後宮政策は成功した。後に、叔父の関白教通の生前より、教通およびその子で従兄の信長摂関藤氏長者の地位をめぐって対立するが、そもそも頼通から教通へ継承される際に「教通は一代限りで、次代は頼通の子に継承させる」とする遺言があり[1][2]上東門院彰子などの監視もあったために、教通・信長親子は師実を完全に排除することができず、逆に、教通が左大臣職を師実に譲るなどして、遺言を実行するような気配を見せるなどせねばならなかった。頼通・師実家の権勢を削るために、自らも痛手を受けることを覚悟の上で、後三条天皇が行った延久荘園整理令の施行を事実上容認したりもしている。

信長に摂関の地位を継承させることができないままに教通が死去すると、師実は左大臣として既に「一上」であり内大臣の信長よりも上席であり、また、藤原氏との関係が希薄な弟宮達(実仁親王輔仁親王)ではなく、自らと賢子の間に生まれた善仁親王への皇位継承を望んでいた白河天皇と協調することで、教通死去後即座に師実が内覧(摂関)・藤氏長者となることに成功した。この体制には反対勢力もあり、信長の二年に渡る出仕ボイコットなど対立は数年に及んだが、自らに反対する貴族らのシンボルとなっていた内大臣の信長を、左大臣である自分を飛び越えさせてまで[3](事実上名誉職となっていたが、地位的には左大臣より上席の)太政大臣に据えつつも一座宣旨をうけることで、左大臣以下の人事を自らの意のままとして権勢を固めた。

白河天皇も師実には一目置き、院政を開始した後も師実の意向には配慮するように努めている。実際、白河上皇は院庁の人事さえも師実の人選に任せ[4]、師実も上皇の娘郁芳門院が亡くなった時に悲しみに暮れる上皇に代わって葬儀の準備を行っている[5]

しかし、賢子の入内は村上源氏の勢力伸張をも意味し、さらに息子の師通と師実自身の相次ぐ薨去により、若年の忠実が跡を継がざるを得なかったことや、堀河天皇の早世により摂関家が天皇の外戚の座を失ったことにより、結果として摂関政治の弱体化がより進む事となった。

和歌に優れ、『後拾遺和歌集』(1首)以下の勅撰和歌集に16首が入首[6]、また家集に『京極関白集』がある。関白を辞した直後の嘉保元年(1094年)に開いた高陽院歌合は非常に盛大なものであり、『高陽院七番歌合』として現在にも伝わっている。また、琵琶源資通に、藤原宗俊に学び、音楽面でも才能を見せたと言われている。

日記に『京極関白記』(『後宇治御記』または『師実公記』とも)がある。

のち、信長の娘(養女)を自らの子息師通の室に迎えている。

官歴[編集]

日付はいずれも旧暦に拠る。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ そもそもは、藤原道長が生前に定めておいた方針に基づいている。
  2. ^ 関白職を獲得するまでの教通の忍従、特に頼通に対して従順であることは、ほとんど卑屈の域に達するものだった。ところがいったん関白に就任すると、教通はこれを自身の子である信長に譲ることを考え始める。教通は頼通が健在でいる間はたびたび関白の辞表を出したり、兼任していた左大臣を辞して頼通の嗣子師実に譲ったりしていたが、いよいよ死期が近づいた頼通から関白を師実に譲るよう求められると、教通は天皇の裁可が必要云々を口実にこれを拒んだ。頼通は師実の関白就任を見届けることなく、延久6年(1074年)2月、83歳で死去した。
  3. ^ 当時、右大臣は空席。官を飛び越えられることは大変不名誉とされていた。
  4. ^ 為房卿記』応徳3年11月26日条・寛治元年4月7日条。
  5. ^ 中右記』嘉保3年8月8日・16日条。
  6. ^ 『勅撰作者部類』
  7. ^ 扶桑略記』寛治7年2月22日条。
  8. ^ 篤子内親王の師実養女説の裏付として、師実や麗子の法要に内親王自らが参列していることなどが挙げられる(栗山圭子「篤子内親王論」『中世王家の成立と院政』吉川弘文館、2012年 ISBN 978-4-642-02910-0
  9. ^ 尊卑分脈』藤原北家頼宗流系図。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]