皇太后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

皇太后(こうたいごう、: Empress Dowager)は、先代の天皇皇帝皇后だった者、およびその称号[1]。ただし必ずしもこの定義にあてはまらない事例もある。

日本における皇太后[編集]

皇太后旗

日本においては、太皇太后、皇后とならび三后(三宮)のひとつで、太后とも略される。長楽宮を別称とする。日本では以下のものが皇太后と称された。

  1. 天皇の母で皇后であった者
  2. 天皇の生母(皇后を経ていない)
  3. 中宮から皇太后(他の皇后立后のため)
  4. 天皇の生母への追贈(死別)
  5. 先代の嫡妻(先代の生死に関わらず)
  6. 先代の皇后(同上)

神話上は神武天皇の皇后であった媛蹈韃五十鈴媛命が、息子綏靖天皇即位と同日に皇太后となったのが初とされ、律令では天皇の母で皇后であった者に与えられるとされた。しかし、文武天皇生母の藤原宮子を太皇太后、光仁天皇生母の紀橡姫贈皇太后とするなど、皇后を経ていない国母が皇太后・太皇太后と宣下されるようにもなり、嵯峨天皇の皇后橘嘉智子が、嵯峨が弟淳和天皇に譲位するのと同時に皇太后となったり(太上天皇の配偶者。天皇の母ではない)、後冷泉天皇中宮章子内親王藤原歓子皇后立后により皇太后となる等、実態は複雑化した。皇太后には世話をする部署として皇太后宮職が置かれた。

また天皇が即位前に生母が死別していた場合、即位の際に皇太后を追贈する事もあった。例として白河天皇の母藤原茂子は、父後三条天皇の皇太子時代は御息所に留まって早世するが、白河天皇は即位すると亡き母に皇太后を追贈した。そして白河天皇の寵妃の中宮藤原賢子も息子の即位前に早世するが、子の堀河天皇が即位した際に皇太后を追贈された。

江戸時代初期以降は先代の嫡妻をもって皇太后とするのが慣例になり、また中期以降、太皇太后の尊称であった「大宮」を別称とするようになり、皇太后の御所を大宮御所と称した。

明治維新以後は、皇太后は先帝の皇后または天皇の母の称号となり、皇室典範昭和22年1月16日法律第3号)により皇族に含まれ(第5条)、敬称は「陛下」と定められた(第23条)。また、大宝律令以来三后の班位(身位)は太皇太后、皇太后、皇后の順と定められていたが、1910年明治43年)制定の皇族身位令(明治43年3月3日皇室令第2号)第1条により、皇后、太皇太后、皇太后の順と定められ、皇后を上位と改めた。

近代以前に皇太后が追号として用いられたことはなかったが、明治以降は孝明天皇女御准三宮)で明治天皇嫡母英照皇太后明治天皇皇后であった昭憲皇太后に贈られている。英照皇太后は、明治天皇即位に伴い、皇后を経ずして皇太后に冊立された。昭憲皇太后については、本来皇后が追号であるべきとして、明治天皇と昭憲皇太后を祀る明治神宮1920年大正9年)に宮内省に、1963年(昭和38年)・1967年(昭和42年)には宮内庁に追号を「昭憲皇后」に変更するよう申し入れたが、認められなかった(昭憲皇太后#追号についても参照)。次代の大正天皇の后貞明皇后以降は、「皇太后」として崩御しても生前の最高位である「皇后」の位で追号されている。

なお天皇の退位等に関する皇室典範特例法においては、天皇退位後の美智子皇后について、太上天皇の配偶者にも用いられた「皇太后」を使用せず「上皇后」という新たな称号を用いると規定されている。

日本の皇太后一覧[編集]

和暦 西暦 皇后 太皇
太后
媛蹈鞴五十鈴媛命 綏靖元年1月8日
五十鈴依媛命 安寧元年10月11日
渟名底仲媛命 懿徳元年9月
天豊津媛命 孝昭元年4月5日
世襲足媛 孝安元年8月1日
押媛命 孝霊元年1月12日
細媛命 孝元元年1月14日
欝色謎命 開化元年1月4日
伊香色謎命 崇神元年1月13日
御間城姫命 垂仁元年11月2日
八坂入媛命 成務2年11月10日
両道入姫命 仲哀元年9月1日
息長足姫尊 神功元年10月2日
仲姫命 仁徳元年1月3日
忍坂大中姫命 允恭42年12月14日
手白香皇女 宣化4年12月5日
石姫皇女 敏達元年4月3日 572/4/30
藤原安宿媛 天平勝宝元年8月1日 749/8/19
高野新笠 延暦9年1月14日以降 贈 790/2/2- 贈 ○贈
藤原乙牟漏 大同元年5月19日 贈 806/6/9 贈
藤原旅子 弘仁14年5月1日 贈 823/6/12 贈
橘嘉智子 弘仁14年4月23日 823/6/5
正子内親王 天長10年3月2日 833/3/26
藤原順子 仁寿4年4月26日 854/5/26
藤原明子 貞観6年1月7日 864/2/17
藤原高子 元慶6年1月7日 882/1/29
藤原沢子 元慶8年 贈 884 贈
藤原胤子 寛平9年7月19日 贈 897/8/20 贈
班子女王 寛平9年7月26日 897/8/27
藤原穏子 承平元年11月28日 932/1/8
藤原安子 康保4年11月29日 贈 968/1/1 贈 ○贈
昌子内親王 天禄4年7月1日 973/11/8
藤原懐子 永観2年12月17日 贈 985/1/10 贈
藤原詮子 寛和2年7月5日 986/8/12
藤原遵子 長保2年2月25日 1000/4/2
藤原超子 寛弘8年12月27日 贈 1012/1/23 贈
藤原彰子 寛弘9年2月14日 1012/3/9
藤原妍子 寛仁2年10月16日 1018/11/26
藤原嬉子 寛徳2年8月11日 贈 1045/11/27 贈
禎子内親王 永承6年2月13日 1051/3/27
章子内親王 治暦4年4月17日 1068/5/20
藤原寛子 延久元年7月3日 1069/7/23
藤原歓子 延久6年6月20日 1074/7/16
藤原賢子 応徳3年? 1087 贈?
藤原聖子 治元年12月27日 1141/1/25
藤原多子 保元元年10月27日 1156/12/11
藤原呈子 保元3年2月3日 1158/3/5
源懿子 保元3年12月29日 贈 1159/1/20 贈
平滋子 仁安3年3月20日 1168/4/29
藤原忻子 承安2年2月10日 1172/3/6
源通子 仁治3年7月11日 贈 1242/8/8 贈
西園寺禧子 元弘3年7月11日 1333/8/21
阿野廉子 延元4年(暦応2年)8月15日以降 1339/9/18-
庭田朝子 明応9年10月25日以降 贈 1500/11/16- 贈
万里小路栄子 弘治3年10月27日以降 贈 1557/11/17- 贈
近衛尚子 享保20年3月21日以降 贈 1735/4/13- 贈
二条舎子 延享4年5月27日 1747/7/4
一条富子 明和8年5月9日 1771/6/21
近衛維子 安永10年3月15日 1781/4/8
欣子内親王 文政3年3月14日 1820/4/26
鷹司祺子 弘化4年3月14日 1847/4/28
英照皇太后 慶応4年3月18日 1868/4/10
昭憲皇太后 大正元年7月30日 1912
貞明皇后 昭和元年12月25日 1926
香淳皇后 昭和64年1月7日 1989

三后表[編集]

日本以外の皇太后[編集]

中国における皇后[編集]

中国ではの時代からの時代にまで、在位中の皇帝の生母と先代の皇后を並び尊崇して「皇太后」と呼ぶ。

最初の皇太后は前漢劉邦の皇后の呂雉である(『史記』によれば最初の皇帝始皇帝の后妃は殉死させられたために皇太后に当たるものはいない)。最後の皇太后は清朝光緒帝の皇后隆裕皇太后である。

朝鮮[編集]

朝鮮の君主は、天皇や皇帝ではなく国王だったため、皇太后ではなく大妃という。 1895年大韓帝国が成立したときには朝鮮王高宗が大韓皇帝となったが正室はいなかった。次の純宗の継室の純貞皇后が夫君の死後、1966年まで生きたため最初で最後の皇太后である。

ベトナム[編集]

ベトナムでは丁朝のときに君主号を皇帝をしたためその正室は皇后となり、皇太后も現れた。最後の皇太后は保大帝の后、泰芳皇后ことモニク・マリ・バドーである。彼女は存命(1946年生まれ)であるため、アジアで唯一の皇太后である。

ヨーロッパにおける「皇太后」「王太后」[編集]

詳細はen:Queen Dowagerも参照

訳語として、皇帝未亡人(英語:Empress dowager)に「皇太后」、先代の王の王妃だった者(英語:Queen dowager)に「王太后」を用いることがある。また、王国の元首をすべて皇帝と称してきたかつての儀典上の慣例から、王太后に対して「皇太后」の語が用いられる場合も少なくない。オーストリア・ハンガリー帝国の最後の皇帝カール1世の皇后ツィタは1918年に同帝国滅亡、さらに1922年の夫君死後も1989年まで存命したためヨーロッパ最後の皇太后である(ヨーロッパでは一度帯びた位は原則終生保持できる)。ただし、現在「皇后」の地位が存在するのは日本のみであるため、厳密には1947年までインド皇后であったエリザベス・ボーズ=ライアンイギリス国王ジョージ6世妃、同女王エリザベス2世生母)がヨーロッパにおける最後の「皇太后」である(2002年崩御)。

なお、国王・女王の生母に対してはクイーンマザー(英語:Queen mother)という呼称がある。

脚注[編集]

  1. ^ 新村出広辞苑 第六版』(岩波書店2011年)936頁および松村明編『大辞林 第三版』(三省堂2006年)858頁参照。

参照文献[編集]

文献資料[編集]

  • 新村出編『広辞苑 第六版』(岩波書店、2011年)ISBN 400080121X
  • 松村明編『大辞林 第三版』(三省堂、2006年)ISBN 4385139059

外部リンク[編集]

関連項目[編集]