藤原経輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤原経輔
時代 平安時代中期 - 後期
生誕 寛弘3年(1006年
死没 永保元年8月7日1081年9月12日[1]
別名 水無瀬大納言
官位 正二位権大納言
主君 後一条天皇後朱雀天皇後冷泉天皇後三条天皇
氏族 藤原北家中関白家
父母 父:藤原隆家、母:源兼資
兄弟 良頼経輔、行昭、隆明、敦儀親王妃、藤原兼経室、季定、家房、良員、政則?
藤原資業娘、右中将頼雅娘、家女房
師家長房師基増誉師信家平、仁恵、珎覚、隆観、文時藤原忠家室、信子
テンプレートを表示

藤原 経輔(ふじわら の つねすけ)は、平安時代中期から後期にかけての公卿歌人藤原北家中関白家中納言藤原隆家の次男。官位正二位権大納言

経歴[編集]

寛仁2年(1018年従五位下に初叙。同年12月に藤原道長邸において大納言・藤原道綱の加冠によって元服[2]讃岐権守に任ぜられる。翌寛仁3年(1019年従五位上左兵衛佐、寛仁4年(1020年正五位下右近衛少将と当初は武官を歴任し、治安2年(1022年従四位下に叙せられる。

治安3年12月(1024年1月)父・隆家の辞任を受けて権右中弁に任ぜられた後は、万寿2年(1025年) 右中弁、長元元年(1028年従四位上、長元2年(1029年正四位下左中弁と、一転して弁官を務めながら昇進する。

この間、万寿元年(1024年)に後一条天皇以下が一条院内裏紫宸殿で相撲を観戦していた際、蔵人式部丞・源成任とを掴み合うほどの激しい喧嘩に及ぶ[3]。さらに数日後、経輔は成任に一方的に暴行を加えた上に、宿所に逃げ込んだ成任を従者に追わせ宿所を破壊させるという事件を起こしている[4]

長元7年(1034年後一条天皇蔵人頭頭弁)に任ぜられる。蔵人頭在任中の長元9年(1036年)正月に従姉の子でもう一人の蔵人頭(頭中将)である藤原俊家の従者に殴打され、俊家は除籍されるが、経輔も約半月の間朝参を停止された。同年4月後一条天皇の崩御により蔵人頭を止められたが、9月には後朱雀天皇の蔵人頭に再任した。

長暦2年(1038年)右大弁を兼ね、翌長暦3年12月(1040年1月)先任の異母兄・良頼参議に並んだ。長久元年(1040年従三位に叙せられる。

寛徳2年(1045年)良頼と共に権中納言に昇任。永承元年(1046年中宮章子内親王権大夫を兼帯し、その後内親王皇太后太皇太后に転上するに伴って皇太后宮大夫太皇太后宮大夫となる。永承6年(1051年正二位康平元年(1058年大宰帥に叙任され、治暦元年12月(1066年1月)権大納言に至った。

治暦4年(1068年)以来病気と称して出仕せず、再三辞表を奉ったため、延久元年(1069年)7月7日に権大納言の辞任を許された。翌延久2年(1070年)正月10日出家。永保元年(1081年)8月7日薨去。享年76。

後拾遺和歌集』(1首)、『千載和歌集』(1首)に入集する勅撰歌人である[5]

官歴[編集]

系譜[編集]

その子孫は道隆流の主流を形成し、院近臣として代々治天の君に近侍した。 師家の子孫は忠隆鳥羽院近臣)・信頼後白河院近臣)父子を出し、師信の子孫は坊門家の祖信隆後鳥羽天皇外祖父)と水無瀬家の祖親信を出した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 水左記』『為房卿記』『一代要記
  2. ^ 御堂関白記』『小右記
  3. ^ 『小右記』万寿元年7月17日条
  4. ^ 『小右記』万寿元年7月21日条
  5. ^ 勅撰作者部類
  6. ^ ユリウス暦では1024年1月28日
  7. ^ ユリウス暦では1030年1月27日
  8. ^ ユリウス暦では1040年1月2日
  9. ^ 8月2日より治暦元年に改元
  10. ^ ユリウス暦では1066年1月6日
  11. ^ 『菊池系図』(『続群書類従』巻第151所収)

出典[編集]