藤原師通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
藤原師通
時代 平安時代後期
生誕 康平5年9月11日1062年10月16日
死没 承徳3年6月28日1099年7月18日
別名 後二条殿、二条関白(通称)
官位 従一位関白内大臣
氏族 藤原北家御堂流
父母 父:藤原師実、母:源麗子源師房の娘)
兄弟 師通家忠経実能実忠教行玄尋範
藤原全子藤原俊家の娘)
藤原信子藤原経輔の娘、藤原信長の養女)
忠実家政家隆覚英
テンプレートを表示

藤原 師通(ふじわら の もろみち)は、平安時代後期の公卿摂政関白太政大臣藤原師実の嫡男。

生涯[編集]

承保3年(1076年権大納言中御門流藤原俊家の娘である全子を妻に迎える。承暦2年(1078年)に長男の忠実が生まれるが、その後、藤原信長教通の子)の養女である信子を正室にする。これは頼通流と教通流による摂関家内部の長年の対立に終止符を打つものだったが、その代償に頼宗流をないがしろにすることとなる。この恨みを全子は生涯忘れず、父・俊家の画像を描かせて礼拝し、師通を呪ったという[1]寛治8年(1094年)師実の後を継いで関白に就任すると、16歳となり政治的自立を志向する堀河天皇と共に積極的な政務を展開する。

特に白河上皇の政治介入には批判的で、「おりゐのみかどの門に車たつ様やはある(位を降りた上皇の邸の門に、牛車が立ち並ぶことなどあろうか)」と公言した[2]。師通は大江匡房に学問を学び、匡房に代表される伝統的な実務官僚層を掌握する。一方で、新興の院近臣勢力に対しては警戒感を示し、藤原顕季の邸宅を身分不相応だとして破壊したという話が伝わっている[3]。また、上皇が近臣受領受領功過定を経ずに重任させようとしたのを制止している。その政治は、「嘉保永長の間、天下粛然」[4]と評された。

嘉保2年(1095年美濃守源義綱流罪を求める延暦寺日吉社強訴に対して、要求を拒否した上で源頼治を派遣して大衆を撃退した。この際にが山僧・神人に当たり負傷者が出たことで、延暦寺は朝廷呪詛した[5]。承徳3年(1099年)師通は悪瘡を患い38歳で急死する。師通の政権は僅か5年で終焉することになり、延暦寺は神罰が下ったと喧伝した[6]。またこれとは別に、白河上皇の命による真言僧の呪詛があったとも伝わる[7]。 

後継者の忠実は22歳で政務の経験に乏しく、引退していた師実にも忠実を支える余力は無かった。師通が有能であっただけにそれを喪った摂関家は院に対する従属を余儀なくされ、その勢力を大きく後退させることになる。

人物[編集]

性格は剛直で気が強く、真面目で物事の道理を重視する性格であったと伝えられている[8]。また体躯も立派であり、歴代天皇御物である絃上という琵琶を弾いた際、琵琶がまるで塵のように小さく見えたとの話が伝わっている[2]

日記に『後二条師通記』がある。

官歴[編集]

※日付=旧暦

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 台記』久安元年12月24日条
  2. ^ a b 今鏡
  3. ^ 『吉部秘訓抄』
  4. ^ 本朝世紀
  5. ^ 「山僧五壇法を行い國家を咒咀し奉る」(『百錬抄』嘉保2年11月条)
  6. ^ 平家物語』「願立」、『愚管抄』巻4
  7. ^ 『小野類秘鈔』巻第三(上川通夫『日本中世仏教史論』、29頁)
  8. ^ 『平家物語』

参考文献[編集]

  • 春名好重「藤原師通」、『墨美』106号。
  • 木本好信「後二条師通の儀式観について」、『日本海地域史研究』所収。
  • 木本好信「後二条師通の周辺」、『日本歴史』461号。
  • 木本好信「後二条師通記と藤原師通」、『平安朝日記と逸文の研究』所収、桜楓社。
  • 木本好信「藤原師通と大江匡房」、『平安朝官人と記録の研究』所収、おうふう。
  • 中丸貴史「後二条師通の学習記録」、『東アジア比較文化研究』7号。
  • 中丸貴史「後二条師通記における漢籍引用」、『学習院大学人文科学論集』17号。
  • 中丸貴史「漢文日記の生成ー後二条師通記二つの本文ー」、『日本文学』56巻9号。
  • 中丸貴史「後二条師通記寛治五年曲水宴関連記事における唱和記録」、『海を渡る天台文化』所収、勉誠出版。

関連項目[編集]